【74】ハイコンセプト要約

今日は夏休み最終日となりました。
朝からランニングし、その後、ランニング先の
池の畔で家族で朝食。
その後は、まったりと過ごしました。
明日から仕事ががんばりましょう。
---------------------------------------------—
今日は、「ハイコンセプト要約」
というテーマで書きたいと思います。
今日は夏休みの成果のひとつであるハイコンセプトで
読んで、その本の要約について書きたいと思います。
この本の要約は自分なりに以下であると思っています。
以下のことを意識しながら生きていきたいと思っています。
~・~・~・ ~・~・ここから要約 ~・~・ ~・~・ ~・~・
・今後は、情報化社会からコンセプチュアル社会へと変化していく。
・情報化社会で活躍していたナレッジワーカー(弁護士、プログラマー、
MBA取得者)の仕事がコンピューターやインターネット、
新興国(中国、インド)などに取って変わられてしまう。
・要は、今後の仕事において以下の3点を避ける必要がある。
①よその国、特に途上国にできることは避ける
②コンピューターやロボットにできることは避ける
③反復性のあることは避ける(ロボットかコンピューターがやってしまうか、
アウトソーシングされてしまうため)
・では今後のコンセプチュアル社会では、どういう人が必要とされるか?
それは、何かを創造できる人や他人と共感できる人、パターン認識に優れた人、
そして物事に意義を見いだせる人である。
・そういう人になるための6つの資質を磨く必要がある。
①デザイン、②物語、③調和、④共感、⑤遊び、⑥生きがい、である。
これらは誰にでも身に付けることができる資質である。この6つの資質の重要性
にいち早く気づいて、自分でその資質を磨かなければ、これからの先進国社会で
よりよい生活を維持していくことはできないだろう。
~・~・ ~・~・ ~・~・ ここまで要約 ~・~・ ~・~・ ~・~・
Android携帯からの投稿

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*