2016年 8月 の投稿一覧

【652】99%の会社はいらない(書評)

 

今日は、

『99%の会社はいらない(書評)』

というテーマで書きたいと思います。

先日から行動を起こすために、

様々な工夫をすることが必要で、

私の場合、

①タスクや期限を他人に宣言する

②億劫だと思っても初めの一歩を
踏み出してみる

③海外赴任の任期という期限を
活用する

④全ての経験(学び)は前倒しで
を意識する

など、自分なりの工夫や、

マインドセットについて

書いてきました。

今日も続けます。

たまたま読んでいた本にも似たようなことが

今、堀江貴文氏の

「99%の会社はいらない]

を読んでいます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

99%の会社はいらない [ 堀江貴文 ]
価格:842円(税込、送料無料) (2016/8/26時点)

 

そこに書かれていた内容で、

走り続けていれば少しずつ

足が速くなるように、

何かをやることによって

何らかの成果が現れるものだ。

面白そうだと思っていても

面倒で動けないことでも、

無理して動いてみることで

成果が出たりすると、

「うまくいってしまった」という

成功体験になり、次々と新しいこと

を始めるようになってくる。

動いたほうが得だな、という

学習効果が現れるようになる。

がというものがありました。

自分の思っていたことを

うまく言語化されていたので、

思わず引用してしまいました。

せっかくなので、この書籍の

気になったところを記したいと

思います。

好きなことを仕事にできる

数年前から好きなことをやろう

という書籍が目立ち始めましたが、

本書も最終的にはそれに帰着し、

好きなことを仕事にしようと

書かれていました。

これだけだと分かりづらいと

思いますので、

そこに行きつくまでの過程を少し

ご説明しますと、

①今後は自分の時間を生きることが
幸せの指標になる

②どういうことかというと、
「会社」という仕組みの中では
「他人の時間」に縛られることが
多く、やりたくもない仕事をさせられ、
ただ給料を貰うため、生活するため
だけに仕事をこなす。

③そうではなく、自分の好きなことに
夢中になり、それを仕事にすることで
他人の時間に縛られることなく、
自分の時間を費やす、楽しい忙しさ
を手に入れる

④今後はITの進化やAIなどにより、
幸運にも人間が今までの仕事から
解放される方向に進む。
したがって、より自分の好きなことを
仕事にできるチャンスが到来する

そのようなプロセスだったと理解して

います。

自分の好きなことって何?

では、自分の好きなことって何か?

自分は何を仕事にできるのか?

という声なき声が聞こえてきそう

ですが、確かにごもっともです。

それについても本書としては、

どんどん行動あるのみと

書かれていました。

少しでも興味がわいたものに

時間を投下しまくる。

結果、それを仕事にするのかも

しれませんし、違うなと思っても

また動いていることで、他の興味

対象に出会うことができる。

やはり行動したもの勝ちという

そんな内容が書かれていました。

私の周りにも、会社をリタイヤし、

自分の好きなことでお金を稼いで

いる人が多くいます。

彼ら、彼女らも確かに輝いている

ように思います。

「自分の時間を生きる」すごく

良い言葉だと思いました。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

————————-—-
■今日のまとめ

・自分の好きなことを仕事になり
夢中になることで、それは楽しい
忙しさであり、自分の時間を生きて
いることに他ならない。

・今後は、この自分の時間をいかに
生きられるかが幸せの指標となる

————————-—-

モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【近況報告】

日本ではお盆休みが終わったところですが、
ここアメリカでは特にお盆はなく、
個人が各々、この時期にバケーションを
とります。

私自身も来週はアメリカで初のバケーションです。
これまた初ですが明日から家族でキャンプに
行く予定です。

来年はロスまで飛行機、そこからキャンピングカー
をレンタルし、国立公園巡りをしたいと家族で
作戦を立てています。

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・英語の勉強

・インベスターZ読書

・家族キャンプの準備

【651】海外赴任という魔法の力

 

今日は、

『海外赴任という魔法の力』

というテーマで書きたいと思います。

先日、

【649】締め切り宣言の効用

という内容のブログの中で、

やるべきことが進まない時は

誰かにタスクと期限を宣言することや、

億劫でも初めの一歩を踏み出すこと。

そうすることで、流れに乗って事が進む。

気づくとあれ程、億劫だったタスクが

完了している。

そんな内容を書きました。

この「締め切り」について今日も続けます。

海外赴任には任期がある

一般的に海外赴任には任期があります。

大抵、3年と言われることが多いようです。

私も2~3年と言われています。

最近つくづく思うのが、この任期の

おかげで、このアメリカにいるうちに

アメリカでしかできない経験をどんどん

挑戦するぞ!という気持ちになるのです。

それも任期があるのだから、やりたいことは

前倒しでやっていかないと、

どんどんやりたいことが溜まっていきます。

なので全ての経験(学び)は前倒しで!

