アマゾン

【776】Amazon 列車、トラック、船でドローンステーション構築を模索

 

今日は、

『Amazon 列車、トラック、船でドローンステーション構築を模索』

というテーマで書きたいと思います。

Amazonはドローンに多額の投資をしており、

いつかはドローンを使って配送に革命を

起こそうと考えています。

 

今のところまだ早い段階ですが、

Amazonのエンジニアは様々なこれらの

特許出願をしており、

様々な可能性を模索しています。

 

例えば、ドローンの配達に直面する重要な問題は、

バッテリとメンテナンスです。

ドローンが店など一箇所に留まっていては、

誰もドローンのメリットを享受できません。

ましてやお金を稼ぐこともできません。

 

それらバッテリーなどの問題の解決策の一つが、

列車、車、船などを使い、

そこからドローンを飛ばすことで

目的地までの移動距離を少なくできます。

 

また以前、記事にも書きましたが、

Amazonはアメリカの有名な

高級生鮮食品店であるWhole Foodsを

134億円キャッシュで買収しました。

【756】アマゾンがホールフーズ(Whole Foods)を134億ドルで買収

これも配達先である家庭に少しでも

近くするための解決策として考えいる

かもしれません。

Whole Foodsは家庭の近くあり、

アメリカ全土に展開されているため。

 

先日、Amazonから米国特許商標庁に提出された

特許によると、

「複合車両は商品及びドローンを装填し、

そしてアイテムの需要が既知又は予想される

領域にドローンを移動するように

指示することができる。

複合車両は機関車、コンテナ船、トラックまたは

他の車両を結合され、装備されてもよい。

これらはドローンに1つまたは複数の物品を

積載するためのシステム、および複合車両が

動きながらドローンの発進または回収を行う

ためのシステムである。

複合車両にはドローンの交換部品、検査装置を

装備し、複合車両が動いている間に、

車両内でドローンの点検を行う」と述べた。

 

これは電気自動車が発展するためにも

欠かせないことですが、

もちろん、ドローンでもバッテリー性能を

向上させることは言うまでもありません。

しかし、その技術革新だけを待っているだけでなく、

別の手段での解決策として、

Amazonはこういったドローンの発信基地のような

ものも考えているのでしょう。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

————————-—-
モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【近況報告】

最近思うのが、自分が進むべき道というのは、

自分は何をしたいのか?

どこに向かいたいのか?

そのために何をするのか?

何を捨てるのか?

などを

日々、常に考え、行動している中で、

「自分の進む道」は

正解もないし、常に進化、変容

し続けていくものなんだなーと

思っています。

 

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・英語の勉強

・新プロジェクト継続中

【775】アマゾン ドローンデータから様々なサービス模索

 

今日は、

『アマゾン ドローンデータから様々なサービス模索』

というテーマで書きたいと思います。

ドローンを商品の配送に活用する事を

本気で考えているアマゾンであるが、

彼らのこのビジョンによって、

更なる興味深いサービスが誕生する

可能性がある。

 

一般的にドローンが収集するデータは、

例えば航空写真、地図データ、飛行パターン

など様々である。

アマゾンはそれらのデータをどうやったら

うまく活用できるかを常に考えている。

 

最近のアマゾンの特許によると、

ドローンを使った配送時に

配達先の家の各部をスキャンし、

例えば、その家の屋根をスキャンして、

修理を提案することもできる。

その他には庭にある植物を

スキャンし、植物に何か異変があれば、

何かしらの肥料や薬品の散布を提案

できるかもしれない。

 

このようにドローンで配達時に

顧客の家を分析し、見ているものに対し

サービスや製品を提案するのだ。

その一例が、屋根修理や植物ケアである。

 

ドローンが撮影した画像や動画を

画像処理ソフトウェアで解析し、

必要なサービスや製品を提案しようという

ものである。

 

確かにこれらをやろうとすると、

勝手に顧客の家や庭をスキャンしてよいのか?

というプライバシーの問題も出てくるだろう。

しかし、屋根修理業者や庭師などが、

住宅街を見て回り、何か問題があれば、

直接、各家庭にサービスや製品を提案する

といった活動が日常的に行われているとすると、

これらと何ら変わりないと言われても

確かにその通りかもしれない。

 

ドローンだけでなく、

様々な方法で取得したデータを

使い尽くし、サービスにつなげるといった

流れは今後も進んでいくのだと思われる。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

————————-—-
モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【近況報告】

最近、Amazon Unlimited(アマゾン アンリミテッド)

というサービスにはまっています。

月額980円で本を読み放題とは読書好きの私には

たまりません。

私も読むだけでなく、電子書籍を出版してみようかと

たくらみ中です。

 

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・英語の勉強

・新プロジェクト継続中

【762】IoT技術でスマートなワインセラーがある世界

 

