【776】Amazon 列車、トラック、船でドローンステーション構築を模索

 

今日は、

『Amazon 列車、トラック、船でドローンステーション構築を模索』

というテーマで書きたいと思います。

Amazonはドローンに多額の投資をしており、

いつかはドローンを使って配送に革命を

起こそうと考えています。

 

今のところまだ早い段階ですが、

Amazonのエンジニアは様々なこれらの

特許出願をしており、

様々な可能性を模索しています。

 

例えば、ドローンの配達に直面する重要な問題は、

バッテリとメンテナンスです。

ドローンが店など一箇所に留まっていては、

誰もドローンのメリットを享受できません。

ましてやお金を稼ぐこともできません。

 

それらバッテリーなどの問題の解決策の一つが、

列車、車、船などを使い、

そこからドローンを飛ばすことで

目的地までの移動距離を少なくできます。

 

また以前、記事にも書きましたが、

Amazonはアメリカの有名な

高級生鮮食品店であるWhole Foodsを

134億円キャッシュで買収しました。

【756】アマゾンがホールフーズ(Whole Foods)を134億ドルで買収

これも配達先である家庭に少しでも

近くするための解決策として考えいる

かもしれません。

Whole Foodsは家庭の近くあり、

アメリカ全土に展開されているため。

 

先日、Amazonから米国特許商標庁に提出された

特許によると、

「複合車両は商品及びドローンを装填し、

そしてアイテムの需要が既知又は予想される

領域にドローンを移動するように

指示することができる。

複合車両は機関車、コンテナ船、トラックまたは

他の車両を結合され、装備されてもよい。

これらはドローンに1つまたは複数の物品を

積載するためのシステム、および複合車両が

動きながらドローンの発進または回収を行う

ためのシステムである。

複合車両にはドローンの交換部品、検査装置を

装備し、複合車両が動いている間に、

車両内でドローンの点検を行う」と述べた。

 

これは電気自動車が発展するためにも

欠かせないことですが、

もちろん、ドローンでもバッテリー性能を

向上させることは言うまでもありません。

しかし、その技術革新だけを待っているだけでなく、

別の手段での解決策として、

Amazonはこういったドローンの発信基地のような

ものも考えているのでしょう。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

————————-—-
モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【近況報告】

最近思うのが、自分が進むべき道というのは、

自分は何をしたいのか?

どこに向かいたいのか?

そのために何をするのか?

何を捨てるのか?

などを

日々、常に考え、行動している中で、

「自分の進む道」は

正解もないし、常に進化、変容

し続けていくものなんだなーと

思っています。

 

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・英語の勉強

・新プロジェクト継続中

【775】アマゾン ドローンデータから様々なサービス模索

 

今日は、

『アマゾン ドローンデータから様々なサービス模索』

というテーマで書きたいと思います。

ドローンを商品の配送に活用する事を

本気で考えているアマゾンであるが、

彼らのこのビジョンによって、

更なる興味深いサービスが誕生する

可能性がある。

 

一般的にドローンが収集するデータは、

例えば航空写真、地図データ、飛行パターン

など様々である。

アマゾンはそれらのデータをどうやったら

うまく活用できるかを常に考えている。

 

最近のアマゾンの特許によると、

ドローンを使った配送時に

配達先の家の各部をスキャンし、

例えば、その家の屋根をスキャンして、

修理を提案することもできる。

その他には庭にある植物を

スキャンし、植物に何か異変があれば、

何かしらの肥料や薬品の散布を提案

できるかもしれない。

 

このようにドローンで配達時に

顧客の家を分析し、見ているものに対し

サービスや製品を提案するのだ。

その一例が、屋根修理や植物ケアである。

 

ドローンが撮影した画像や動画を

画像処理ソフトウェアで解析し、

必要なサービスや製品を提案しようという

ものである。

 

確かにこれらをやろうとすると、

勝手に顧客の家や庭をスキャンしてよいのか?

