【756】アマゾンがホールフーズ(Whole Foods)を134億ドルで買収

今日は、

『アマゾンがホールフーズ(Whole Foods)をを134億ドルで買収』

というテーマで書きたいと思います。

本日(2017年6月16日)、

びっくりするニュースが

飛び込んできました。

それはタイトルにもしました、

あの物流界の巨人Amazonが

ホールフーズ(Whole Foods)

という高級生鮮食料品スーパーを

買収しました。

 

その額、驚くこと無かれ

134億ドル(1.47兆円)です。

しかも買収は全額キャッシュが

予定されているとのことです。

 

アメリカでは、この買収は

あらゆる業種の、あらゆる企業に

影響を与えるだろうと報道され、

早くもアメリカの株式市場では

生鮮食料品小売業の株価が急落

しているとの事です。

 

Amazonのファウンダー、

CEOのジェフ・ベゾス

は「何百万もの顧客が

Whole Foods Marketを愛している。

ここではアメリカで最高品質の自然食品、

有機食品が手に入るからだ。

人々はヘルシーな食生活を楽しむよう

になった。

Whole Foods Marketは人々を喜ばせ、

満足させる栄養豊かな食品を40年近く

にわたって提供してきた。

まさに驚くべき達成だ。

われわれはWhole Foods Marketの

成功が今後も継続されることを望んでいる

と述べた。

 

アメリカ在住の私にとって

ホールフーズ(Whole Foods)は

良く知っており、アメリカの中で

一番好きスーパーです。

確かに高級で扱っている商品も

品質が高いと言うものあるのですが、

お店の雰囲気も好きなんです。

確かに客層を見てもお金を持っている

人が多そうな気がします。

 

ここで、なぜAmazonは、

そのホールフーズ(Whole Foods)を

買収したのだろうか?

という疑問が沸いてきませんか?

私が思うにこの買収には2つの理由が

あると思っています。

 

一つ目は、単純に

ホールフーズ(Whole Foods)ブランド

の生鮮食品がネットで買え、

Amazonが迅速に自宅に配達してくれる。

 

二つ目は、Amazonは以前から

ドローン(Drone)での配達の構想を

持っており、

ホールフーズ(Whole Foods)も

その拠点にするのではないだろうか?

 

ということです。

というのも、Amazonは配達センター

を持っているものの、それほど数が

あるわけでなく、ドローンの飛行距離を

考えると、もっと家庭に隣接する形で

ドローンの配達センターとしても

考えているのでは?と思っています。

 

アメリカにはAmazonの配送センター

より家庭に隣接した小売店として

ターゲット(Target)や、

ウォルマート(Wlamert)が存在し、

それら企業が配達にドローンを

導入するとAmazonは不利になると

言われていました。

なので個人的にはその対策と

意味もあるのではないかと思っています。

 

気になる買収後のWhole Foodsの

存続についてですが、ブランド、運営は

従来どおり続けられ、店舗、社員、

パートナーにも変化はないようです。

John MackeyはWhole FoodsのCEOに

留まり、本社は引き続き

テキサス州オースティンに置かれると

のこと。

いずれにせよ、このビックニュースに

正直びっくりしていますが、

今後のAmazonの動向に

目が離せなくなりました。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

————————-—-
モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【近況報告】

昨日は娘の誕生日でした。

ダウンタウンに家族で行きお祝いを

してきました。

ミシガンは夏が短いこともあり、

この時期、ダウンタウンは

お祭り騒ぎで賑わっています。

 

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・英語の勉強

【755】WiFi環境を行き渡らせる New eero(イーロ)登場

 

今日は、

『WiFi環境を行き渡らせる New eero(イーロ)登場』

というテーマで書きたいと思います。

今日ご紹介するのは、

既存のインターネット環境に

追加するだけで、家中にWiFiを

行き届かせ、ストレスレスな

インターネット環境を提供する

2代目eero(イーロ)です。

1代目eeroに比べ大きさは

それ程変わりませんが、

WiFiが繋がり易いという

ネットワークの強度は2倍に

なっています。

これによって家の何処にいても

動画の閲覧やメールの送受信が

可能になります。

 

なぜeeroによりWiFiが繋がりやすい

かというと、「メッシュネットワーク」

という仕組みで、WiFiで使えなくなった

経路が発生しても継続的に接続・再構成

を繰り返し、送信先に達するまで転送する

ということにより、

家隅々にまでWi-Fiを行き渡らせ、

無線接続のデッド・ゾーンを解消するからです。

 

