【708】COE2017(CATIAイベント)に参加しています

 

今日は、

『COE2017(CATIAイベント)に参加しています』

というテーマで書きたいと思います。

現在、4/24-26でフロリダで開催されている

COE2017というCATIA(3次元CAD)の

イベントに来ています。

http://www.coe.org/2017conference

このイベントは、CATIAユーザ会と

CATIAの製造元であるダッソーシステム

との共催イベントになります。

CATIAの中では一番大きなイベントと

言っても過言ではありません。

 

3次元CADの世界で3大CADというと、

CATIA、Creo、NXになるのですが、

CATIA以外のCADについても同じような

イベントが開催されます。

なぜか、この時期(4月、5月)に集中

します。

 

COE2017については後で詳述すると

しまして、ご参考までに、

CATIA以外のCADイベントは

以下となっています。

 

Creoの製造元であるPTCは、

5/22-25でボストンで、

http://www.ptc.com/events/liveworx-2017

NXの製造元であるSiemensは、

5/8-11でインディアナポリスで、

http://www.plmworld.org/connection2017

それぞれ開催されます。

 

それぞれのCADにおいて日本でも同様の

イベントが行われるのですが、

一番の違いは、イベント参加費が

日本だと無料、アメリカだと10万ぐらい

します。

 

アメリカ人が聞いたらびっくりする

でしょうね。

正直、日本とアメリカのイベントの

充実ふりを見ても、それ程違いは

感じられません。

 

なぜ、これほどまでに金額に

違いがでてしまうのでしょうか?

正直、詳細は知りませんが、

以前聞いた話によると、

アメリカのイベントは、

製造元でなくユーザー会主体となり、

開催するので、ユーザー会を維持して

いくためにもそれぐらいの参加費が

かかるとのことでした。

 

唯一、アメリカのイベントの利点は、

朝、昼を食事が参加費に入っているのと、

夜も簡単な軽食が出るときもあります。

 

私自身、アメリカに来て、

去年、Creoのイベントに行き、

今回のCATIAイベントが2回目になります。

CreoとCATIAのイベントを比較すると、

Creoの方が豪華さがあります。

 

参加人数も多いですが、

基調講演なども有名人を呼んだりして、

そういったところにもお金を掛けて

いる感じです。

 

正直、どっちの会社が儲かっているかは

分かりませんが、自動車業界に限って

いうと、CATIAのシェアの方が大きいですね。

 

プレゼン中の質問も平気

日本とアメリカのプレゼンの違いを

見ると、聴講者がプレゼン中にも

普通に手を挙げて質問することです。

これは、よく聞くことかと思いますが、

実際に本当です。

 

ただ、中には空気を読まずに質問ばかりし、

プレゼンが中々進まないなんてことも

あるので、バランスが必要ですね。

 

PTC Liveworx2017にも参加予定です

今年もPTC Liveworxには参加予定です。

去年同様、ボストンで開催です。

ボストンの雰囲気が好きで、

朝はランニングしたりします。

シーフードがおいしいですが、

全体的に物価が高く、ホテルも高いです。

ハーバードやマサチューセッツ工科大学

があるのでも有名ですね。

来年のCOEは?

今年、COEに出てみてイベントの雰囲気も

分かったので、来年参加するかは

分かりませんが、場所はカリフォルニアの

サンディエゴで開催されるらしいです。

 

来年は、まだ参加したことがない、

Siemensのイベントに参加したいと

思っています。

 

モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【近況報告】

引き続き、本日も朝から晩まで

英語のプレゼン漬けになっております。

 

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・英語の勉強

・新プロジェクト継続中

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*