2016年 10月 の投稿一覧

【666】すぐやる!(書評#2)

 

今日は、

『すぐやる!(書評#2)』

というテーマで書きたいと思います。

今日も、「すぐやる!(菅原洋平氏著)」

から気になった個所をご紹介したいと思います。

 

本書は、

人間が、何かしらすぐに行動に移せない際、

本人の意志に頼るのではなく、

脳の仕組みや性質に注意を払い、

脳を「やる気モード」にしましょう

という事が書かれています。

こういった経験ありますか?

早速ですが、

皆さん、こういった経験は、

ないでしょうか?

勉強中、インターネットで調べ物を

していたはずが、画面に出てきた広告

をクリックしてしまい、

それから気の向くままに

インターネットサーフィン、気付いたら

Youtubeで動画まで見ていた。

そして時間を見たら1時間も経過していた。

するべきことがあったのに、気付いたら

別の事をしていて時間が無くなってしまった。

そんな経験がないでしょうか?

一度、脳に見せてしまったら、逆らえない

著者いわく、脳は目に入った情報に

最も影響を受けるそうで、一度、

脳に見せてしまったら、もう逆らえない

とのことです。

では、どうればいいのか?

読書するためにスタバに入ったのに

スマホが目に入り、そのままFacebook

やらLineやらやってしまう。。。

これを回避するためには、とにかく

スマホを目に入らないようにする。

例えばカバンの中にしまっておき、

脳に見せないようにすることが

大切のようです。

私たちが何かを見たときには、

常に脳の中では「やるか、やらないか」

のせめぎ合いが行われているようです。

目にしたもの全てに対し、

こんなせめぎ合いをしていたら、

脳は凄く疲れてしまいますよね。

脳が余計なエネルギーを使っている

と言っても過言ではありません

我々が良く言う、使ったものは

元の場所にしまう、というのも実は

脳に余計なエネルギーを

消費させないためです。

職場でも脳に無駄なエネルギーを使わせている。。。

会社でもパソコンやサーバーの中の

データが整理されていないことで、

あのデータは何処にいった?

と探すところから入ってしまい、

肝心のそのデータを使って、そもそもの

目的を達成するまでに時間がかかります。

そういった意味ではデータの格納場所

というのも凄く大事で、

私の専門分野でもある

デジタルエンジニアリングにおいても

正しい3Dデータが決まったルールで

PDMに登録されていないことで、

肝心の設計に取り掛かる時間がかかり、

せっかく良いアイデアが浮かんでも、

気持ちがなえてしまう、

なんてこともあり得ます。

すぐに行動に移るためには、

脳に余計なエネルギーを使わせないことが

重要だと言えそうです。

よくある子供のケース

ここまで書いていて思い出したのですが、

うちの8歳の息子のゲームでも同様な

ことがありました。

あまりにも息子がゲームをやりすぎ、

気がつくとゲームやりたい、やりたい

というので、ゲームを取り上げたこと

があります。そうすると、息子はゲーム

のことをあまり言わなくなったのです。

これもゲームという存在を見せない、

ゲームの脳内占有地を少なくしたことで、

ゲームを思い出すこともなく、ゲームの

事を口にしなくなったということ

なのかもしれません。

「すぐやる」ための簡単エクササイズ

その他にこの本では、

「すぐやる」ための簡単エクササイズが

紹介されていました。

その中から2つほどご最後に紹介したい

と思います。

パソコンのモニターはまめに消す

パソコンのモニターはまめに消す。

パソコンのモニターが付いていることで脳に

情報が入ってくるため必要でなければ

モニターを消すことで脳に入る

情報を絞ってやる。

そうすることでモニターを使わず

にすむ作業を進めることができます。

ToDo付箋をパソコンに貼りまくるのをやめる

やるべきことを付箋に書き出して

貼るのをやめる。

(あー、これよくやってしまいます)