という言葉が自分の中にこびり付いております。

日本でやれなかったことも不思議と進む

これも不思議なんですが、

日本ではあれ程やろうと思っても

なぜかやれなかったこともアメリカでは

できてしまうことが多いんです。

私の場合、遊びの内容で恐縮ですが、

・カヤックフィッシング

日本だとカヤックは買ったのですが、

車に取り付けるキャリアを買うのが

後回しになり、結局実現しませんでした。

アメリカでは渡米1ヶ月で実現しました。

しかも家族皆でカヤックを体験という、

こともできました。

もちろん、

カヤックが安かった、

カヤックがキャリアなしで車の中に入った、

釣り場が近い

などの取り巻く環境面の効果もありますが。

・家族でキャンプ

キャンプに至っては、日本では

テントすら買うことをためらっていたのですが

アメリカでは、

テントなど必要なものを購入し、

ネットでキャンプ場を探し、

英語と格闘しながらネット予約し、

など、後は来週キャンプに行くだけと

なりました。

このように、任期という期限があるだけで

不思議とやりたかったことが実現するのです。

このような任期の魔力に乗っかり、

この際、色んなやりたい事をリストアップ

しておこうと思っています。

そして、任期が満了する時には、

やり残した事はない状態で、

更には、先日ブログにも

【650】海外赴任任期での目標を明確にする

ということを書きましたが、

自分がアメリカ赴任を経て

どうなっていたいか?

その後のキャリアはどうするのか?

自分が何者であるか?

自分はどこで勝負していくのか?

も考え、実現できるようにしたいと

欲張りな私は考えてしまうのです。

私の場合、海外赴任任期という

期限を活用していますが、

日本にいても、目標やタスクを

達成せざるを得ない状況に追い込む

ことで、気が付くとものすごく色々な

ことが達成されているかもしれません。

要は自分がやらざるを得ない環境を

どう作るかがポイントなのかと

思います。

最後までお読み頂きありがとうございます。

————————-—-
■今日のまとめ

・全ての経験(学び)は前倒しでという状況を
意図的に作ることで行動力が加速する

・そうやって行動を繰り返すことで
数年の月日が経った時に予想以上に成長
できている可能性もある

————————-—-

モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【近況報告】

今日は改めて与え続けることの
大切さを実感した日でした。
詳細は後日、ブログに書こうと
思っています。

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・子供のElementary Schoolの手続き

【650】海外赴任任期での目標を明確にする

 

今日は、

『海外赴任任期での目標を明確にする』

というテーマで書きたいと思います。

最近、特に意識しているのが

本日のテーマである、海外赴任中の

目標について。

今までは海外で赴任するために

色々と準備してきましたし、

海外での仕事や生活がシームレスに

送れることがある意味、目標でした。。。

ただ、肝心な自分がアメリカ赴任を経て

どうなっていたいか?その後のキャリアは

どうするのか?もっというと、

自分が何者であるか?

自分はどこで勝負していくのか?

などを真剣に考えていなかったことに

遅まきながら気が付きました。

それとなく海外でやってみたいことはありました。

と言うものの、全く考えていなかったと

いうか、それとなく、こういうことを

やってみたい、こうなりたい!

というのはありました。

例えば、

・一年以内に自分の専門分野のイベント
で英語でプレゼンする

・仕事でローカルの信頼を得る

・釣りをしまくる

・家族と旅行しまくる

などです。

ただこれらは手段であり、

それをしてどうなりたいのか?

今後の自分や家族がどうありたいのか?

まで深く考えていなかったことに

気付かされました。

とにかく意識上に上げる

そうは言っても、

その後のキャリアをどうするのか?

自分が何者であるか?

自分はどこで勝負していくのか?

