今日は、

『こんな未来が来るのかな?ランク社会!』

というテーマで書きたいと思います。

最近、英語のヒアリング力向上のため

ネットフリックスで英語の映画を

観ることを自分に課しています。

そんな中、

今日、ネットフリックスで「ランク社会

というドラマを観ました。

その内容があまりにも、

リアル過ぎたというか、

少しゾッとしたので、

備忘録がてら感想を記したいと

す。

正直、こんな社会が来たら

息が詰まるだろうなと思いながらも、

人工知能やビックデータ解析が

実現していくにつれ、人を様々なデータを

もとに客観的に分析、評価することは

簡単だろうなと思ったわけです。

では気になるドラマの内容は?

さっそくですが、ドラマの概要を

記していきたいと思います。

この「ランク社会」というドラマは、

ネットフリックスが独自に作成した

ドラマだそうで、未来を予想した

ドラマのようです。

人がお互いを5段階評価し合い

より高い評価を得ることに注力しながら

生きていく、そんな社会でした。

イメージは現在でいう、Facebookの「いいね」

と少し似ている気がしました。

誰かに有益な情報を渡したり、

共感を得たりするほど「いいね」の数は

増えるわけで、その数に一喜一憂するわけです。

それが「ランク社会」では

自分の評価になるので、より真剣になるわけです。

特に気になった映像は?

このドラマで印象的だったのは、

実生活の中での相手との関わり合いの中で、

相手の振る舞いなどから感じ取る評価を

スマホを使って相手に5階評価を送る。

相手に良い評価を送ったのに、

逆に低い評価が送られてくると、

「なぜだ?」と逆上したり、

自分の現在の評価ポイントは、常にレンズを

通して表示されているので、お互いの評価は

丸見え状態、そんな映像が印象的でした。

その他には、ポイントが高い人しか、

・入れないエリアがある

受けられないサービスがある

受けられない治療がある

よりポイントの高い人と交友関係が
あるほど自分も高く評価される

どうやったらポイントを上げられるか
をコンサルする職業がある

常に日頃の行いが評価されるので、

この評価点はあまりに透明性がありすぎ、

客観的でありすぎる反面、

人は自分の評価ばかりを気にしてしまい、

常に他人と自分を比べてばかり、

評価を上げることばかりに一生懸命になり、

何かを手に入れたくて、評価を上げようとする。

しかし、肝心の何をやりたいかを見失っている。

一見、社会貢献度が高い人や、

努力している人は評価点が上がり、

報われる反面、息が詰まりそうですし、

評価点が上がらず、離脱組みも出ると思いますし、

ポイントをもらうための不正や、妬み、恨み、

みたいなものも発生し、人との関わり合いが

希薄なってしまうのかな?と思ってしまいました。

ただ少なからず、

人工知能やビックデータ解析により、

その人となりを調べようと思えば、

調べられる世界が近いのは確かなわけで、

今のうちから自分自身を躾けていく事、

社会貢献を意識して行く事を、

習慣にしたほうが良いと思った次第です。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

————————-—-
■今日のまとめ

・人工知能やビックデータ解析の発展により
お互いを評価しあい、ランク付けする
世界が来るのかもしれない

・もしそうなると思うとゾッとする反面、
自分の評価は置いておいたとしても、
自分がより社会貢献することを意識し、
今のうちから自分を躾けることは大切

————————-—-

モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【近況報告】

こちらミシガン州は、
徐々に寒くなってきました。

そんな中、隔週で土曜は、
4歳の娘とダウンタウンに
ランチに行くことが多くなりました。

娘はあまり興味はないでしょうが、
ダウンタウンの気になる場所を
連れて回っております。

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・英語の勉強

・ダウンタウンの新しいお店発掘