脳は同時並行でいくつもの作業を

こなせると思ったら大間違いだそうです。

脳がすぐにやるためには一つの作業に

集中させることが重要で、

あれもこれもやろうという欲張りは

捨てたほうがいいようです。

どうしてもというときは、

付箋にやるべきことを書き、胸ポケット

などにしまっておき、ある作業が終わったら、

その付箋を取り出し、次の作業に取り掛かる。

そんな工夫が大事とのこと。

これは早速、職場で試していますが、

効果覿面でした。

ということで、今日はやるべきことに

すぐ手をつけるコツをご紹介させて頂きました。

最後までお読み頂きありがとうございました。

————————-—-
■今日のまとめ

・行動をすぐやるためには、
脳にあれもこれもやらせるのではなく、
優先的にやりたいものに一点集中する
ことが大事

・優先的にやりたいものに関係のない
ものは、視界に入らないようにすること
で脳に入る情報を絞る

————————-—-

モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【近況報告】

最近、職場での英会話で

会話が文章として出てくるように

なってきました。

少しずつですが、

文章で英会話をするための

脳内回路がつながり始めているのかも

しれません。

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・息子のアメリカ現地校でのイベントお手伝い

【665】自分が一緒にいたい仲間について考えてみた

 

今日は、

『自分が一緒にいたい仲間について考えてみた』

というテーマで書きたいと思います。

最近、海外で仕事をしていて違和感を

覚えていることがあります。

それは、海外駐在員は、日本サイドの

陰口が多いということ。

いや、これは言い過ぎかもしれませんね。

たまたま、うちの会社の海外駐在員が

そのような状態なのかもしれません。

何で陰口が多いのかな?と少し原因を考えてみました

①こちらへの出張者が色々と日本側の
陰口を言って帰るので、その影響を
受けている

②距離の問題もあり、日本サイドから
のメールのレスポンスの遅さに
疎外感を感じ、それに対し不満が募り
結果、陰口を言ってしまう。

③外から日本を見たり、他国と
比べたりし、結果、日本サイドの
アラ探しをし、評論家のように
なってしまう

ザッと考えただけでもこれらのことが

思い出されました。陰口の原因はさておき、

私自身が思うことは、陰口や、

評論家もどきになったり、上司の悪口をいったり、

そういった人ばかりと一緒に仕事をするのは

あまり気分がいいものではないということ。

確かに自分も陰口を言ってしまうことはある

かもしれませんが、否定的なことをいう人々と

一緒にいるのは気持ちいいものではありません。

たまたま、こんな文章を目にしました

最近、そんなことを感じているときに、

たまたま以下の文章を目にし、

折角なの今の自分の気持ちを記しておこうと

思ったしだいです。

その文章とは、

自分自身の人生を考えてみてください。
毎日、同じ人としか会わない、
同じことしかやらない、話題も変化もない、
仕事の話か愚痴ばかり。
そこには何も変化はありません。
成長はないですし、ただ歳を重ねるだけ。
「時間は命」とよく言われますが、
時間は有限です。
あっという間におじさん、おばさんに
なって年金生活、「自分の人生は本当に
有意義だったのか?」歳を取ってから
自問自答してみると、
自分ならどう回答するでしょう?

どうでしょうか?

私自身、色々と考えてしまいました。

自分の人生を有意義するために

誰と一緒に仕事をしたいのか?

そういった活動の中で、

自分は何者として生きて行きたいのか?

