アメリカで働く 技術士(機械部門)タカジロウのブログ(和僑エンジニアへの道)

アメリカ在住の技術士(機械部門)が海外のドローンやIoTの最新情報をお届けします。

【101】これからの時代においてMBAは必要か?!」

   

今日は、某NPO(ファシリテーション)の勉強会に参加しました。

いつもは勉強会のみ参加で懇親会は不参加なのですが、

今日はせっかくなので懇親会も出席してきました。

詳細は本文にて。

---------------------------------------------—
今日は、「これからの時代においてMBAは必要か?!」
というテーマで書きたいと思います。
冒頭書きましたが、今日は某NPOの勉強会に参加しました。

そこのNPOの支部長と話していて感じたことをメインに

書きたいと思います。

その方は、46歳にして大学院に通いMBA取得しようとしています。

理由は、今の勤務先の会社を変革したいからだそうです。

MBA取得には300万の授業料がかかるそうですが、

車一台に比べるとMBAを取得する方が価値があるとうのが

その方の言い分でした。

以前、書いたブログに、今後のMBAの必要性についてに書かれた

本のことを書きました。

ハイコンセプト要約

その本には、

要は、これからの時代は今までのナレッジワーカーと言われていた

人々(弁護士、プログラマー、MBA取得者)の仕事がコンピューターやインターネット、
新興国(中国、インド)などに取って変わられてしまう。

したがって今後の時代で必要な人は、
何かを創造できる人や他人と共感できる人、パターン認識に優れた人、
そして物事に意義を見いだせる人である。

と書かれていました。

なので、MBAという資格が今後、必要なのか半信半疑でいる自分がいます。

半信半疑のままでも仕方ないので、今後、MBAでどんなことを学べるのかを

本を読み、自分自身で必要性を判断したいと思っています。

 - 人生テーマ