2016年 9月 の投稿一覧

【660】3年前のメールを見て振り返れたこと

 

今日は、

『3年前のメールを見て振り返れたこと』

というテーマで書きたいと思います。

本日、プライベートメールの

整理をしていて、3年前の2013年に

書いたメールで自分の人生目標に

いて書かれたものがありました。

そこには、どんな内容が書かれていたか?

そこには、自分の人生目標の1つに

海外と日本を繋げる仕事をする!

と書かれていました。

先日の

【650】海外赴任任期での目標を明確にする

というブログエントリーの中でも、

「何となく、

海外と日本を繋げる仕事をしたい

というのはある、ただその具体的

なイメージがまだ持てていないのが実情」

と記していました。

こ、これは。。。

これを見て、

「やばい、肝心の海外と日本を何で繋げる

のかが、3年たっても考えられていない」

ということに遅まきながら気付かされました。

3年前のメールにはこうも書かれていました。

自分が海外と日本を繋げる仕事をしたい!

その主な理由は、

人と変わった経験をすることで

 自己成長し代替不可能な人材になりたい、

② 海外という新しい場所を見れる、

 知れることに単純にワクワクする、

 未知の経験ができる

会社に頼らなくても生きていける

 稼ぐ力を得たい

やっぱり明確になっていない。。。

うーん、これって

やっぱり何で海外と日本を

繋げたいのかが明確になっていないですね。

先日のブログにも書いたのですが、

ここアメリカで自分の活動として今後、

触角を伸ばしていく方向としては、

自分の専門分野である

デジタルエンジアリング

趣味である

アウトドア

コミュニケーションの手段である

英語

だとイメージしています。

この3つの中で英語は活動していく

上でのコミュニケーション手段なので、

残る2つである、

デジタルエンジニアリング、アウトドア、

で海外と日本を繋げたいということに、

今のところ成ろうかと思っています。

これも今後の活動によって、

違う方向に触角が伸びていく

かもしれませんが。

3年経って変わったこともある

突然でしたが3年前のメールを

偶然にも発見したことで、

否応なく3年間の活動の強制的、

振り返りをすることとなりました。

確かに3年前に比べ活動拠点を

日本からアメリカに移せたことは、

かなり大きな前進になっている

かもしれません。しかし、このチャンス

をしっかりと物にしなければ、結局は、

以前と同様、自分が何で海外と日本を

繋げたいのか明確にできず、

この貴重な海外赴任が終わってしまいます。

そうならないためにも、

ここでネジを巻きなおし、行動を

加速させていこうと思っています。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

————————-—-
■今日のまとめ

・直近の活動は専門である
デジタルエンジニアリングと、
アウトドア、英語、という
3つに絞って活動していく

————————-—-

モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【近況報告】

久しぶりに日本在住の方と

スカイプで近況報告。

微差を積み重ね自己変革、

大気圏突破をお互いに誓うことが

できました。

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・新たなトーストマスターズに参加

・スカイプ面談1件

【659】アメリカの大学でトーストマスターズに参加

 