今日は、

『IoT技術でスマートなワインセラーがある世界』

というテーマで書きたいと思います。

先日、ホールフーズ(Whole Foods)を

134億ドル、キャッシュで買収し、

業界を驚かせたアマゾンですが、

【756】アマゾンがホールフーズ(Whole Foodsを)を134億ドルで買収

今度は、ワインを手軽に楽しめるよう、

自社で海外ワイナリーから直輸入して販売する

「winery direct(ワイナリーダイレクト)」

オープンしました。

 

ワインの販売自体は、2014年4月から

Amazonワインストアでこれまでも行ってきましたが、

今回オープンしたwinery directは、

Amazonが直接ワイナリーから輸入しており、

ワインを自社で直接仕入れることで中間流通を省き、

消費者にお手頃な価格でワインを提供したいとのこと。

 

これにより、今まで手に入りにくかった海外のワインも

比較的簡単に手に入れることができ、

ワインファンには、この上ない楽しみになるのでは

ないだろうか?

 

ワイン同様、

ワインをおいしく家庭で保存するために、

ワインセラーも家庭に普及するかもしれない。

 

例えば、IoT技術を活用したワインセラーは

どうだろうか?

ワイン通だと、どのワインをどの棚に格納した

のか分からなくなるほど、ワインを所有している

場合もあるだろう。

また、どういったワインだったのかを記憶したり、

それにあった料理は何か?

また根本的にしっかりと温度管理できているか?

いつから保管しているか?

という様々な情報をIoT技術を使って、

ワインセラーに記憶させたらどうだろうか?

 

いわゆるSmartワインセラーといった感じに。

 

参考として、パナソニックがCES2017で出展した

透明ディスプレイを持つ、SAKE & WINEセラー

なるものをご紹介します。

棚ごとに温度と湿度の細かな調整を可能にし、

常に最高の美味しさを楽しむことができるようです。

さらに、扉に採用する透明ディスプレイには、

収納している銘柄の詳細や、それぞれに合う料理の

レシピを表示します。

 

ワインの普及に伴い、

それを大事に保管するワインセラーも

家庭に普及する可能性もあるのではないだろうか。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

 

 

 

————————-—-
モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【近況報告】

アメリカに来て一年が経過したことも有り、

最近、今まで振り返る機会が増えました。

それと共に、もっと今しかできないことを

やろうと、決意を新たにしました!

 

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・英語の勉強

・新プロジェクト継続

【756】アマゾンがホールフーズ(Whole Foods)を134億ドルで買収

今日は、

『アマゾンがホールフーズ(Whole Foods)をを134億ドルで買収』

というテーマで書きたいと思います。

本日(2017年6月16日)、

びっくりするニュースが

飛び込んできました。

それはタイトルにもしました、

あの物流界の巨人Amazonが

ホールフーズ(Whole Foods)

という高級生鮮食料品スーパーを

買収しました。

 

その額、驚くこと無かれ

134億ドル(1.47兆円)です。

しかも買収は全額キャッシュが

予定されているとのことです。

 

アメリカでは、この買収は

あらゆる業種の、あらゆる企業に

影響を与えるだろうと報道され、

早くもアメリカの株式市場では

生鮮食料品小売業の株価が急落

しているとの事です。

 

Amazonのファウンダー、

CEOのジェフ・ベゾス

は「何百万もの顧客が

Whole Foods Marketを愛している。

ここではアメリカで最高品質の自然食品、

有機食品が手に入るからだ。

人々はヘルシーな食生活を楽しむよう

になった。

Whole Foods Marketは人々を喜ばせ、

満足させる栄養豊かな食品を40年近く

にわたって提供してきた。

まさに驚くべき達成だ。

われわれはWhole Foods Marketの

成功が今後も継続されることを望んでいる

と述べた。

 

アメリカ在住の私にとって

ホールフーズ(Whole Foods)は

良く知っており、アメリカの中で

一番好きスーパーです。

確かに高級で扱っている商品も

品質が高いと言うものあるのですが、

お店の雰囲気も好きなんです。

確かに客層を見てもお金を持っている

人が多そうな気がします。

 

ここで、なぜAmazonは、

そのホールフーズ(Whole Foods)を

買収したのだろうか?

という疑問が沸いてきませんか?

私が思うにこの買収には2つの理由が

あると思っています。

 

一つ目は、単純に

ホールフーズ(Whole Foods)ブランド

の生鮮食品がネットで買え、

Amazonが迅速に自宅に配達してくれる。

 

二つ目は、Amazonは以前から

ドローン(Drone)での配達の構想を

持っており、

ホールフーズ(Whole Foods)も

その拠点にするのではないだろうか?

