アメリカで働く 技術士(機械部門)タカジロウのブログ(和僑エンジニアへの道)

アメリカ在住の技術士(機械部門)が海外のドローンやIoTの最新情報をお届けします。

【391】学びという名の投資

   

昨日は5か月ぶりのサッカーの試合

に出場。何とか1点を取れましたが、

今日は筋肉痛で体中が痛いです。

------------------------------
今日は、
『学びという名の投資』
というテーマで書きたいと思います。

最近つくづくと思うのが、

学びの大切さ、とういうか

学びこそ重要な投資であるということ。

目に見える利益になるなどの即効性

はないにしても、手堅く、コツコツと

学んでいくことで将来傍受できる利益

に大きく結びつくものとなるでしょう。

もし何も学んでいない人と学んでいる人

の差は時間が経つにつれ歴然としてくる

ことでしょう。

投資と投機の違いを以前のブログに

記しました。

【311】投資と投機の違い

概略を言うと、

投資は、はじめから目指す「結果」に


いかに手堅く近づけることができるか、

を考え、

投機は、いかに大きく儲けるか、を考える


ものです。



まさに「学び」は、「投資」であって、

時間を味方につけ、コツコツと運用し、

将来的に利益として刈り取るのです。

昨日のサッカーの試合にしても、

5か月ぶりにやってみて思ったのが、

時間を空けすぎると衰えが激しい。

もし社会人になってもコツコツとサッカー

の練習をすることで、練習をしない人

と時間が経つにつれ、差が出てくると

思うのです。

そう考えると、様々な投資対象の中で

自分自身という投資対象へもしっかりと

「学び」という形で投資していく必要がある

と痛感する次第です。

最後までお読みいただき

ありがとうございます。

よろしければ以下リンクをポチッと

押してやって下さいませm(__)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 - ブログ