以下は、eeroの紹介動画になります。

 

サイズ

121mm x 121mm x 32mm

セキュリティーおよびネットワーク・サービス

WPA2 encryption, Family Profiles, DHCP, NAT, VPN Passthrough,
UPnP, Static IP, and Port Forwarding

プロセッサ、メモリ、およびストレージ

700 MHz quad-core processor,
512MB RAM
4GB flash storage

電気および環境要件

100-240V AC, 50-60 Hz

無線接続性

Tri-band WiFi radios
simultaneous 2.4GHz
5.2GHz and 5.8GHz wireless

2×2 MU-MIMO
beamforming
IEEE 802.11a/b/g/n/ac

ソフトウェアおよび設定要件

iOS/Android アプリ
インターネットサービス

気になるお値段は、

149ドル~499ドルです。

 

私自身も家のネットが良く

つながり難い時が有り、

その度にストレスを感じることが

多々ありますが、早くeeroを

導入しなければと思ってしまいます。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

————————-—-
モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【近況報告】

先日、アメリカで3度目となる

メジャーリーグ観戦に行ってきました。

やはりいいものですね。

今度は家族を連れて行こうと思います。

 

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・英語の勉強

・新プロジェクト継続中

【754】これぞ、ショッピングの将来像 Amazon Dash

 

今日は、

『これぞ、ショッピングの将来像 Amazon Dash』

というテーマで書きたいと思います。

これぞショッピングの将来像なのかも

しれません。

今回ご紹介するのはアマゾンの提供する

アマゾンダッシュという商品です。

以前からアマゾンダッシュボタンというのは

ご存知だった方も多いかもしれませんが、

アマゾンダッシュは、アマゾンダッシュボタン

の更に先をいった商品になっています。

 

もしアマゾンダッシュボタンから知らないよ、

という方は、以下が紹介動画になります。

 

前置きが長くなりましたが、

今回ご紹介するアマゾンダッシュは、

家庭などでトイレットペーパーなど

消耗品が無くなった場合に、

その消耗品のバーコードをスティック状の

読み取り機に読み込ませたり、

その読み取り機にマイク機能で

消耗品名を話したりすると、

それらが自分のスマホに買い物リスト的に

ストックされていきます。

 

なので、せっかく買い物に行ったのに

買い忘れなどを防ぐこともできますし、

買い物リスト自体を作る必要もありません。

 

すごいのは、もし皆さんが望むのであれば、

わざわざお店に買い物に行く

必要もないということです。

というのも、

バーコードスキャンしたり、消耗品名を吹き込んだり

した消耗品たちは皆さんのアマゾンMyページにも

リストされるので、そこからアマゾンで注文もできる

ということです。

 

いやー、どんどん便利になっていきますね。

以下が、アマゾンダッシュの紹介動画になります。

以前も投稿しましたが、

【698】アマゾンなど小売業でのドローン活用の今後

【718】アマゾンとイギリスがAIとドローンのための開発センター

アマゾンはドローンでの配達サービスも

将来は考えているようなので、

配達面での最適化も、どんどん進むでしょう。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

————————-—-
モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【近況報告】

昨日、あるアメリカの国立公園で開催された

マラソン大会に家族で参加してきました。

私以外は1マイル、私は8マイルで参加。

こんなに走るのは何年ぶりだったでしょう?

残り2マイルからは本当に辛く、途中で歩こう

とも思いましたが、なんとか思いとどまり

歩いたり、止まることなく完走できました。

秋にはハーフマラソンに参加予定ですが、

今から長めの距離に慣れておく必要性を感じました。

 

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・英語の勉強

・新プロジェクト継続中

【753】自転車ファン必見のIoT商品

 

今日は、

『自転車ファン必見のIoT商品』

というテーマで書きたいと思います。

最近、流行っているアクティビティ

として、一人でも手軽にできる

自転車のサイクリングがあります。

本日、ご紹介するIoT商品は、

自転車ファンにもってこいの

商品です。

 

最近の自転車は高価なだけに、

しっかりと鍵をかけて

盗難防止する人は多いのでは

ないでしょうか?

