アメリカで働く 技術士(機械部門)タカジロウのブログ(和僑エンジニアへの道)

アメリカ在住の技術士(機械部門)が海外のドローンやIoTの最新情報をお届けします。

【720】COE2017でもアピール! ダッソーシステムが提唱する3Dエクスペリエンス・プラットフォーム

      2017/05/08

 

今日は、

『COE2017でもアピール! ダッソーシステムが提唱する3Dエクスペリエンス・プラットフォーム』

というテーマで書きたいと思います。

少し前になりますが、

アメリカ フロリダで開催された

COE2017というアメリカ国内最大

のCATIAイベントに参加してきました。

直近の関連記事は以下を参照下さい。

【708】COE2017(CATIAイベント)に参加しています

【709】ダッソーシステムの医療分野への展望

【710】ダッソーシステムの医療分野への展望2

【711】繊維強化プラスチック用3Dプリンター「Markforged Mark Two」

【712】CATIA機能 Functional Generative Designご紹介

 

COE2017のメイントピックとは?

COE2017で特にアピールが

強かったのは、

「3Dエクスペリエンス・プラットフォーム」

でした。

この「3Dエクスペリエンス・プラットフォーム」

を簡単に言うと、

ダッソーシステムが提供する

様々なアプリケーションへの

アクセスがシンプルインターフェース

により一元化、容易になる

というものです。

そのインターフェースとは

以下のようなもので、

このインターフェースが

パソコン画面の左上に配置され(下図参照)、

ユーザはシームレスに様々な

ダッソーアプリケーションに

移動することができます。

ここでいう、

ダッソーのアプリとは、

例えば、

CADでおなじみのCATIA,

PDMであるENOVIA,

デジタルマニュファクチャリングのDELMIA、

CAEであるSIMULIAなどが

あります。

入り口を一つすることで、

製品開発に必要なすべての

情報を一元管理し、活用することで、

製品ライフサイクルに関わる

すべての人や業務を繋げようという

コンセプトのようです。

またグローバルに仕事をすることが

当たり前になった今、

世界中に広がる関係者と

共通言語である3Dデータを軸とした

協調環境の実現は、

コミュニケーションのあり方を

大きく変え、製品開発業務の効率を

大幅に改善といった狙いもあるようです。

ダッソーシステムの上級副社長

モニカ・メンギニ氏は以下のように言います。

ダッソーは、われわれのアプリを
すべてを包含した、
PLMという製品ライフサイクル管理
の手法を提唱してきました。

これらアプリ群をクラウド上で
使いやすいものにしたのが、
3Dエクスペリエンス・プラットフォームです。

また、これまで我々が、
設計者に設計のプラットフォーム
を提供する際、
CATIAにしろ共有する世界が
設計者の中だけにとどまっていました。

プラットフォームを利用する方々が
設計者だけに限られていたからですが、
今度は、営業やマーケティングなどの
方々がアプリ群にアクセスしやすい
シンプルなインターフェースを実現
しました。

すべての部門が情報を共有する仕組み
を実現することにより、
販売からのフィードバックがマーケティング
や設計の方にも届けることができます。

イノベーション(技術革新)のサイクルは
常に人の間を行ったり来たりするもので、
設計から生産、マーケティング、販売など
すべての関係者を巻き込んで、
誰でも使いやすい環境をつくり出したのが、
このプラットフォームです。

それぞれのアプリ群の中にも

あたらな面白いアプリもあり、

これは別の機会でご紹介すると

しまして、

この「3Dエクスペリエンス・プラットフォーム」

という考え方は、素晴らしいと思います。

大手の会社を見てみても、

社内に様々なシステムやアプリ乱立し、

それぞれにユーザ管理や

ログインIDやパスワードの管理、

インターフェースの違いによる

操作習得への弊害、

ユーザ自身、システムやアプリの

存在すらしらないなどあり、

必要な情報が、必要なときに、

必要な人や必要な人と、共有、

探せないといった問題もあると

思います。

 

それに比べると、

入り口を一つにしたことによる

システムダウン時の影響など

デメリットもあるとは思いますが、

この「3Dエクスペリエンス・プラットフォーム」

の考え方は筆者として同意できる

内容でありました。

 

ダッソー以外の大手CADベンダーである

PTCやSimenseは、筆者の知る限り、

まだこういったコンセプトでシステム発表

をしていないと思うので、

ダッソーとして独自性もあると思います。

 

やはりシステムはシンプルがベストなので

こういったコンセプトに他社も追従する

のではないでしょうか?

 

モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【近況報告】

週末に久しぶりに本気で?
サッカーを楽しめました。

おかげで筋肉痛ですが。

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・英語の勉強

・新プロジェクト継続中

 - デジタルエンジニアリング, 技術士, 海外 , , ,