というプライバシーの問題も出てくるだろう。

しかし、屋根修理業者や庭師などが、

住宅街を見て回り、何か問題があれば、

直接、各家庭にサービスや製品を提案する

といった活動が日常的に行われているとすると、

これらと何ら変わりないと言われても

確かにその通りかもしれない。

 

ドローンだけでなく、

様々な方法で取得したデータを

使い尽くし、サービスにつなげるといった

流れは今後も進んでいくのだと思われる。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

————————-—-
モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【近況報告】

最近、Amazon Unlimited(アマゾン アンリミテッド)

というサービスにはまっています。

月額980円で本を読み放題とは読書好きの私には

たまりません。

私も読むだけでなく、電子書籍を出版してみようかと

たくらみ中です。

 

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・英語の勉強

・新プロジェクト継続中

【774】世界初 魚群探知機搭載のFishingドローン AguaDrone

 

今日は、

『世界初 魚群探知機搭載のFishingドローン AguaDrone』

というテーマで書きたいと思います。

今日ご紹介するのは世界初、魚群探知機を

搭載したドローンのAguadoroneです。

Aguadoroneは100%防水で、

淡水、海水、どちらにも着水可能です。

これは独自のブラシレスモーターを

採用しているため。

 

これまた100%防水で、WiFi対応の

別売Find podという魚群探知機を使い、

画像、水深、水温をお持ちのスマホや

タブレットに送信することができます。

魚群探知機は、水面から190フィート(約58m)下

までの深さを読み取ることができ、

最大350フィート(約107m)離れたところで

タブレットやスマートフォンに情報を

送信することができます。

 

魚群探知機には無料アプリがあり、

アプリの仕様は以下の通りです。

・対応機種:iPhoneまたはiPad、Android
・デジタル深度インジケータ
・水温
・水深自動測定
・フィッシュアイコン
・深さと魚のアラーム
・ズームボトムトラック
・キールオフセット設定
・ノイズ除去
・表面の透明性
・バッテリインジケータ
・WiFi無線リンク

 

またこのドローンには

Fish podという餌やルアーを

ポイントまで運ぶために必要な

ツールまで付いています。

 

このFish podは最大約900gの

ものをポイントまでドローンと共に

運び、ボタンを押すだけでポイント上で

落とすことができます。

 

まさに遠隔操作で狙ったポイントに

ルアーや餌を投下することができるのです。

 

Firm podという専用カメラも用意されており、

陸上はもとより、水中の撮影も可能です。

 

このカメラは、最大16メガピクセル、4倍ズーム

220インチHD広角レンズの画像解像度を備えた

100%防水のカメラで、

360度のパノラマ映像やその他の角度で撮影可能。

最大64GBのカードを収納できるマイクロSDカード

スロットが装備されています。

 

撮影した画像や動画はWiFi対応のスマホや

タブレットに送信できます。

 

更にイメージをわかせるため

以下の動画をご覧下さい。

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

————————-—-
モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【近況報告】

・東大卒プロゲーマー「ときど」という本を

読みました。改めて情熱を注ぎ続けられるものに

熱中することの大切さを思い出させてくれました。

http://amzn.asia/5mQwkPB

 

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・英語の勉強

・新プロジェクト継続

【773】ここまでバスが見える!ドローンを使ったバスフィッシング

 

今日は、

『ここまでバスが見える!ドローンを使ったバスフィッシング』

というテーマで書きたいと思います。

今日ご紹介する動画はバスフィッシングファンには

たまらない動画になるはずです。

ドローンでこういうことがしたいという

バスフィッシングファンは多いのではないでしょうか?

筆者もご他聞に漏れず、この動画を観て

まさに、これやってみたい!と

ワクワクさせられました!

 

バスフィッシングにはサイトフィッシングという

釣り方があり、

これは読んで字のごとく、

目で魚を見つけ、その魚を狙ってルアーを投げ

ヒットに持ち込むという釣り方です。

 

何となくせこく聞こえるかもしれませんが、

このサイトフィッシングでトーナメントで

勝つバスプロは多くいます。

 

今回の動画はドローンを使って、

人間の視野外のバスをドローンのカメラで

確認し、そのバス目掛けてルアーをキャストし、

バスの近くでルアーにアクションを加え、

ヒットに持ち込むという動画になっています。

 

では、ご覧下さい。

いかがでしたでしうか?