今日は、

『アメリカの大学でトーストマスターズに参加』

というテーマで書きたいと思います。

先日は2度目の

アメリカトーストマスターズに

参加してきました。

私の住む付近には10個ぐらいの

トーストマスターズクラブが

あるのですが、時間帯も考慮し、

この日はこのクラブにお邪魔する

ことにしました。

このクラブ、ある大学の中に

あるのでお洒落だなーなんて思いつつ、

いざクラブに参加してみると、

ほとんどが大学生。当たり前かーと

思いながらも、せっかくここまで

来たのでスピーチだけでも聞いていこうと

思い、聴講。さすがに私の英語力だと

ほとんど何を言っているのか聞き取れません。

というか、そんなレベル

よくトーストマスターズに参加するなと

言われそうですが。

本当は英語力が上がるであろう来年当たりに

本場アメリカのトーストマスターズにデビュー

できれば御の字だな、なんて思っていましたが

「全ての学びは前倒し」を、モットーにしている

私としては、こんな事じゃいけない、

赴任には任期があるんだ、やはり全てを前倒しに

しなければ、という神の声が発動され、

クラブに参加したのでした。

最初は、大学生の集まりにガッカリしましたが、

スピーチを聞いてみると、人前で話し慣れている

というか、潜在的な才能を感じぜざるを

えませんでした。ジェスチャーや表情などが

豊かなために言っていることも何となく

分かってくるのが不思議です。

今回のクラブは全部で20人ぐらいはいたでしょうか。

うち15名ぐらいは大学生でした。

その大学生の国籍も多岐に渡っていて、

ざっと見たところでもアメリカ、アジア、インド、

思われる国籍。中でもアジア系が半分は

占めていました。ただ残念ながら日本人では

ないと思われました。というのも、私が自己紹介した

際に、日本企業で働いていると軽く言ったのですが、

反応がいまいちでしたので。その他、感じだことは、

学生たちが裕福そうに見えました。

アメリカの大学は年々学費が高くなっていると

聞きますので、そこに通える学生もそれなりに

裕福な家庭の出なのだろうと思いましたし、

将来有望そうにも見えました。

ということで、場違いではありましたが、

大学生のトーストマスターズに参加したことで、

今まで見れなかったアメリカの大学生の活動を

垣間見ることができ、もし時間が巻き戻る

のであれば、こういった大学に通いたかった

と思いましたし、自分の子供にはお金を投資

してでも、こういった海外の大学に通い、

世界中の優秀な人材と触れることで切磋琢磨

していってほしいなと思ったわけです。

今回は、父ちゃんの少し無謀な行動でしたが、

これをすることで新しい世界を自分の目に

焼き付けられ、自分の子供に経験させたい

世界をイメージできたことは良かったなと

思っています。

最後までお読み頂きありがとうございました。

————————-—-
■今日のまとめ

・一見無謀だと思える行動でも何かしらの成果
は掴めるもの

————————-—-

モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【近況報告】

職場で感動した出来事がありました。

職場のアメリカ人が分からないことがあると

すぐに日本側に確認しようとするので

自分たちで調べ切った後で日本側に聞こうよと

先週、私から話をしました。

そうしたところ、かなりガッツリと調べたらしく

日本語のマニュアルや、メールも最近は

翻訳ソフトで訳したりしています。

自分の気持ちが伝わったのかは定かでは

ありませんが、そうやって努力してくれる姿勢

を見て、感動せずにはいられませんでした。

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・新たにトーストマスターズに参加を画策

・専門分野であるデジタルエンジニアリングで
人脈構築のためイベントやカンファレンスを調査

【658】海外で実感した、子供の適応力のすごさ

 

今日は、

『海外で実感した、子供の適応力のすごさ』

というテーマで書きたいと思います。

私には現在、日本でいう小学生と

幼稚園の子供がいるのですが、

うちの子がローカルの学校に

馴染んでいくのを見て、

改めて子供の適応力はすごいな

と思うわけです。

うちの地域の小学校ですと、

平日はローカルの学校、

土曜日は日本人学校があります。

まだ私自身この日本人学校の

存在意義がはっきりと

していないですが、正直、右に

倣えで通わせています。

今のところ、日本に戻った時に

日本の勉強に遅れないように、

日本語がおろそかにならないための、

存在だと思っています。

最近、うちの子供が言うことは、

ローカルの学校は日本の学校より

楽しいということ。

こちらの日本人学校との比較は

もちろん、日本で通っていた

小学校よりもローカルの学校の

ほうが楽しいと言うのです。

これには正直驚きました。

ローカルの学校にはクラスに、

うちの子以外に一人しか

日本人がいません。

それにも関わらず、楽しいと

言うのはどういうことか?

子供に聞くところ、外で遊んだり、

パソコンを使ったりする

ゲーム感覚の授業が多いと聞きます。

要は机上で色々とやるよりも、

もっと直感的に楽しむ授業に

なっているのでしょうか?

なぜアメリカの小学校の授業の

ほうが楽しいのか?