私の場合は現時点ですと、

海外と日本を何かしらでつなげていきたい、

そういったダイナミックな仕事を

していきたい、いつも同じこと、

同じ人と会うのではなく、自分よりも

何歩も先を行く人と会い、刺激を受けたい、

一緒に働く仲間は最高の気が合う仲間が良い、

そんなことを考えてみました。

以前のブログにも仲間について以下の

ようなことを記しました。

【573】人生の満足はモノよりいかに良き仲間に囲まれているか

この文章の中で出てくる、仲間についても

まさにその通りだと思うのです。

やっぱり一緒にいて前向きで、刺激の受ける

相手と仕事をしたいものです。

もちろん相手にばかり望んでいてはいけないので

自分自身が少しでも、理想の相手であるように

ならなければと身の引き締まる思いです。

人生は人それぞれですし、色んな価値観がある

と思いますが、今日は自分なりの自分の人生を

有意義にするために、そもそもどういった状態が

自分にとって望ましいのか、どういった仲間と

一緒にいたいのかを

書き散らかしてみました。

最後までお読み頂きありがとうございます。

————————-—-
■今日のまとめ

・陰口、愚痴など否定思考、評論家
みたいな人とは仕事はしていくない

・人生は一度きり、ポジティブ思考で
刺激の受ける相手と仕事がしたい

・相手に望むだけでなく、自分が
理想の相手になるように心がける
必要がある

————————-—-

モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【近況報告】

最近、目標設定の大切さを痛感します。
ある方が、仰っていた以下の事が、
頭の中をグルグルと回っています。

自らがどうありたいか、
心震えるようなあり方を言葉に落とす
「定性目標」と、
それだけでは緩むため、
具体的な数値設定をする
「定量目標」
の二つを掲げ、自らを律していく、
これが人生を好転させる秘訣だと
思っています。

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・英語の勉強

【664】こんな未来が来るのかな?ランク社会!

 

今日は、

『こんな未来が来るのかな?ランク社会!』

というテーマで書きたいと思います。

最近、英語のヒアリング力向上のため

ネットフリックスで英語の映画を

観ることを自分に課しています。

そんな中、

今日、ネットフリックスで「ランク社会

というドラマを観ました。

その内容があまりにも、

リアル過ぎたというか、

少しゾッとしたので、

備忘録がてら感想を記したいと

す。

正直、こんな社会が来たら

息が詰まるだろうなと思いながらも、

人工知能やビックデータ解析が

実現していくにつれ、人を様々なデータを

もとに客観的に分析、評価することは

簡単だろうなと思ったわけです。

では気になるドラマの内容は?

さっそくですが、ドラマの概要を

記していきたいと思います。

この「ランク社会」というドラマは、

ネットフリックスが独自に作成した

ドラマだそうで、未来を予想した

ドラマのようです。

人がお互いを5段階評価し合い

より高い評価を得ることに注力しながら

生きていく、そんな社会でした。

イメージは現在でいう、Facebookの「いいね」

と少し似ている気がしました。

誰かに有益な情報を渡したり、

共感を得たりするほど「いいね」の数は

増えるわけで、その数に一喜一憂するわけです。

それが「ランク社会」では

自分の評価になるので、より真剣になるわけです。

特に気になった映像は?