また違った釣りの楽しみ方ではないでしょうか?

バスの近くで「トゥイッチ、トゥイッチと言っているのが

すごく印象的でした」

しかし、ここまで綺麗に魚を確認できるもんなんですね。

こういったドローンの使い方で

バスフィッシングだけでなく釣り全体の

楽しみ方が広がりそうです。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

————————-—-
モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【近況報告】

最近、意識的に面会などの予定を入れまくっています。

 

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・英語の勉強

・新プロジェクト継続

【772】Airbus プロペラ脱着型 コンセプトドローンを発表

 

今日は、

『Airbus プロペラ脱着型 コンセプトドローンを発表』

というテーマで書きたいと思います。

今日ご紹介するのは、あの航空会社である

Airbusが次世代ドローンのコンセプトを

ジュネーブモーターショーで発表しました。

その名もPop Upです。

 

このドローンはプロペラ部が取り外し可能で、

地上で車として、空中でドローンとして

使用することが可能です。

専用アプリにて遠隔でドローンを

呼ぶことも可能。

 

車として目的地に行くこともできますし、

プロペラを取り付けて目的に行くことも

できます。

Airbusはこういったドローンを普及させる

都市の渋滞問題を解決しようと試みています。

 

安全上が気になるところですが、

もしこれが実現したらと考えると

わくわくさせられますね。

 

更にPop Upの詳細をご覧になりたい場合は、

以下の動画をチェックしてみてください。

最後までお読み頂きありがとうございます。

————————-—-

 

モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【近況報告】

日本からアメリカに帰国しました。

時差ぼけで、初日はきつかったー

 

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・英語の勉強

・新プロジェクト継続中

【771】無重力空間で撮影可能なドローン Int-Ball JAXAが開発

 

今日は、

『無重力空間で撮影可能なドローン Int-Ball JAXAが開発』

というテーマで書きたいと思います。

今日、ご紹介するのは

日本宇宙航空研究開発機構(JAXA)

が作成した、

かわいいロボットドローンである

Int-Ballという球状のドローンです。

 

これは、地球からの制御下で、

無重力空間を移動しながら

ビデオを簡単に記録する世界初の

ドローンです。

このドローンによって

国際宇宙ステーション(ISS)で

宇宙飛行士の写真やビデオを

撮影することになっています。

 

これまで、宇宙飛行士は

自分の作業をカメラで撮影する

作業は、全作業時間の約10%になると

言われてきました。

JAXA によれば、このInt-Ballは、

自身で動き回ることができ、

航空管制官や地上の研究者にとって

リアルタイムの監視を可能にします。

また収集した情報は、

宇宙ステーションの乗組員に

フィードバックすることができます。

Int-Ballは6月上旬にISSでデビューし、

現在いくつかのテストと検証を受けているとのこと。

 

以下はInt-Ballが実際に宇宙ステーションで

撮影している動画です。

今までにないタイプのドローンですが、

全てのドローンがこういった球状になり、

水陸両用になるなんていう世界もありかも

しれません。

そう思うのは筆者だけでしょうか?

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

————————-—-
モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【近況報告】

日本出張も終わり、

現在、羽田にて飛行機待ちです。

これからの飛行時間は長いので

しっかりとこれから先の

自分のビジネスについて思いを

巡らせたいと思っています。

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・新プロジェクト継続

・目標設定

【770】荷物をドローンに変えてしまう日本企業発Anydrone

 

今日は、

『荷物をドローンにら変えてしまう日本企業発Anydrone』

というテーマで書きたいと思います。

今回、ご紹介するのは、

日本のドローン会社「ProDrone社

が発表したPD-ANYというドローンです。

あらゆるものを飛行させることが

できるドローンで、

何でも運びたいものに、

このドローンを付けることで

荷物そのものがドローンに変身します。

 