 

ということです。

というのも、Amazonは配達センター

を持っているものの、それほど数が

あるわけでなく、ドローンの飛行距離を

考えると、もっと家庭に隣接する形で

ドローンの配達センターとしても

考えているのでは?と思っています。

 

アメリカにはAmazonの配送センター

より家庭に隣接した小売店として

ターゲット(Target)や、

ウォルマート(Wlamert)が存在し、

それら企業が配達にドローンを

導入するとAmazonは不利になると

言われていました。

なので個人的にはその対策と

意味もあるのではないかと思っています。

 

気になる買収後のWhole Foodsの

存続についてですが、ブランド、運営は

従来どおり続けられ、店舗、社員、

パートナーにも変化はないようです。

John MackeyはWhole FoodsのCEOに

留まり、本社は引き続き

テキサス州オースティンに置かれると

のこと。

いずれにせよ、このビックニュースに

正直びっくりしていますが、

今後のAmazonの動向に

目が離せなくなりました。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

————————-—-
モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【近況報告】

昨日は娘の誕生日でした。

ダウンタウンに家族で行きお祝いを

してきました。

ミシガンは夏が短いこともあり、

この時期、ダウンタウンは

お祭り騒ぎで賑わっています。

 

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・英語の勉強

【718】アマゾンとイギリスがAIとドローンのための開発センター

 

今日は、

『アマゾンとイギリスがAIとドローンのための開発センター』

というテーマで書きたいと思います。

アマゾンはAIやドローンへの

開発を加速させている。

同社は今年末にAIとドローン

に絞った60000sqf(約5580平米)

の開発センターをイギリスで

オープンすると発表。

 

2つの技術はアマゾンの

将来を左右するもの。

 

アマゾンが開発したAlexaは

音声認識で注文できる機能で

AIの技術を使い、

 

ドローンはアマゾンの

将来的な商品配送戦略の

重要な一部。

 

少しAlexaについて触れておくと、

例えばアマゾン既に発売されている

スピーカー

「Amazon Echo(アマゾン・エコー)」

などはAlexaに対応しており、

スピーカーと会話することで

音楽を再生したり、買いたい曲を

注文したりといったことが

音声だけで可能。

 

話しを戻して、そのセンター

では約400人が働けるが、

同社は具体的な従業員数まで

公表していない。

 

今年初、同社は今年末までに

イギリスで5000人を

採用すると発表。

 

これは、CNBCによると

イギリスでの同社の従業員数は

19000人から24000人に

増加するだろうとしている。

 

カリフォルニアのサニーベール

にあり、アマゾンの

AI音声認識機能Alexaを

開発するアマゾンラボ126

は約3000人の従業員がいる。

 

今日の発表の中で、

アマゾンは2010年から

イギリスで$8.26 billionを

投資してきた。

これにより今年末までに

我々はここイギリスで

機械学習やドローン技術、

アマゾンウェブサービスに

関する1500以上の

イノベーションを得るだろう

と述べた。

 

同社は2015年にイギリスで

$9.03 billionの収益を得たと報告。

同国はアマゾンにとって、

アメリカ、ドイツに次ぐ、第三のマーケット。

 

更に重要なことに、

イギリスはアマゾンが

ビジネスモデルをテストする

ための恰好の場所を提供している。

 

初のドローン配送は去年、

イギリスで行われ、

アマゾンAlexaもまたイギリスで

恰好のマーケットが見つかった

と報告されている。

 

これから先、アマゾンと

イギリスは更なる連携で

AIやドローンでの

イノベーションを起こしていくだろう。

 

モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【近況報告】

今日は珍しく寝坊してしまいました!

朝は早起きでスカイプ英会話という

のがルーチンなのですが、

寝坊のおかげで(自責ですが)、

一日のリズムが崩れてしまいました。

改めて朝の時間の大切さを痛感。

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・英語の勉強

・新プロジェクト継続中

【698】アマゾンなど小売業でのドローン活用の今後

 

今日は、

『アマゾンなど小売業でのドローン活用の今後』

というテーマで書きたいと思います。

ドローンのニュースに事欠かない

現在ですが、大手小売業者のなかで、

アマゾンはドローンでのサービス提供の

可能性を一段と模索しているようです。

 

凄いですねー、どんどん色んな事に

挑戦して行きますね。

 

昔からある製造業の企業も負けじと

挑戦しないと、将来、製造業は

こういったIT企業に完全に負けて

しまいますね。

 

話しを戻して我々、消費者は

アマゾンなどオンラインで頻繁に

買い物をしますが、

その消費者にとって、

配送が迅速で無料であれば、

これに勝るサービスはない

のではないでしょうか?

 

アマゾンもドローン配送を

活用することによって、

燃料費や労働コストを削減し、

配送費を格段に抑えることもできるでしょう。

 

しかいアマゾンのドローンでの配送業務

については必ずしもアマゾンだけが

優位な立場にいるとは限らないようです。

 

皆さんは、アメリカの

ウォルマートとターゲットをご存知でしょうか?