という、命題は壮大すぎて

すぐに答えがでるものではありません。

何となく、

海外と日本を繋げる仕事をしたい

というのはありますが、

その具体的なイメージがまだ持てていない

のが実情です。

ですが、まずはこれをしっかり考える

ということを意識上に上げ、常に考える

ことが大事だと思っています。

そうすることで、自分の中でアンテナが

立ち、少しずつイメージが鮮明になって

いくと思っています。

そのためにも毎日、新たなことに挑戦し、

加速度的に経験していくしかないと

思っています。

最後までお読みいただきありがとうございます。

————————-—-
■今日のまとめ

・海外赴任後の自分のキャリア目標を
真剣に考える

・まずはこの考えることを意識上に
上げることでアンテナがたち、
目標明確化の一助になる

————————-—-

モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【近況報告】

来週のバケーションで家族でキャンプを
予定しているため、そのためのキャンプ
用品を買い出しに行きました。

不思議ですが日本で実現できなかった
家族キャンプも、この異国のアメリカ
という土地では実現できそうです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・キャンプ用品買い出し

・トイレ修理

【649】締め切り宣言の効用

 

今日は、

『締め切り宣言の効用』

というテーマで書きたいと思います。

今日は色々とやるべきことが片付き、

これらのタスクが残っていることで、

なんとなく気分がどんよりと

していたのが、解消されました。

では、どんなタスクだったか?

どんなタスクだったかというと、

アメリカで住み始めると最初に

色々とやるべきことがあります。

いわゆる生活基盤の立ち上げ

というやつです。

その中でも本日は、

①妻のソーシャルセキュリティナンバー

取得、②妻を銀行口座の共同名義へ、

③自動車免許取得(学科試験)、

おまけで④歯医者

これらのタスクを実行に移せました。

英語でのやり取りが億劫

そうなんです。なんでこれらの

タスクが進まなかったかというと、

仕事を抜けなければいけない、

というのもありますが、

各場所で英語でやり取りするのが

億劫だったんです。

ただ全て終わってしまうと、

特に問題なく、あっけなく

終わったなという感じです。

皆さんもこういう経験はありませんか?

このやるまでは、何だかんだ

理由をつけてやらないのに、

いざやってしまうと、

大したことなく終わり、

こんなんだったらもっと早く

やっておくべきだった。。。

なんてことがありませんか?

私は良くあります(汗)

特にアメリカに来てからというもの

全てが、やる前にブレーキがかかって

しまっています。

例えば、あるお店に入ることや、

公共関係の手続き、英語での電話など。

これらも結局やってしまえば

大したことがないことが多いのです。

なので最近は、迷ったときは

とにかく一歩目を踏み出す。

そうすることで、あとは流れに乗って

ことが進んでいくのです。

お店に入るのが億劫になっても、

とりあえずお店のドアを開けてしまう。

すると店員が声を掛けてきて、

席に座って、注文する。みたいに、

どんどん流れていきます。

それでもやらないタスクもある

今日の私のタスクは、実はずっと

タスクリストに残っていました。

色んなやらない言い訳をして

やらずに放っていました。

では、そんな暖めていたタスクを

どうやって重い腰を上げるように

したのかというと。

それは締め切りを他人に宣言すること

私の場合、数人の仲間でFacebookの

グループを作成し、そこに毎週の

タスクを宣言することをしています。

今回のタスクは毎週、このグループに

投稿していましたが、それでも

やりませんでした。

ですが、ずっと忘れずに頭の片隅に

残っていました。

こうやって締め切りを他人に宣言し、

そのタスクを脳に刷り込んだのが

良かったのかもしれません。

私はこのグループを使って、

緊急ではないが、重要なこと。

7つ習慣でいう第二領域や、

自分の習慣にしたいものを

意識的に宣言するようにしています。

他人としては、それほど私の

宣言を気にしていないと思いますが、

やはり人間というものは、つくづく

まじめだと思うのですが、宣言する

ことで他人と約束をしたように感じ、

その約束を果たそうとするのです。

こうやって、毎週、第二領域のタスク

を宣言したり、習慣化したいタスクを

宣言していると、数年後には驚くべき

成果を手にしているかもしれません。

という、期待を持ちつつ実践していきます。

最後までお読み頂きありがとうございます。

————————-—-
■今日のまとめ

・どうしてもやらずに残ってしまう
タスクは締め切りを他人に宣言してしまおう。

・そうすることで他人と約束したと思い、
何とか、そのタスクをこなそうとする

・それらの宣言が、第二領域のタスクや
習慣化したいタスクであれば、
リターンが大きいというもの。

————————-—-

モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【近況報告】

今日は、以下の自分の中では第二領域

だったことを多く片付けることが

できました。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・妻のソーシャルセキュリティナンバー取得

・口座に妻を追加

・自動車免許の学科試験受験→無事合格

・歯医者通院

【648】アメリカ生活2ヶ月経過、今を振り返る

モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【近況報告】

久しぶりの投稿です。

なぜかブログの投稿ができず、

日本から持ってきたパソコンだと

投稿ができるという有様。。。

なぜでしょうか?