この理由はまだ自分の目で確かめた

わけではないので、適当なことは

書けませんが、今のところ、日米の

小学校の違いを聞かれると、

上記の事が思い出されます。

少し興味があるのでもう少し

違いを探りたいと思っています。

それにしても平日はローカル学校、

土曜日は日本人学校と、日曜日しか

自由になる時間がないので、

一番大変なのは子供かもしれません。

もちろん両方の学校から宿題も

がっつりでますので。

しかもそれぞれの言語で。

なので親として大事なのは、この宿題に

一緒になって取り組む姿勢と、

束の間の休み時や、学校が長期休み

になる時には、目一杯遊ばして

あげることが重要です。

今日もお読み頂きありがとうございます。

————————-—-
■今日のまとめ

・うちの子供は日本よりアメリカの
小学校の方が楽しいという。

・今のところ理由として考えられるのは、
アメリカの小学校は授業で外で遊んだり、
パソコンを使ったりするゲーム感覚の
授業が多いことぐらい。

・要は机上で色々とやるよりも、
もっと直感的に楽しむ授業に
なっているような気がしている。

————————-—-

モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【近況報告】

最近、本場アメリカのトーストマスターズ

に参加し始めました。

こちらでのご縁も少しずつ広げていこうと

思っています。

自分の人生はご縁によって変化していく。

すべての学びは前倒しで。

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・トーストマスターズ参加の事前連絡

【657】もうすぐ渡米4か月、今を振り返る

 

今日は、

『もうすぐ渡米4か月、今を振り返る』

というテーマで書きたいと思います。

アメリカに来てもうすぐ4か月が

経とうとしています。

家族が来て2ヶ月というところです。

ここまでを振り返ってみると

色々なことがありました。

もちろん仕事でも色々とありましたが、

今日は仕事以外の事で振り返りをして

みようと思っています。

トラブルや挑戦や誰もが通る道など

様々なことがありました。

ちょっとしたトラブル関係

・妻が家のカギを紛失

→これは近くのホームセンターに行き

合鍵を機械で作成し凌ぎました。

・妻の車の納車過程でなぜか違う港に

ついてしまい納車が2ヶ月遅れる。

遅れて来たにも関わらず

オーディオが付いておらずオーディオを

待つことに。

・トイレの流すレバーが折れ使用不能に。

→自分でホームセンターでレバーを購入し

修理

・お隣さんがあまりいい人じゃない

→人間関係の難しさを痛感。でもこれも

試練と思い楽しむ

ちょっとした挑戦

・家族でキャンプ

→日本でやったことがなかったキャンプ。

こちらで購入したテントでキャンプ

・英語レッスン開始

→週一でレッスンに通う

・トーストマスターズに参加

→本場のトーストマスターズに参加。

本申し込みはまだこれから。

・カヤックを購入し川下りやカヤック

フィッシングを堪能

・日本のセミナーにウェブ参加

・昼休みランニングを再開

誰もが通る道

・自動車免許を取得(筆記、実技)

・家探し

・電話、インターネット契約

・ライフライン契約

・携帯電話の契約

・大家との英語でのコミュニケーション

・電話で英語を使ったコミュニケーション

・子供が現地校に通い始める

・家具など生活必需品の購入

まとめると

こうやって振り返ってみると、

色々と大変だったはずだし、

色々とやったという気がして

いたのですが、いざ書き出して

みると大したことやっていないな

とお恥ずかしいばかりです。

海外赴任を経て、どうありたいか?

という将来像から逆算し、

もっと大きなことを目標に上げ、

それに対する行動をしていく必要性を

強く感じたところです。

最後までお読み頂きありがとうございます。

————————-—-
■今日のまとめ

・自分自身で意外とやってきたと思って
いても、いざ書き出してみると大した
ことをやっていない

・もっと大きな目標を掲げ、
それを達成するための行動を多く
やる必要性を痛感

————————-—-

モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【近況報告】

今日は妻の車の納車がありました。

本文でも書きましたが、信じられないことが

このアメリカでは平気で起こります。

正直、イライラすることも多いですが、

これも試練だと思い、楽しもうと思っています。

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・妻の車の納車

【656】日本の人口問題と今後の発展について

 

今日は、

『日本の人口問題と今後の発展について』

というテーマで書きたいと思います。

ご存知の通り

日本は少子高齢化が進んでしまっており、

今後、生産年齢人口は減少していき、

2025年には全人口の3割は

高齢者(65歳以上)だと

言われています。

確かに世界各国の発展の歴史をみると

ほとんどが人口ボーナス期と

重なっており、

日本の今後の発展を普通に考えると

厳しい状況が待っていると

言わざるを得ないかもしれません。

 

しかし、ピンチをチャンスと

捉えではないですが、

国の稼ぎが減ったとしても、

技術力向上によっては、

一人当たりの稼ぎ=収入が減る

というとそうでもないのでは?