このドラマで印象的だったのは、

実生活の中での相手との関わり合いの中で、

相手の振る舞いなどから感じ取る評価を

スマホを使って相手に5階評価を送る。

相手に良い評価を送ったのに、

逆に低い評価が送られてくると、

「なぜだ?」と逆上したり、

自分の現在の評価ポイントは、常にレンズを

通して表示されているので、お互いの評価は

丸見え状態、そんな映像が印象的でした。

その他には、ポイントが高い人しか、

・入れないエリアがある

受けられないサービスがある

受けられない治療がある

よりポイントの高い人と交友関係が
あるほど自分も高く評価される

どうやったらポイントを上げられるか
をコンサルする職業がある

常に日頃の行いが評価されるので、

この評価点はあまりに透明性がありすぎ、

客観的でありすぎる反面、

人は自分の評価ばかりを気にしてしまい、

常に他人と自分を比べてばかり、

評価を上げることばかりに一生懸命になり、

何かを手に入れたくて、評価を上げようとする。

しかし、肝心の何をやりたいかを見失っている。

一見、社会貢献度が高い人や、

努力している人は評価点が上がり、

報われる反面、息が詰まりそうですし、

評価点が上がらず、離脱組みも出ると思いますし、

ポイントをもらうための不正や、妬み、恨み、

みたいなものも発生し、人との関わり合いが

希薄なってしまうのかな?と思ってしまいました。

ただ少なからず、

人工知能やビックデータ解析により、

その人となりを調べようと思えば、

調べられる世界が近いのは確かなわけで、

今のうちから自分自身を躾けていく事、

社会貢献を意識して行く事を、

習慣にしたほうが良いと思った次第です。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

————————-—-
■今日のまとめ

・人工知能やビックデータ解析の発展により
お互いを評価しあい、ランク付けする
世界が来るのかもしれない

・もしそうなると思うとゾッとする反面、
自分の評価は置いておいたとしても、
自分がより社会貢献することを意識し、
今のうちから自分を躾けることは大切

————————-—-

モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【近況報告】

こちらミシガン州は、
徐々に寒くなってきました。

そんな中、隔週で土曜は、
4歳の娘とダウンタウンに
ランチに行くことが多くなりました。

娘はあまり興味はないでしょうが、
ダウンタウンの気になる場所を
連れて回っております。

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・英語の勉強

・ダウンタウンの新しいお店発掘

【663】すぐやる!(書評#1)

 

今日は、

『すぐやる!(書評#1)』

というテーマで書きたいと思います。

ここ最近、

「すぐやる!(菅原洋平氏著)」を読んでいます。

 

本書は、

人間が、何かしらすぐに行動に移せない際、

本人の意志に頼るのではなく、

脳の仕組みや性質に注意を払い、

脳を「やる気モード」にしましょう

という事が書かれています。

そのための沢山の仕掛けが書かれています。

高い成果を上げる人に寝不足の人はいない

これは良く言われることかもしれませんが、

高い成果を上げるためには睡眠が大事だと

いう事です。

睡眠時間は個人差があり、

どれだけ寝れば高いパフォーマンスを発揮

できるかは、人それぞれだそうです。

その中でもバロメータにすべき指標が

あるとのこと。

起床4時間後に頭が冴えているか?

起床4時間後が、人間の脳が最も

活発になるようで、

1日で最も頭が良時間帯のようです。

ということで、

起床4時間後に頭が冴えるように

睡眠をベストにする必要があるわけです。

そのためのチェックポイントも

書かれていました。

ベスト睡眠のための6つのチェックポイント

もし起床4時間後に頭が冴えていない

ようであれば、以下の6つのチェックポイント

を確認する必要があるようです。

①ベッドの中では、読書、スマホ、音楽など

眠りに関係ないことはしない

②平日と休日の起床時間の差を

1時間に抑える

③朝、目覚めたら窓から1m以内に入り、

脳に太陽の光を届ける

④起床からおよそ6時間後に、

1~30分間、目を閉じる

⑤起床からおよそ11時間後の夕方には

何としても眠らず、できるだけ体を

動かして、体温を上げる

⑥翌朝の起きる時間を3回唱えてから寝る

私の場合、②が大切な気がしていたのですが、

中々実行に移すのが難しいのが現状です。

ただ、これを機に上記6つを少しずつ実行に

移して、ベストな睡眠をとり、

脳をパフォーマンスを上げたいと思っています。

 

最後までお読み頂きありがとうございましす。

————————-—-
■今日のまとめ

・高い成果を上げるためには
言わずもがな睡眠が大事

・人間は起床から4時間後が
一番脳が活発

・脳をベストな状態に保つため
にも、自分の睡眠について
6つのチェックポイントを
確認してみる

————————-—-

モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【近況報告】

年末に日本に出張するために計画を
立て始めました。

デルタ航空がミネアポリス⇔羽田便を
就航させたとのことで、利用したいと
思っています。

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・英語の勉強

【662】アメリカでのちょっとした節約(美容室代)

 

今日は、

『アメリカでのちょっとした節約(美容室代)』

というテーマで書きたいと思います。

今日はちょっとけち臭い内容ですが、

お付き合いくださいませ。

アメリカでも当然のごとく

美容室に行き、髪を切るわけですが、

皆さん気になるのは、

値段と技術力だと思います。

私の髪はかなり短くしているのですが、

日本では2週間に一度、美容室に通って

いました。通常、この日本の美容室で

髪を切ると、1か月に1回の値段(約4000円)

