2017年 10月 の投稿一覧

【796】アメリカでホビー用ドローンを飛ばすときの規制について

 

 

 

 

 

今日は、

『アメリカでホビー用ドローンを飛ばすときの規制について』

というテーマで書きたいと思います。

アメリカでドローンを飛ばすときに、

ドローンの重量や飛行可能領域など

規制がどうなっているのか?と、

不安に思うことはないでしょうか?

 

折角のアメリカでドローンを

使って、素晴らしい景色や

思い出の動画、写真を撮ろうと

思っても、

規制のことばかり心配していては、

面白くありません。

 

今回は、仕事やビジネス目的でなく、

趣味としてドローンをアメリカで

飛ばす際に気をつけておきたい

規制について記したいと思います。

 

なお本記事はアメリカにおいて

ドローンなどの規制取り締まっている

アメリカ連邦航空局(FAA)の

ホームページから情報を得ております。

FAA(Wekipedia参照)

 

FAAが定義するホビー用ドローンとは

前述したFAAが定義するホビー用ドローンとは、

どういったものなのでしょうか?

2017年10月3日現在のFAAホームページによると、

以下の条件となっております。

FAAのFAQより抜粋

まず法律やFAAの規制に従い、

アメリカでホビー用ドローンを飛ばすためには

2つのオプションがあるようです。

どちらを選択するかはオペレーターが

決めることができるようです。

【オプション1】

模型飛行機の特別ルール
(Public Law 112-95 Section 336)

に従って飛行する必要があり、このルールの下では、

  1. 趣味やレクリエーション目的のためだけに飛行する
  2. コミュニティベースの安全ガイドラインに従う
  3. 視覚の見通し内でドローンを飛行させる
  4. 有人航空機への道を譲る
  5. 空港から5マイル以内で飛行する場合、
    空港および航空管制塔がある場合は、事前通知する
  6. 各地域組織によって認定されていない場合、
    55ポンド以下(約24.9kg以下)の重さのドローンが飛行可能

【オプション2】

FAAの小規模UAS規則(14 CFR part 107)に基づいて飛行する。
このルールの下では、

  1. ドローンをFAAに「non-modeler」として登録する
  2. FAAリモートパイロット証明書を取得する
  3. Part107の運用要領に従う

少し堅苦しい文章が続きましたが

理解できましたでしょうか?

 

飛ばせるドローンの大きさが分かったところで、

次はどこで飛ばせるのか?というのが

気になるところ。

FAAでは以下のように案内しています。

 

アメリカでホビー用ドローンを飛ばせる場所とは

 

ホビー用ドローンの飛行領域は、

FAAによると2つの確認方法があるようです。

ひとつは、

FAAが提供するB4UFLYと呼ばれるモバイルアプリにて、

飛行領域を確認できるようです。

このアプリについては、どこかで使い勝手を

レビューしたいと思います。

もうひとつは、

もしくはFAAサイト内のWhere to flyのセクションでも、

確認できるようです。

 

いかがでしたでしょうか、

ドローンを飛ばしなれた日本と違い、

アメリカなど国も違うと規制も

変わってきます。

これらの規制を確認し、気持ちよくドローンを

飛行させたいものです。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

————————-—-
モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【近況報告】

6ヶ月ぶりに定期歯科検診へ

 

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・英語の勉強

・新プロジェクト継続中

 

【795】アメリカ連邦航空局FAAが観光地10箇所でドローン飛行規制開始

今日は、

『アメリカ連邦航空局FAAが観光地10箇所でドローン飛行規制開始』

というテーマで書きたいと思います。

アメリカの連邦航空局FAAは、

自由の女神やマウントラッシュモアを含む

アメリカ国内の観光地10箇所に対し、

ドローンの飛行を制限をする新しい規制を

発表したとのこと。

発表によると、「これらの観光地では

ドローンの飛行を高さ、側方境界内で

最大400フィートに制限する」

としています。

以下が、その観光地10箇所になります。

 

①自由の女神像(ニューヨーク)

 

②ボストン国立歴史公園 U.S.S. Constitution(ボストン)

 

③独立記念国立歴史公園(フィラデルフィア)

 

④フォルソムダム(カリフォルニア)

 

⑤グレンキャニオンダム、レイクパウエル(アリゾナ)

 

⑥グランドクーリーダム、グランドクーリー(ワシントン)

 

⑦フーバーダム(ネバダ)

 

⑧ジェファーソン国家拡大記念碑(セントルイス)

 

⑨マウントラシュモア国立記念館(サウスダコタ)

⑩シャスタダム(カリフォルニア)

いかがでしょうか?

どれもドローンを使って絶景を

撮影したくなるような景色ばかり

ですね汗

 

この発表は、「米国の国家安全保障と法執行機関の要請」

に基づいているとし、

2014年に発行されたドローン飛行において

国立公園禁止措置の対象となっている場所が多い中、

今回、FAAが連邦局の観光地において

ドローンの飛行を制限したのは初めて。

 

確かに私も今年、アリゾナにある

ホースシューベントを訪れたとき、

ドローン飛行禁止の看板を見ました。

その時の記事は以下参照のこと。

【744】グランドサークルの旅から学んだドローン撮影

以下がその時に見た「ドローン飛行制限」

の看板です。

確かにホースシューベントは

以下のような景観で、

下に見えるドーナツ状の川にも

船で観光している人がいるので、

そこにドローンが落下したら危ないですね。

 

このように今までの禁止措置では、

国立公園内での「ドローンの離着陸、または操縦」

に関してだったが、

今回のFAAの発表には、公園や観光地の上空が

含まれているとのこと。

 

FAAの規制は10月5日から施行され、

違反者は、

「民事、刑事を含む、執行措置を受ける可能性がある」

とのこと。

最後までお読み頂きありがとうございます。

————————-—-
モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【近況報告】

今、DJIのスパークの購入を

妻と交渉中ですf^_^;

 

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・英語の勉強

・新プロジェクト継続中