【159】勝ちを譲るということ

今日、ポッドキャストを聞いてきて、人間関係において

共感したことがありました。内容は本文にて。

------------------------------
今日は、『勝ちを譲ることの大切さ 』
というテーマで 書きたいと思います。

今日、聞いたポッドキャストでは、
ビジネスでもプライベートでも、「自分が正しいというところから降りれたほうが勝ち」

ということを言っていました。

それは相手に勝ちを気持ちよく譲ってあげるということ。

(そんなに簡単に譲ってあげられたらどんなに楽だろうか?

 なんせ、自分は相当な負けず嫌い・・・)

では、なぜ人は自分が正しいというところから簡単に降りられないのか?

勝ちを譲ってあげられないのか?

理由は色々とあると思いますが、

例えば、

・自分が正しいに決まっている

・負けるのが悔しい

・俺の方が大変なんだ

・なぜお前の言いなりならないといけないんだ

・あいつに負けを認めるぐらいなら戦い続ける

と、挙げればきりがありません。

ただ、冷静に考えると、これは

自分が正しいと思い、いつまでもイライラとし続けるか、

相手に勝ちを譲ってあげて気持ち的に平静になるか、

そういう選択なのです。

これは人間関係における永遠に続く課題。

相手を勝たせてあげられる人ほど、幸せになれる。

仕事の場合、

仕事で勝ち続けるということは、相手は負け続けるということ、

なのでいかに自分が上手に負けてあげられるか、これが大事。

これはビジネスだけでなく、プライベートでも同様。

しかし、

自分が正しいから負けてあげようという発想ではなく、

もしかしたら相手が正しいかもしれないというところから始めてみることが大事。

というわけで、

今日のポッドキャストの内容は負けず嫌いの私にすごく響いた内容でした。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*