【787】水素電池駆動ドローン 約2時間飛行が可能

 

今日は、

『水素電池駆動ドローン 約2時間飛行が可能』

というテーマで書きたいと思います。

今回ご紹介するのは、

バッテリー駆動でなく

水素電池で駆動するドローン、

Jupiter-H2

というドローンです。

 

このドローンのすごいところは

なんといっても飛行時間でしょう。

 

一般的なバッテリー駆動のドローンの

飛行時間は約30分。

それに比べ、このJupiter-H2は、

3リットルの水素タンクで

約2時間と4倍の飛行時間を実現しています。

 

このドローンを開発したのは、

Intelligent Energy社という

英国に本社を置き、

日本、インド、中国、シンガポール、

フランス、アメリカにおいて事業を展開する

グローバル企業。

英国ではロンドン証券取引所に上場しているとのこと。

Intelligent Energy社は

分散型電源、ディーゼル代替電源、

自動車およびドローンなどの市場に

向けたクリーン・エネルギー・ソリューション

を提供しています。

燃料電池の開発において30年以上の実績を持ち、

各企業と提携し、同社の燃料電池技術が

広く活用される事を目指しているようです。

 

 

日本においては10年に渡り事業活動を続け、

現在は大阪に事業所があるとのこと。

 

以下の動画は同社の開発する水素電池のドローンです。

いかがでしたでしょうか?

具体的な水素タンクの大きさなども

イメージできたのではないでしょうか?

 

さすがに個人が使うには水素の取り扱いが

危険なだけに、個人への普及は難しいと

思われますが、

 

如何せん、この飛行時間を魅力に

商業用ドローンでの活躍は十分に

期待できるのではないでしょうか?

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

————————-—-
モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【近況報告】

先日、ここアメリカで

ドローンショップに初めて行き、

店員さんが凄く親切に色々と説明して

くれたので、思わず20ドルでしたが

ドローンを購入し、練習しております。

楽しい!

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・英語の勉強

・新プロジェクト継続中

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*