と思ったりもします。

 

なぜかというと、

確かに生産年齢人口は

減るのですが、

その減った分の労働力を

技術で補い、

時代に合った、

今までと同レベルの生産量や

価値提供ができるのならば、

一人当たりの収入は逆に

増える計算になります。

 

例えば10万円の収入の仕事を

10人でやったら1万円/人

になりますが、

10万円の収入の仕事を

技術導入により1人でやれたら、

単純に10万円/人の収入になります。

実際に、農業や建設業への

積極的なIoTやロボットなど

の導入により労働不足を技術で

補うことにより、今まで同様の

価値提供ができるかもしれません。

 

事実、農業へのIoT活用もよく

紙面で見ますし、

建設業へのドローン活用も

聞くようになりました。

 

そのように考えると

生産年齢人口が減ってしまうのは

いささか悲しいように思いますが、

考えようによっては

悲観的にならなくても

良いと思うのです。

 

ただ大事なのは技術力が

向上するという前提です。

 

なので日本は技術力向上と

人材の能力向上を決して

緩めてはいけないと思うわけです。

 

そういった意味で自分自身、

エンジニア、技術士として

更なる能力向上に対し

身の引き締まる思いをしたのは

言うまでもありません。

————————-—-
■今日のまとめ

・今後の日本の発展には
技術力向上、人材の能力向上が
必須。

・なぜなら例え生産年齢人口が
減っても、減った分を技術力向上や
人材の能力向上で補えば、
今までより少ない人的労働力で
今まで同様、それ以上の生産量、
生産レベル、収入を得ることができる

————————-—-

モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【近況報告】

本場アメリカのトーストマスターズに

入会するため最寄りのクラブ2つに

連絡を取り始めました。

本当なら英語力がそれなりにつくであろう

一年後ぐらいに入会を考えていましたが、

全ての学びは前倒しでを合言葉にしている

自分としては、トーストマスターズ入会も

前倒しが当たり前と考えたからです。

自分の人生が人とのご縁で決まるのである

ならば、そのご縁をできるだけ早く得ること

できれば、人生を加速度的に変革できると

思うからです。

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・トーストマスターズに連絡

【655】脳に逆らわず第二領域を実行する方法

 

今日は、

『脳に逆らわず第二領域を実行する方法』

というテーマで書きたいと思います。

最近タスク管理について

思うところがあります。

皆さんは、ToDoリストを作るも、

一向にタスクが減らない

なんてことないでしょうか?

 

私は正直そういったことがあります。

もちろんタスクを潰しても潰しても、

やることが減らないというか、

次から次へとやりたいこと、

やるべきことが湧いてきたり、

他人から振ってきたりします。

 

結果、仕事終わりに一向に減らない

タスクを見て、

自己嫌悪に陥ったりもするわけです。

 

この自己嫌悪の気持ちが湧いてしまうと

一日がすっきりしないというか、

更に行動力が鈍るといった

負の連鎖が始まるような気もします。

ある著名な漫画家は、

良い漫画を描くために自己嫌悪に

なるような行動を一切排除

しているそうです。

 

ということは、この漫画家さんは

自己嫌悪に陥る原因となる

タスクリストはそもそも作るない

のかもしれませんね。

もしくは作っていても

ビュンビュンタスクをこなせるかかも

しれません。

ある作業療法士は、

「すぐやらない」原因は、

脳が「すぐやる」モード

になっていないから。

人間には、

「やることをあと回しにするタイプ」

「切羽詰まらないとやらないタイプ」

などはなく、ただ私たちが自分の脳に、

「すぐやらない」ための情報を与えている

のが原因なのだそうです。

 

なかでも、<脳は、目から入った情報に、

もっとも大きな影響を受けて>おり、

「一度脳に見せてしまったら、

もう逆らえない」ということ。

 