 

ご紹介するBitlock

は、この鍵が必要なくなるのです。

いわゆるKEYLESS ENTRYという

やつですね。

スマホとBluetooth接続されている

ので、鍵のLockを解除することが

できます。

もしスマホが壊れた場合も心配

ありません。

Bitlockに4桁の暗証番号を押す

だけで開けることもできます。

 

更に画期的なのが最近の流行である

シェアリングということもできるのです。

友人や家族があなたの自転車に乗りたい

場合は遠隔でBitlockの鍵を開け、

自転車の乗せてあげることも可能です。

 

もちろん、乗った距離、時間、消費カロリー

なども記録しておけます。

 

以下が本商品の紹介動画になります。

 

気になるお値段ですが、アメリカですと129ドルで

販売されています。

バッテリーは5年ぐらいもち、雨や暑さなど

どんな天候でも問題なく使えるとの事です。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

 

————————-—-
モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【近況報告】

今日は週一の子供たちにサッカーを

教える日でした。

今まで教えることには無縁でしたが、

結構、楽しいかもしれません。

 

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・TOEIC受験

・新プロジェクト継続中

【752】買い物リストいらずにできるIoT商品 GeniCan

 

今日は、

『買い物リストいらずにできるIoT商品 GeniCan』

というテーマで書きたいと思います。

今回ご紹介するのは、

主婦や一人暮らしに重宝される

IoT商品です。

その名もGeniCan

 

ゴミ箱に物を捨てる際に、

その物のバーコードを

読み込ませることで、

それは捨てられたと認識され、

買い物リストに追加されます。

 

例えば、調味料のビンを捨てる時に、

バーコードを読み込ませるという

感じです。

 

もしバーコードがないようなものを

捨てるときは、GeniCanに商品名を

言うだけで、音声認識し買い物リスト

に追加されます。

これにより買い物リストも必要なくなり、

また、いざ買い物をしに行く際に

何を買えばいいかなと、わざわざ台所を

歩き回らなくても良くなりますね。

 

以下は具体的な商品紹介の動画です。

 

 

いかがでしたでしょうか?

家庭だけでなく、工場やオフィス

などでも活用し、

事務用品や工場で使う小物にも

使えるかもしれません。

 

気になるお値段は149ドル。

色も5色から選べるようです。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

————————-—-
モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【近況報告】

今日は約半年ぶりにTOEICの試験を

受けてきました。

アメリカで2度目となる受験でした。

結果はいかに?

 

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・英語の勉強

・TOEIC受験

・新プロジェクト継続中

【751】IoT製品 Tileを使って忘れ物防止

 

今日は、

『IoT製品 Tileを使って忘れ物防止』

というテーマで書きたいと思います。

突然ですが、皆さんは

今まで「家の鍵」や「スマホ」などを無くし、

家中もしくは外を探し回った経験はないだろうか?

 

私自身、物忘れが激しく、

すぐ物を無くすことが多いんです。

自分をかばうつもりはありませんが、

今の社会は情報過多なので、

放っておくだけで、どんどん情報が

向こうからやってきて、

がんばって覚えておこうとした情報も

どんどん上書きされていく。

そんな人間泣かせな部分もありますよね。

 

人間の脳の記憶領域にも限りがあるので、

できるだけ重要でない情報は覚えることを避け、

脳内メモリに余裕を持たせておくことが

必要ではないでしょうか?

 

今回、ご紹介するのは、そういった

物忘れが激しい人や、できるだけ覚える事を

減らしたい人にお薦めのIoT商品です。

 

その名も、「Tile」です。

 

このTileと呼ばれる正方形の薄っぺらい

形をしたセンサーを、

無くしたくないものに、

キーホルダーのようにつけたり、

ポケットのようなちょっとした

隙間に忍ばしておくことで、

あとは、このセンサーと自分のスマホを

Bluetooth設定しておくだけで準備はOK。

 

物をなくした時に、スマホで、

そのセンサーからアラートが鳴るようにでき、

即座に無くしたものを見つけることができます。

 

もちろん逆に、スマホをなくしたときも

Tileのボタンを押すことで、

スマホを鳴らせ、場所を特定できるのです。

 

よりイメージを持っていただくために、

以下の商品説明の動画をご覧下さい。

いかがでしたでしょうか?

この動画を見ると、色々な活用アイデアが

沸くのではないでしょうか?

