変化変容

【671】ハイレベルな仲間とのご縁が、自身の変化変容に繋がる

 

今日は、

『ハイレベルな仲間とのご縁が、自身の変化変容に繋がる』

というテーマで書きたいと思います。

昨日、職場の仲間が転職することを

本人から聞きました。

すごくビックリしたのもありますが、

ハングリーかつストイックな人なので

どこに行っても大丈夫なのではないか

と思っています。

また彼がいなければ、私はアメリカで

働く機会もなかったかもしれません。

彼が、私の専門分野が現地(アメリカ)

で必要だと言ってくれなかったら、

私が、アメリカに来ることもなかった

でしょう。

そんな彼の転職の話しは、

感慨深いものがありました。

今回、彼の転職話しを聞き、

実感したのは、

やはり人は周りの仲間によって、

周りの環境によって、

変化変容を決心するということ。

そう、私自身が彼の話しを聞き、

なぜ転職しようと思ったのか、

それに向けてどんな行動を取って

きたのかを聞き、

大いに刺激を貰ったわけです。

転職に向けた彼の行動とは?

彼は元々、英語が堪能で、

職場でも英語がずば抜けて

話せる存在でした。

そんな彼が、このアメリカの仲間の

働き方を見て、更には日本とアメリカの

会社を比較し、また子供への教育への

ことも考え、転職という結論に至った

とのこと。

一番凄いなと思ったのが、

赴任の間に2年間でMBAを取得したこと。

MBAがすごいとかではなく、

3週間に一度、飛行機を使って

マサチューセッツ工科大学(MIT)まで行き、

普通の学生が1週間でやる授業を、

週末の2日で受けていたそうです。

しかもMBAは課題が多いことで有名ですので

授業以外でもかなりの時間を要したとのこと。

その中でタイムマネジメントもしっかりと

せざるを得なかったようです。

そんな彼がMITに通って、

一番良かったことに凄く共感できました。

それは、ハイレベルな仲間に出会えたこと。

同じ志を持ち、自分の専門外では

確実に先を行っている仲間たちに

刺激を受け、転職という決断は、

その影響もあったのではないでしょうか?

週末のMBAに通う学生は、当然、

社会人で、年齢も40前後ということで、

企業でバリバリと活躍している年代だけに

受ける刺激も大きかったようです。

やはり人というのは、人とのご縁によって

変化変容していくと言っても過言では

ないかもしれません。

ちなみにMBAの授業料ですが、

日本だと数百万と聞きますが、

MITは桁が違いました。。。

彼は、今後マッキンゼーに進むようです。

彼の活躍を陰ながら応援したいと

思っています。

そして私自身も負けていられません、

どんどん手数を打ち、最終的には

自分で稼げるようになりたいと思っています。

————————-—-
■今日のまとめ

・レベルの高い周りの人間から受ける
影響は計り知れないものがある

・人の変化変容は人とのご縁で決まる
といっても過言ではない

————————-—-

モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【近況報告】

昨日は、少し飲みすぎてしまったこともあり、

朝が起きれず、一日のリズムを崩して

しましました。

やはりお酒の量は気を付けなければと

反省です。

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・英語の勉強

・趣味である釣りのバスプロ数名のFBフォロー
⇒バスプロたちの活動に興味あったため

【670】アメリカのサッカーチームの門を叩いて感じたこと

 

今日は、

『アメリカのサッカーチームの門を叩いて感じたこと』

というテーマで書きたいと思います。

アメリカに来て6か月目に突入しました。

ここミシガンでは11月に入ると

だいぶ冷え込んできます。

おかげで昼休みのランニングができなくなり、

というか、気合が足りないだけかもしれませんが、

とにかく、最近は運動不足まっしぐらと

なっておりました。

どうにかしないとと思ったあげく、

そういえば、こちらに来たばかりの時に、

Indoorサッカーに誘われていたのを思い出し、

とっさにサッカーやりたい旨、知人にメール。

なんとか毎週サッカーをやり始めました。

今日も、サッカーをしてきたのですが、

ふと思い出したことがあったので、

ブログとして記したいと思います。

とりあえず道場の門を叩いた感じ

とりあえず何とかなるだろーという感じで、

サッカーに参加しましたが、

私自身、社会人になってからは、

地元をずっと離れており、かつ何度か

大きく住む場所も変えているので、

そのたびにサッカーチームに入り、

その土地の人とコミュニケーションを

とり、その土地に慣れていくという

ある意味、方程式のようなものがあります。

以前もそういったブログを書きました。

【580】変化変容の方程式の起源は自分の生い立ちにあった

こういった感じで様々な土地で

サッカーチームというコミュニティに

属することが当たり前になっていましたので、

サッカーに限らず新しいコミュニティに属する

ことに抵抗はありませんし、

そこから得られるものが大きいことを

知っています。

そのことを以下のブログで、

目標設定+コミュニティ所属(道場)=変化変容…(A)

という方程式として書いてみました。

【579】目標設定+コミュニティ所属(道場)=変化変容、変化変容×N=武者修行

ある目標設定をして、

それを達成するためにコミュニティに属し、

その結果、色々な変化変容が味わえる。

この方程式は終わりがなく、

ある目標達成の目途が立つと、

次の目標設定をし、次なる武者修行の旅に出る。

これを上記の方程式Aを使って更に方程式で表現すると

A+A+A・・・=武者修行の旅

変化変容に終わりはなく、

変化しては次の変化を求める。

まさに武者修行というのに相応しい

というようなことを記しました。

自分がどれだけ変化変容しているかは、

良くわからないところもありますが、

少なくとも、新しいコミュニティで

新しいご縁があり、その人々に影響され、

何かしらの行動につながる。

そうやって成長していっていると

信じたいところです。

この武者修行をうまく現わされた本があります

依然読んだ本ですが、

ここまで武者修行したらからこそ、

この結果が得られたんだなと

言わんばかりの本があります。

その書評を以下に記しました。

【594】ブルネイでバドミントンばかりしていたら、なぜか王様と知り合いになった。(書評)

この本は、外交官だった著者が、

昔やっていたバドミントンを手段に、

ブルネイで色々な人とご縁を育み、

気付いたら国王と知り合いになっていた。

その結果、日本とブルネイの懸け橋として

類まれなる功績を残し、

今ではブルネイに家族と移住している

ということです。

私自身、この先どういったものに興味が

出てくるのか、どこに進んでいくのか、

変わることもあると思いますが、

現時点では、

海外と日本を繋げる仕事をしたい

というものがありますので、

バドミントンではありませんが、

サッカーを通した、ご縁から

こういった繋げる何かを掴めればと

淡い期待を抱いております。

そのためにも、とにかく行動、

誘いは断らない、即答YESを念頭に

行動していきたいと思っております。

今日は、久しぶりのサッカーを

アメリカで楽しんだ際に思い出したことを

つらつらと書いてみました。

最後までお読み頂きありがとうございました。

————————-—-
■今日のまとめ

・様々なコミュニティに足を運んでみることで
思いもしない出来事が起きるかもしれない

・目標設定⇒コミュニティに属する(道場)
⇒変化変容⇒武者修行の旅

————————-—-

モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【近況報告】

 

 

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】