私が住んでいるアメリカのミシガン州も

ウォルマートやターゲットは沢山あり、

私もかなり活用しています。

日本でいうと、イオンやダイエーの

ような感じです。

食料、家電、衣料など何でもそろうお店です。

 

こういったアマゾンとは対比して実店舗展開

している企業がドローン配送に優位だという

見方もあるようです。

現在、ウォルマートやターゲットは、

電子商取引については、アマゾンには劣って

いるようです。

 

先日、ニュースでも以下のような

情報が掲載されていました。

Amazonの総オンライン売上は
昨年(2016年)、9600億ドルを突破

・ターゲットは、昨年のオンライン販売
では31億ドルで、全体の売上のわずか4%

・ウォルマートはインターネットの
総売上高を報告していないが、
 インターネット小売業者の見積もりによると、
2015年には売上高のわずか3%を占める
合計137億ドル

 

れにより、ターゲット、ウォルマート

小売業者の全体的な成長が低迷。

 

ウォルマートの総収入は昨年度の間に

わずか0.8%増加し、

ターゲットは2015年から2016年

にかけて0.9%増加。

一方、Amazonの小売収益は

昨年より約25%増加。

 

このようにウォルマート、ターゲット

にとっては劣勢な結果ですが、

逆に幸運にもドローン配送において

アマゾンより優位性を発揮でき

鍵を持っています。

 

それはたくさんの店舗があることです。

調査会社(ザ・ウェザー・カンパニー)

ウォルマートとターゲットを

訪れる3百万人以上の訪問者を

対象としたデータによれば、

これらの広範な店舗ネットワークは、

アマゾンよりも優位。

 

なぜなら、

ドローンの配送距離は

かなり小さいからです。

ウォルマートとターゲットの

顧客の大部分は、

アマゾンの出荷センターの範囲内に

住むよりも、ウォルマートとターゲット

の店舗の近くに住んでいます。

この店舗からの距離は配送の無駄を

無くすために重要な要素となるでしょう。

 

またニュース記事には以下の

情報も掲載されていました。

・直近のウォルマートを訪れた
顧客の半数近くが、ドローンの
配送可能な範囲である店舗から
6マイル以内に住んでおり、購入額も
一回当たり10ドル未満のことも多い

・また直近でターゲットを訪れた
顧客の半数近くが、これまた
ドローンの配送可能範囲内に
住んでおり、購入額も同様に10ドル未満

・一方アマゾンは、アメリカ人の44%
配送センターの20マイル以内に住んでいる
と報告しているが、それは現在の
ドローンにとっては遠すぎる

実際、アマゾンが英国でテストしている

ドローンは往復15マイル(約24km)

配送可能距離のようです。

 

アマゾンにとっては、ドローンでの

配送を成功させるためには、

より多くの配送センターを建設するか、

別の戦略を立てる必要があるかもしれません。

 

確かに、店舗で導入されたドローン配送は、

ウォルマートとターゲットがオンライン販売

を促進し、Amazonとのギャップを埋めるのを

助ける強力なツールと成り得ます。

 

しかし、重大な課題が残っています。

例えば、店舗は、ドローンを収容するために

店舗を再設計したり、それらを管理するために

新しいスタッフを雇う必要があるでしょう

 

その他、ドローンでの配送については

未解決の疑問がたくさんあります。

 

例えば、

実装にはどれくらいの費用がかかるか?

消費者はそれを受け入れるか?

そして規制への対応はどうか?

 

しかし、これらが解決できれば、

ウォルマートとターゲット

オンライン収入を大幅に増やす

機会になる可能性があります。

彼らの大規模な店舗ネットワークのおかげで、

彼らはアマゾンに打ち勝つ可能性もあると

思うのです。

これら企業の今後の動向を注視したいところです。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

————————-—-
■今日のまとめ

・アマゾンはドローンでの荷物の配送を
検討している

・ただ課題は、ドローンの飛行距離は、
約15マイル(24km)と短く。
実店舗が少ないアマゾンでは、
消費者の家までの距離が長く、
現在のドローンでは実現が難しい。

・それに比べウォルマートやターゲットは
実店舗が多く、ドローンでの配送に有利。

・オンラインでの売り上げはアマゾンが
現在勝っているが、今後、ウォルマートや
ターゲットがドローン配送を本格採用すれば
将来は、アマゾンの売り上げに接近する
可能性はあるのではないか。

————————-—-

モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【近況報告】

今日は週末ということで家族で近くの川に
釣りに行きました。
1.5時間と短い釣りでしたが、
スモールマウスバス47cmを筆頭に、
40cm、37cm、30cmのバスが釣れ
大満足の結果でした。

ようやくミシガンにも春が来たようです。

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・英語勉強

・新プロジェクト継続中