動画にもあったように、

私は駐車場のどこに自分の車を

停めたのか忘れることが多いので、

車にこのTileを置いておくことで、

GPS搭載されたTileの位置をスマホで

探すことができるなと、うれしくなりました。

その他、カバンや財布、自転車、

スーツケースなど様々なことに活用が

できそうです。

 

バッテリーは、一年も持つとの事。

気になる価格ですが

日本のアマゾンだとTile1つで3880円、

4つセットで12000円で売られている

ようです。

 

これを活用することで忘れ物から

開放されたいですね。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

————————-—-
モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【近況報告】

今日は職場メンバーがメール1本で

退社をつげ、そのメンバーの席に

行くと既に席がキレイになっていた

という、なんとも日本企業では

考えられない経験をしました。

派遣のような契約だったそうで、

ほとんどのメンバーは、そのメールで

退社を知ったとのこと。

いやー、ビックリしました。

 

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・英語の勉強

・新プロジェクト継続中

【750】これぞIoT技術を使った次世代のカーナビ

 

今日は、

『これぞIoT技術を使った次世代のカーナビ』

というテーマで書きたいと思います。

今回、ご紹介するのは、

これぞ次世代のカーナビと

呼ぶのにふさわしいNavdy

という商品。

 

このNavdyは、車のダッシュボート

に置き、クルマのOBDIIポートに

接続するだけで、自分のスマホと

Wifi接続でき、スマホの画面を

映すことができる。

 

車の運転は前方を見なければ

安全とはいえず、

車にスマホフォルダーを

取り付け、そこにスマホを

設置しても良いが、

もしレンタカーなどを借りた

場合は、スマホフォルダーは

ないため、どうしてもスマホの

画面に目を落とすことになって

しまい危険だ。

 

Navdyによって、映し出された

ディスプレイの情報は、

フロントガラスの約1.8メートル先に

浮いているように見えるという。

 

何ともこういう商品を待ってましたという

感じではないだろうか?

後で登場する動画を見ていただいても分かる

ように、操作も空中を指でスライドさせる

ことで様々な操作もできる。

もちろん、電話がかかってきたときは、

電話で話すことも可能だ。

 

更にイメージを具体的にしてもらうために

以下の動画をご覧頂きたい。

いかがだっただろうか?

購入した方は、以下の公式サイトから

購入できるようだ。

https://www.navdy.com/

最後までお読み頂きありがとうございます。

————————-—-
モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【近況報告】

最近、仕事でもかなりの量を英語で

話せているような気がする。

おかげで夕方になると疲れがどっと

出てしまう。。。

 

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・英語の勉強

・新プロジェクト継続中

・昼休みランニング

【749】生活に普及していく5つのIoT製品

 

今日は、

『生活に普及していく5つのIoT製品』

というテーマで書きたいと思います。

IoTの技術が浸透するにつれ

我々の生活は益々便利なものに

なるでしょう。

今回は、今後、生活の中で普及していくと

思われるIoT技術の5つのカテゴリー

というか、種類をご紹介したいと思います。

 

1.Smart照明

IoT技術に対応した照明を使用すると、

家の照明システムを明るく調整したり、

周囲を感知して自動的に消灯させること

ができます。

例えば家に誰もいない場合はオフになり、

屋外の明るさを検知して照明の明るさ

を調整、エネルギー消費を最小限に

抑えることができます。

 

2.Smartサーモスタット

外部の気候条件に応じて温度と

消費電力を自動的に調整する

サーモスタットは、

どの家庭にとっても経済的では

ないでしょうか。

よりスマートなサーモスタット

になると、各家庭の使用パターン

を学習し、それに応じて温度や

消費電力を調整することができます。

サーモスタットをインターネットに

接続して、家族の行動を受信し、

電力消費と内部温度制御を変更する

ことさえできます。

 

例えば、非常に長い時間、

家から離れている場合、

サーモスタットは電力消費を

最小限に抑え、

機器が故障したときに警告を

送信します。

本人は外出で、ペットが

家にいる時は、ペットに適した

温度にしたり、

寒冷地などで暖房を止めると

機器が凍ってしまう場合も、

凍らない温度に 設定することも

可能でしょう。

 

3.セキュリティ関連

IoTは、物理的な鍵、アクセスカード、

またはトークン(証明書)が

必要とされない場合に、

家庭やオフィスでその威力を

発揮するでしょう。

高度なIoTアプリケーションでは、

スマートフォンと家庭の

セキュリティシステムを

統合することもでき、

スマホを家の鍵代わりにしたりもできます。

 

4.各家電とスマホとの連携

家にある家電の電源のオンオフの

回数を数えると、

かなりの回数になるのでは

ないでしょうか?