——————————

今日は、

『アメリカ生活2ヶ月経過、今を振り返る』

というテーマで書きたいと思います。

アメリカに来て、早2ヶ月が経ちました。

この間、いろいろとありましたが、

特に大きな問題もなくやってこれています。

そんな中、まずはこの2ヶ月を振り返りを

投稿したいと思います。

課題はやはり英語

自分の場合ですが、今何が一番課題かというと

それはやはり英語力です。

何とかローカルともコミュニケーションを取れては

いますが、やはり完全に満足いくものではありません。

こちらでは報告書も、報告も英語なのですが、

書くことはできても、うまく話すとなると

満足できていないのが現状です。

なので週に二回ほどプライベートレッスンに

通っているのと、毎朝、スカイプで英会話を

やっています。

特にプライベートレッスンは日本人の先生に

教わっているのですが、これが今の自分の

レベルには合っているなと思っています。

どういった表現が自然な表現なのか?

そういったことを日本語で確認しながら

教わることができるのがメリットです。

どれだけ日本側に知り合いがいるかがポイント

私の仕事の場合は、日本側と連携しながら

業務を進めて行く事が多いため、

日本側にどれだけコネというか、知り合いが

多いかで仕事の進み具体が違います。

問題が起きたときに誰に相談すべきか、

日本側のカウンター部署は誰か?

現場が動いてくれないときには、

どの上位に掛け合うべきか?

またアメリカサイドでも、ローカルの動きが

悪い時に、自分のような日本からの出向者の

誰に相談すれば、仕事を加速させられるか?

まとめると、日本側とアメリカ側に、日本人の

人脈をどれだけもっているかが業務を進める

上でポイントとなっています。

意志表示が大切

私生活では、意志表示の大切さを実感しています。

先日、こちらで購入した釣り竿が3回ぐらい使用

しただけで壊れました。

さすがにこれはないと思い、お店に行き新しいものに

交換してもらいました。

もし英語が苦手だからといって、

交換してもらわなかったらと思うと。。。

英語が苦手でも面着で意志を伝えれば何とか

なるもんだなと痛感しました。

ただ電話となるとこれがまるっきりダメで

ホントに伝わらないし、相手の英語も聞き取り

づらいです。そうなるとやはり面着での

コミュニケーションに軍配があがります。

アメリカ人はやっぱり時間や約束にルーズ

先日、自宅のカーペットクリーニングを頼んだのですが、

予約した日時でなく、全く違う日に今から行っていいか?

と電話してきたり、逆に予約した時間にこなかったりと

結局5回以上リスケをして、ようやくクリーニングして

もらいました。

これなら自分で機械を借りてきてクリーニングしたほうが

早かったし、満足いくまでクリーニングできたなと。

ただこういったルーズなアメリカ人ばかりではなく、

中にはしっかりと約束を守り、誠実に仕事をこなしてくれる

人もいます。こういった当たり前のことをきっちりこなせる

人との間には信頼も生まれます。

とにかく夏を楽しむ!

ここミシガンは冬が厳しいだけあって、

皆、夏を全力で楽しむ雰囲気があります。

キャンプやアウトドアなどで楽しむのが典型的です。

私も遅れまいと、さっそくカヤックを購入し、

釣りに出かけています。

カヤックも購入するか迷ったのですが、

いざ買ってみるとやはりいいもんです。

こういった小さな迷いが多いのですが、

例えば、このお店せ入りたいけど、

英語も苦手だし、次回にしようかな?と先送り

してしまいがちです。

こういうのも先送りせずにどんどん行動していく

ことが大切で、この小さな行動の積み重ねで

その後の経験値に差が生まれてきます。

迷ったときは、致命的でなければとにかくやってみる!

そういった気構えが必要だと思います。

 

いろいろと書きましたが、

こんな感じでアメリカ生活を楽しんでおります。

これからもこのアメリカの地から情報発信をしていきたいと

思っています。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

————————-—-
■今日のまとめ

・当たり前だか海外勤務に英語は力はあったに越したことはない

・どれだけ日本側にコネや人脈をもっているかが業務遂行のカギ

・英語が苦手でも意志表示しないと損をする

・時間や約束を守るといった当たり前の行動が信頼関係に繋がる

・迷ったときは、致命的でなければとにかくやってみる

————————-—-

今日のまとめにご賛同頂けるかたは、

ポチッと押してやって下さいませm(__)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・昼休みランニング

・自分のキャリアについて上司に相談