具体的には、

プロペラ付きのモーターユニット4つを

荷物に装着するだけで

何でもドローンとして飛行させる

ことが可能です。

 

何でもといっても、

最大15kgの荷物までという制限付きではあります。

 

もし15kg以上のものであれば、

その荷物に着けることで運搬の補助として

使うことも可能です。

 

中々、文字だけだとイメージしずらいと

思いますので以下が、そのドローンになります。

 

確かにこういう発想もあったかと

筆者は驚かされてました。

もし今後、運べる重量が増えていけば、

人間を運べる日も遠くないかもしれません。

まさにタケコプターの世界ですね。

 

プロペラつきモーターユニットが

シンプルな構造なので取っつき易いのも

特徴だと思います。

 

最後まお読み頂きありがとうございます。

 

————————-—-
モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【近況報告】

日本に出張中です。

半年振りの日本で人に会ったり、

日本食を堪能したりと

十分、日本を味わえました。

正直、お腹一杯で早く家族のもとに

帰りたいです。

日本に来たことで新たな決意もできました。

 

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・面会2件

・新プロジェクト継続中

・目標設定

【769】水陸両用、知育ドローン Airblock

 

今日は、

『水陸両用、知育ドローン Airblock』

というテーマで書きたいと思います。

ソフトバンクコマース&セールスは、

中国Makeblock社の

プログラミング教育向けドローン

Airblock」を2017年7月14日から

発売しています。

 

ソフトバンクC&Sは、

このAirblockを使って小学生向けに

プログラミング教育の取り組みを

検討しているとのこと。

 

これも2020年に全国の小学校で

プログラミング教育が必修化される

ことが背景にあるようだ。

 

Airblockは、スマートフォンやタブレットの

専用アプリを使って操作ができる。

また、この専用アプリを使い

簡単にプログラミングすることもできる。

 

具体的には、動きや条件が書かれた

ブロックを組み合わてプログラミングする

プログラミングは、

子どもでも容易にできるように、

コードを書かずにブロックを組み合わせ

てできるScratchが基になっている。

プログラミングを応用すると、

自分の好みにコントローラーを

編集することもできるという。

 

Airblockのドローン本体は、

中央のコントローラーを中心に、

その周りを6つのプロペラユニットが

磁石でくっついているだけなので、

ぶつかったときの衝撃は本体が

バラバラになることで拡散している。

 

本体素材は、発泡ポリプロピレンという

軽くて弾力性のある素材を使っているため、

身体に当たっても大きな衝撃や痛みはなく、

安全性も確保されている。

 

さらにこのAirblockの特長は、

プロペラユニットの数や配置を

変更することで、さまざまな形態に

変形可能だ。

付属の「ホバークラフトベース」を

組み合わせると地上や水上で動かせる

ホーバークラフトにも変形できる。

 

詳細は以下の動画を見ると分かりやすい。

最近、IoTへの期待により

子供達へのプログラミングやIoT教育を

行う事例が増えてきているように思う。

まずは、今回のAirblockのように

プログラミング自体、容易なものを使い

教育していくのが良いように思う。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

————————-—-
モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【近況報告】

日本出張中。

今日はレンタカーで伊良湖岬まで

ドライブ&温泉。

 

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・目標設定

・英語勉強

・新プロジェクト継続

【768】まるで本物の鳥のようなドローン Bionic Bird

 

今日は、

『まるで本物の鳥のようなドローン Bionic Bird』

というテーマで書きたいと思います。

今日ご紹介するのは、

いつものドローンと違ったドローンです。

それはまるで本物の鳥のように

飛ぶことができるドローンです。

その名もBionic Bird

このBionic Birdには10グラム未満の

マイクロテクノロジーが詰め込まれています。

 

フランスで設計されたBionic Birdは、

見た目繊細な構造になっており、そのため

厳格な品質管理を行っているとのこと。

まずは、そのすごさを以下の動画で

ご堪能下さい。

 

いかがでしたでしょうか?

本物の鳥だと追われた方が多いのでは?

スマホアプリで操作もできるということで、

直感的に鳥ドローンを飛ばせるといった

感じでしょうか?