あれもこれもやりたいと思って、

あれこれテーブルに載せると

その瞬間から脳は惑わされてしまい、

結局ひとつも達成できなく

なってしまうそうです。

 

ということは。。。

私のようにタスクリストを作って、

常に見えるようにしておくと

脳を惑わせ、結局ひとつも

達成できない。。。

タスクを終わらせるために

作っていたリストが

実はタスクを終わらせない

原因になっていたら、

考えただけでも怖い。。。

 

逆に、タスクリストを作る

としても、あれもこれも書く

のではなく、

これは必ずやるといった、

例えば第二領域的なものを

書いておくと、

それが実行され良い結果が

もたらされるかもしれません。

 

第二領域などは緊急性はなくとも

重要度はあるわけですから、

これを実行できると気分が

のること間違いなしです。

その証拠に本日は、ここ数日の

懸案事項(私にとっては

第二領域)を実施することが

でき気分がすごく良いのです。

そのおかけで、こういったブログ

を書く時間も作れたといっても

過言ではありません。

 

今後は第二領域のタスクリストは

常に見えるところにおき、

それ以外のタスクリストは作るが

あまり目の見えないところに

置くことでタスクを忘れることは

しないが、

あれもこれもといって脳も惑わせ、

結局ひとつもできていない

なんてことがないように工夫しよう

と思っています。

————————–
■今日のまとめ

・やるべきことを、あれもこれも
目の前に出されると
脳は惑わされ結局、何一つできていない
といったことも起こりうる。

・であるならば、
目に付くところには、第二領域が
書かれたリストを置くことで
それをやるようになり、
それ以外のタスクは別のリストを作り、
忘れない程度にたまに見るようにしては
どうだろうか。

————————-—-

モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【近況報告】

本日は英語でのプレゼンを実施。

実は明日が本番なのですが、

その前に明日のプレゼンに

参加できないという1名に練習

がてらプレゼンさせてもらいました。

これが意外とうまくいき

明日への小さな自信となりました。

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・英語プレゼン

【654】渡米3ヶ月 英語上達のターニングポイント

 

今日は、

『渡米3ヶ月 英語上達のターニングポイント』

というテーマで書きたいと思います。

渡米して3ヶ月が経ちました

渡米して3ヶ月が経ちました。

今の英語力はというと、

渡米当初に比べ少しずつですが

上達してきているかな?という状態です。

一般的に、英語上達は、

渡米後、3ヶ月、半年、一年に

ターニングポイントが来ると

言われるそうです。

もちろん本人の努力次第だとは

思いますが、私自身も少しは

上達したかなと言えるように

なりました。

渡米3ヶ月現在の英語学習内容は?

私自身がどういった英語学習を

しているかというと、

①毎朝スカイプ英会話30分

②会社までの行き帰りで
英語Podcastを聞く

③週1でプライベートレッスン60分

④プライベートレッスン宿題

というような勉強をしています。

これに加えアウトプットする場として

勤務時間は積極的にローカルに

話しかけるようにしています。

やはり大事なのはアウトプット

3ヶ月経って一番大事だと思うことは、

インプットだけでなく、

それらをどれだけアウトプットしたか?

どれだけ英会話したか、ということです。

実は今日もそれを実感したのですが、

ここ2日間、ローカルのセカンドハウスに

招待され、ひたすら英会話の日々だった

のですが、この間も積極的に英会話

しようと固く心決めていました。

そうやって無理やりにでも話題を作って

英語で話していると、渡米直後に比べ

少しはスムーズに英会話できるように

なってきたかなと実感したわけです。

こう考えると、やはり英語上達には

英会話というアウトプットと、

積極的にアウトプットしようとする

姿勢が大切だと、当たり前のように

思えるかもしれませんが、再認識した

次第です。

英語上達において更に大切なことは?

英語上達において

インプット、アウトプットよりも

更に大切なことがあります。

それは、

自分が、「いつまでに」

「どれぐらい」英語上達したいのか?

といった目標を立てることです。

そしてその目標を自分に刷り込み

常に意識することが大事です。

そんな私の目標とは?