ぐらいでした。

ですが常連ということもあって2週間に1回、

半額の約2000円で切ってもらっていました。

アメリカでは2000円ぐらいから髪を切ってもらえます

私の話はこれぐらいにして、

肝心のアメリカでは、

それほど、技術力を求めないなら、

1回あたり2000円ぐらいで切って

もらえます。

私がいるミシガン州では、

スーパーやモールなどに多くの

美容室があります。

そういうところは、技術力重視でなく

ローコストと、スピード重視という

感じです。

私も渡米当初は、この2000円/回の

美容室で2週間に1回のペースで髪を

きってもらっていました。

それほど、髪型にこだわらない自分

としては、十分な技術力でした。

今は美容室にも行っていません

と言いつつも、現在は美容室にも

行っていません。

ではどうしているか?

家で嫁に日本で購入したバリカンで

髪を切ってもらっています。

別に嫁は元美容師というわけでも

ありませんが、私にとっては、

これで十分なのです。

ちょっと費用対効果を計算してみます

バリカン購入費用が約4800円でした。

もしアメリカでも美容室で通い続けて

いた場合、4000円/ヶ月の美容室代が

かかっていたので、約5万/年でした。

当然、バリカンのもとは既に取れて

います。

年間5万円浮くとなると、それなりに

使い道はあるのではないでしょうか?

私の場合、やはりアメリカならではの

ものや、ことにお金を使いたいと思い

ますので、例えば旅行で少し贅沢する

お金として使うことも可能です。

今日言いたかったことは!

今日のブログで言いたかったことは、

別に、けち臭く5万円を節約しました!

ということではなく、

自分がそれほど、こだわりのないもので

あれば、お金を浮かし、それを自分の

こだわりのあるものに回せたほうが

有意義ではなかろうかということです。

今回の話とは微妙に関係ないかもですが、

あの「金持ち父さん」を書いた

ロバートキヨサキ曰く、

貧乏人は負債にお金を使い、

金持ちは資産にお金を使う。

ここでいう資産とは、

お金を生んでくれるもの、

例えば不動産などになります。

今回の私の髪が負債とは言いませんが、

自分のこだわりのない部分にまで

無尽蔵にお金を使うのではなく、

お金を使う場所、使わない場所を

意識することで、より良い人生が送れる

のではなかろうかと思っています。

————————-—-
■今日のまとめ

・お金の使い道に強弱をつける

・自分のこだわりのないものに
お金を使わず、こだわりのあるものに
お金を回すことで人生より良いものに
なるのでは!

————————-—-

モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【近況報告】

英語のリスニング力強化として、

アメリカのドラマを1日1本は観ること。

また英語の勉強時間を3時間以上/日に

することを自分に課すことを決めました。

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・ランチで新しいお店を開拓

・アメリカのコーン畑の巨大迷路を訪問

【661】ミシガン大学 救急病院での受診体験

 

今日は、

『ミシガン大学 救急病院での受診体験』

というテーマで書きたいと思います。

昨晩は色々とバタバタでした。

というのも、娘の喘息が発症し、

急きょ、ミシガン大学の救急病院に

お世話になることになったからです。

重症ではなかったのですが大事を取って、

また今後のために救急に行くことに

しました。

今回の体験を備忘録かねて

ブログに記すことで、

同様のケースに遭遇される方の

助けになれば何よりです。

それは金曜夜の一本のLineから始まった

この日は、夜に職場の飲み会があり、

それは丁度、乾杯の挨拶が始まった時

のことでした。一本のLineが届きました。

それは妻からで、娘の様子がおかしく

どうやら喘息の発作がでているとのこと。

症状から見て、朝まで待つより救急病院に

行ったほうが良さそうとの連絡でした。

急きょUber(タクシー)に飛び乗る

職場の飲み会は中座というか、

始まったと同時に帰ることにし、

誰かに送ってもらうのも申し訳ないので

Uberを呼ぶことにしました。

ものの5分ぐらいでUberが来たので、

そのまま家へ。

やっぱりUberは便利だと実感。

車で30分の距離で25ドル。

皆さんもUberアプリのインストールを

絶対、おススメします。

20時過ぎに家に到着、

そのまま自家用車に乗り換え、

ミシガン大学の救急へ。

15分ほどで到着。

ミシガン大学の救急(Google Map)