そこで家電とスマホを連携させ、

スマホから遠隔で家電の電源オンや

操作までできれば、

家電のある場所まで行く必要が

なくなるのでだいぶ、

時間の削減になると思います。

ちょうど、先日投稿した

「Smartコーヒーメーカー」のイメージです。

【748】スマホで自在に操作 コーヒーメーカー

 

5.任意のサーフェースをリモコンに変える機能

サーフェスリモコンは、

任意のサーフェス(机、壁、床など)を

リモコンに変えることができます。

サーフェスリモコンでは、

任意のサーフェス(机、壁、床など)を

ノックすることで照明のオンオフ、

ドアの開閉、テレビのオンオフ、

を行うことができます。

 

具体的には「Knocki」という製品は、

任意のサーフェースをリモコンに

変えてしまうIoT機器です。

以下がKnockiの紹介動画です。

特に1分27秒あたりで紹介される

任意の表面をノックすることで、

どこにおいたか分からなくなった

スマホから着信音を鳴らし、

スマホの場所を特定する

という使い方は面白いなと思いました。

このように、様々なことに応用が

できるような気がします。

 

最後までお読み頂き有難うございます。

————————-—-
モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【近況報告】

ある方の「売上」についての

考え方に納得しました。

その内容は、

「サービスを必要としている人に

必要なサービスを届ける。

その活動を愚直なまでに継続する。

それができれば売上をあげることは

簡単なことである」

 

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・英語の勉強

・新プロジェクト継続中

・昼休みランニング

【748】スマホで自在に操作 コーヒーメーカー

 

今日は、

『スマホで自在に操作 コーヒーメーカー』

というテーマで書きたいと思います。

今日、ご紹介するのは、

Nespresso Prodigioという

Smartなコーヒーメーカーです。

 

何がSmartかというと、

コーヒーメーカーと

スマホを連携させることにより、

 

コーヒーを入れるのを

タイマー予約できたり、

 

コーヒーのカプセルが

在庫切れになったら、

スマホから注文したり、

 

コーヒーマシーンの

メンテナンス時期をアラート

してくれたりと、

 

様々なことができます。

 

まずは動画をご覧下さい。

 

もう、コーヒー好きにはたまらない

製品ですね。

朝起きたと同時にコーヒーが自動で

作ってくれているとすると、

朝起きるのも楽しみではないでしょうか?

 

また仕事や家事などをしている最中でも

一区切り付けたと同時にコーヒーを飲む

ために、仕事や家事の途中でスマホで

ささっと、スタートボタンを押せば、

作業を中断せずにコーヒーを作れます。

 

こういった製品が登場してくると、

もう全ての家電はスマホで操作

したり、タイマー設定したりと、

Smartに使いこなすことができそうです。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

————————-—-
モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【近況報告】

 

 

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・英語の勉強

・新プロジェクト継続中

・昼休みランニング

【747】スマホと連携できるセキュリティカメラ

 

今日は、

『スマホと連携できるセキュリティカメラ』

というテーマで書きたいと思います。

今回は「Canary Flex」という

ホームセキュリティ製品(IoT製品)

をご紹介します。

 

ざっくり言うと、

Canary Flexはカメラで

これをスマホなどのデバイスと

つなげることにより、

どこにいてもCanary Flexで

映される映像を確認できます。

 

ワイヤレス、どこにでも取り付けれる

というったフレキシブル製品のため、

様々な使い方ができそうです。

 

自宅や店舗などの中に設置し、

防犯対策しても良いですし、

屋外に設置してもOKです。

防水対策や夜間の視認性などの

機能も施されています。

 

スマホでカメラアングルも

変える事ができるため、

ピンポイントで確認したい

箇所を選ぶこともできます。

 

映像は、セキュリティ確保された

サーバーに転送し、保存しておく

ことも可能です。

 

少し視点を変えると、

セキュリティ対策として使うだけでなく、

普段スカイプなどでやっている

ちょっとしたコミュニケーションも、

これを使って行うこともできます。

 

そう考えると様々な使用用途が

浮かんできそうです。

 

製品の紹介動画は以下です。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

————————-—-
モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【近況報告】

グランドサークルの旅行から帰って

来ましたが、軽い時差ぼけになっております。

 

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・英語の勉強

・新プロジェクト継続中