偉そうなことを言って

お前の目標は何なんだ?と

言われそうですので、

恥ずかしながら宣言してしまうと、

①2017年中にTOEIC900点以上

②2017年6月のイベントで
英語スピーチ

③2017年中にアメリカの
トーストマスターズでスピーチ

というのが、今のところの目標です。

目標なので状況次第で変更はするかも

しれませんが、まずはこのように

目標を置きました。

正直、自分の中では厳しい目標設定に

してありますが、厳しくしたほうが、

行動がついてくることを何となく

今までの経験上実感しているので、

あえてそうしました。

更にブログにて目標を宣言することで

自分自身を追い込んだつもりです。

もちろん英語は手段

英語はコミュニケーションの手段の

一つなので、大事なのはその先の

自分がどうなりたいのかだと思っています。

これについては先日も以下のように

ブログに記したのですが、

【650】海外赴任任期での目標を明確にする

今だ自分の中でもボンヤリとしています。

なのでまずは、どうなりたいのかを常に

意識上に上げ、様々な行動をしていく中で

具現化していこうと思っています。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

————————-—-
■今日のまとめ

・英語上達においてインプットも大事だが
それ以上にアウトプットが大事

・アウトプットも惰性でするのではなく
意識的により多くのアウトプットを
することを心がけること

・更に大事なのは、どこまで英語を上達
したいのか?という目標設定をすること

————————-—-

モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【近況報告】

2日間ローカルのセカンドハウスに宿泊させて
もらい、カヤックキング(5時間)、
カヤックフィッシング、ATB
BBQ、ジップライディングなど、
アウトドア三昧でした。

来年の夏には家族で必ず訪れようと思っています。

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・ジップライディング体験

https://goo.gl/maps/CjNDqE7VNSQ2

【653】子供をアメリカの学校へ

 

今日は、

『子供をアメリカの学校へ』

というテーマで書きたいと思います。

以前、ちきりんさんの

「自分メディアはこう作る」

http://www.amazon.co.jp/dp/4163901752

という書籍から以下のような

ブログを書きました。

【600】海外駐在員が意識するべきグローバリゼーションとは

その中でも本日のブログタイトルに繋がる

内容として、以下を記しました。

・ちきりんさんが言うグローバリゼーションとは、

日本人に英語を習わせることではない。

それは、世界の人を受け入れること。

世界の多様性を受け入れること。

それにも関わらず、日本は海外赴任となると

英語ができる日本人を現地に送るが、

他国の場合、現地語ができ、

現地の慣習に精通している人材を

送り込むそうです。

そのほうが事業展開のスピードが

格段に速いという事。

要は日本企業のグローバル化という

のは遅れている、という論調でした。

確かにその意見は同意しつつも、

更に、やはり日本の企業が

海外進出するので

それを支える人材は

日本人であるべきだと思うのです。

外国人を現地に起用しても、

やはり自国の持続的発展を考えた際、

日本人を起用すべきだと思うのです。

一人でも多く海外で活躍す日本人を

日本の後世のためにも、

グローバルで活躍できる日本人を

増やしたい!今日は車の運転を

しながら、そんな事を考えていました。

身近なところで行けば、

自分の子供たちにはグローバルで

活躍できる人材になってほしい。

そのためには、安易な発想ですが

アメリカの大学に通わせたい。

そんなことを思ったわけです。

別にアメリカでなくてもいいのですが、

日本の学校だけにとらわれず、

どんどん海外に活路を見出してほしい

と思っています。

そうしながら、自分の好きなことを

探しながら、それを見つけたならば

その道で勝負すべく果敢に挑戦して

ほしい。

そしてグローバルに活躍して、

日本のプレゼンスを高めていって

ほしい。そんな風に思っています。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

————————-—-
■今日のまとめ

・自分の子供をグローバルで活躍できる
人材にするためにも、海外の学校、
例えばアメリカの大学に通わせるのも
一つの方法ではないかという内容

————————-—-

モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【近況報告】

家族で初のキャンプに行ってきました。

しかもアメリカで初体験とは身の程知らず

と言われても仕方がない。。。

ただ思った以上に楽しめ最初にしては

成功と言えるのではないかと思っています。

色々と反省はありますが、次に活かしたい

と思っています。

 

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・インベスターZ読書

・家族でキャンプ初体験inアメリカ