 

Bionic Birdは、最大20km / hの速度で

100mの範囲で飛行し、騒々しい騒音は

ありません。

あまりに鳥に似すぎているため、

他の鳥から攻撃されそうですね。

 

このBionic Birdは数百回の

飛行サイクルにわたってテストされており、

柔軟性と堅牢性を備えた材料で製造されています。

 

壁や地面への衝突は問題ないとのことですが、

それはまだハイテク製品であり、

飛行していないときは注意して

取り扱う必要があります。

重いものの下敷きにするのはもちろん、

長時間の直射日光も避けた方がよいとのこと。

 

気になるお値段ですが、

以下公式サイトからを見ると、

http://www.mybionicbird.com/boutique/en/16-full-packs

99ユーロと書かれています。

 

購入キットの中には、

・Bionic Bird
・卵形のポータブル充電器、USBコード
・2つのスペアウィング
・翼のバランスを取るためのアルミニウム製の重り
・アプリを無料でダウンロードするためのQRコード付きカード

などが含まれているとのこと。

 

スマホ対象機種は、

Apple:iOS 7以降。 iPhone(6 Plus、6、5s、5c、5&4s)
iPod touch
iPad(Air、Mini、3rd&4th generation)
Android 4.3以降。

卵形の携帯用充電器はBionic Birdを

12分で再充電でき、10回分の充電能力をもち、

約1時間でUSBコードにて再充電できます。

 

保証期間については、

購入日から30日間、

通常の使用条件(提供されたマニュアルに記載されています)

での使用に対して保証されるようです。

 

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

 

————————-—-
モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【近況報告】

久しぶりの日本に移動中です。

今回はロサンゼルス経由での飛行で、

初めてロスに来ました。

ロスで一泊し、翌日ロスから羽田に

向けて出発です。

初めての場所でホテルまでの移動や、

チェックイン、セキュリティチェックの

場所など少し不安でしたが、

終わってしまえば何てことはありませんでした。

 

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・始めてのロス経験

・新プロジェクト継続中

・仮想通貨について調査

 

【767】ドローンで太陽光パネルの性能チェック

 

今日は、

『ドローンで太陽光パネルの性能チェック』

というテーマで書きたいと思います。

一時、政府の電力固定買取制度により、

太陽光発電がはやりました。

そして今も買い取り金額は下がっている

ものの、太陽光パネルの設置費用の

コストダウンにより、まだ利益が出ると

いわれています。

 

今回、ご紹介するのは

その太陽光パネルを点検するドローンです。

太陽光発電だけにパネルの性能が非常に

大事になり、もしパネルが壊れたことに

気付かずに、そのまま放置していると、

せっかくの売電ができなくなり、

かなりのダメージをうけると言います。

 

それだけにパネルが想定される

性能を発揮しているか定期的にチェックする

ことは太陽光発電をするものにとって

かかせないものになっていくと思います。

 

では、ドローンでどのようにパネルの

チェックをするかというと、

ドローンに赤外線カメラを搭載し、

上空からパネルを撮影、

その情報を地上にリアルタイムに送信し、

特殊な解析ソフトを使って原因を特定する

といった手法がとられるようになってきて

います。

 

またせっかく特定したパネルを見失っては

意味が無いので、ドローンで問題のパネルを

特定するや否や、レーザーポインタでその

パネルを照射したり、塗料をパネルに対し

発射し色をつけたりという手段も行えるます。

 

上記の内容がイメージしやすい動画が

ありましたので、ここでご紹介したいと思います。

いかがでしょうか?

長い目で見た場合、原子力での発電は

安全上の問題が払拭できないため、

やはり太陽光のような再生可能エネルギーが

今後は重要になってきます。

そういった中で安定した電力を供給する

ためには、こういったパネルのメンテナンス

は今後、ますます重要になってくると思います。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

————————-—-
モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【近況報告】

来週から日本へ出張です。

久しぶりに知人に会ったりし、

色々と刺激を受けたいと思っています。

 

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・英語の勉強

・新プロジェクト継続中