運よくお酒に口を付けていなかったので

私が運転しました。

まずは窓口で救急にかかりたいこと告げる

病院につくと、併設されている駐車場に

車を止め、そのまま病院窓口へ。

(後で知ったですが、救急の場合、専用

窓口に行けば、車を横付けするれば

そのまま車を預かっておいてくれるようです。)

つたない英語で救急にかかりたいことを

伝え、日本語の通訳を頼みました。

やはり医師との会話は、医学用語が多いので

日本語通訳が絶対必要です。

速やかに準備してくれ、トランシーバーを

使って、通訳してくれ全く問題なく

医師とコミュニケーション取れました。

救急用と思われる個室の治療室で治療を

受けたのですが、子供用にネット経由で

たくさんアニメなども観れ、

さすがにミシガン大学ということもあり、

施設は立派でした。

とりあえず診察を受け、念のために

肺のレントゲンを撮りました。

診断結果は、肺炎と喘息

診察の結果、肺炎と喘息と言われました。

これを聞いた時、朝まで待たずに救急に

かかっておいて良かったと痛感。

ここから長期戦へ突入することとなりました。

診察しては様子を見るを繰り返すため、

たぶん、帰宅は夜中の3時ぐらいになるだとう

と告げられました。

娘も治療のかいあり、みるみる元気になり、

逆にベッドで騒いで寝ない有様。

私も大事に至らなかったことに安堵すると、

急にお腹がすいたので病院内のSubwayで

サンドイッチを買って食べました。

息子は明日、日本人学校でしたが、

息子も寝不足になってしまうので

学校は休ませることに。

ようやく夜中3時ぐらいに帰宅へ

夜中3時でしたが帰宅できることになると

安堵の気持ちでいっぱいでした。

帰宅する際に窓口で色々と医療保険の

情報を聞かれたので、伝える必要がありました。

保険証を持ち歩いていなかったのですが

運よく、写真を撮ったものがあったので

それで何とかしのげました。

保険証の両面は念のため写真を撮って

いつでも見れるようにしておくと便利だなと

思いました。

色々とお世話をしてくれた看護士さんから

薬の説明があり3つほど処方されることに。

最寄りの薬局で手に入るので翌日取に行く

ことを告げられました。

本当に良くしてくれた看護士さんで

インド系の若い女性でした。

最後はありがとうと、握手をして別れました。

自宅で寝たのは夜中の4時半ぐらい

無事、帰宅し子供たちを寝かせ、

自分たちもシャワーなど済ませ

寝たのが4時半ごろでした。

娘もホントに元気になり、

スヤスヤと寝ておりました。

もし、金曜の夜の判断を誤り、

朝まで様子を見て病院へとしていたら、

たぶん、娘の状態ももっと悪化していたと

思うのです。

なので最悪の状態になる前に救急に

いったことは良い判断だったと振り返ることが

できます。

またうちの場合は、再度、娘の喘息で救急に

かかることが予想されるので、早めにこういった

経験をしておくことは、今後への大きな自信へ

となりました。

海外で生活される方は、最悪を想定して

事前に救急病院の位置を確認しておいたり、

実際にその場所に行ったり、日本語通訳の

サービスがあるかどうかなども調べておくことが

重要かと思います。

本当に何かあった時に、バタバタして

取り返しのつかないことになっては

いけませんので。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

————————-—-
■今日のまとめ

・最悪の状況になる前に救急に行く判断も
時には大事。

————————-—-

モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【近況報告】

本日は上記のブログを持って近況報告と
させていただきます。

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・救急病院での受診(ほど第一領域な気もしますが)