2015年 12月 の投稿一覧

【622】2015年振り返り

モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓


——————————

今日は、

『2015年振り返り』

というテーマで書きたいと思います。

今日は大晦日です。

今年は実家に帰省していまして、

中学時代の恩師や、

高校時代の友人に会うなど

懐かしいメンバーに会うことが

できました。

また今年も様々な人との出会いがあり、

色んな方々に支えられた一年でした。

早速ですが、

毎年恒例の今年一年を振り返っておこうと思います。

 

今年を振り返ると真っ先に思い浮かぶ

2つのキーワードがあります。

それは、

英語」と「コミュニティ

というものです。

まず英語について

来年から3年ほどアメリカに

赴任することがほぼ決まりまして、

それに向け英語を必死で

勉強しています(汗)

今思えば丁度、二年前に以下のような

ブログを書き、

https://engineer-wakyo.com/?p=296

それを意識しながら動いてきた結果、

海外赴任の可能性が高まりました。

そのタイミングで自分に行かせてくれと

アピールし何とかそのチャンスを

得ることができました。

それだけに現地でしっかりと結果が

残せるように今のうちから準備を

しっかりやっておこうと思います。

短い期間で結果を出すためには

いかに日本でやれることをやっておく

ことが重要だと思っています。

私の場合、

それが英語、住居など生活の基盤など

に当たります。

一年以内に英語でプレゼン

アメリカでは一年以内に

とあるイベントで英語でプレゼンを

するという目標を挙げており、

そのためにも英語力スピーチ力

必要になります。

この2つのスキルを強化するために

トーストマスターズという

コミュニティに入りました。

アメリカでもトーストマスターズ

私が赴任する場所にも

トーストマスターズがあることが

確認できましたので、赴任後は

参加しようと思っています。

そのためにもまずは日本で

トーストマスターズに慣れておこうと

思っています。

次にコミュニティについて

今年は様々なコミュニティに入ったり

運営したりしました。

特に運営側を経験することにより

少しでも渦を巻くことを意識しました。

渦を巻くことを意識した結果、

自主開催セミナーも開催することができ

嬉しい感想も頂きました。

感想は以下に掲載。

https://engineer-wakyo.com/?p=552

https://engineer-wakyo.com/?p=553

https://engineer-wakyo.com/?p=554

セミナーを主催するということは、

他者に何かしらの価値提供できると共に

自分自身のコンテンツの棚卸にもなり、

今後も随時開催していこうと思っています。

自らの目標を達成する際に

こういったコミュニティを活用することは

一定の成功法則があることを確信しています。

気が付くと、今までの経験踏まえセミナーコンテンツ

が完成してしまったほどです。

まとめますと

ということで、今年一年を振り返ってみると

やはり「英語」「コミュニティ」だったなと

改めて感じております。

来年は海外赴任も控え、自身の環境が大きく変わる

予定となっています。

環境が変わってもパフォーマンスが落ちないように、

しっかりと準備をしていこうと思っています。

最後までお読みいただきありがとうございます。

そして来年も宜しくお願い致しますm(__)m

————————-—-
■今日のまとめ

・今年のキーワードは、英語とコミュニティ

————————-—-

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・英語勉強

・今年の振り返り

・今年の家族思い出ムービー作成

【621】今年やり残したこと、言い残したことありませんか?

モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓


——————————

今日は、

『今年やり残したこと、言い残したことありませんか?』

というテーマで書きたいと思います。

もうすぐ今年も終わろうとしています。

皆さんは、この一年を振り返ってみて

いかがだったでしょうか?

うまくいったこと、いかなかったこと

色々とあったのではないでしょうか?

私自身、妻に言えずにずっと

気になっていたことがありまして、

つい先日、それを言うことができました。

それが何かはここでは書きませんが、

というか書けませんが(笑)、

ようやく言えたという事で

今はすっきりとしています。

もし皆さんも今年言い残していることや、

やり残していることがあれば、

勇気を振り絞って実行することを

オススメします。

きっと、すっきりすると思います。

確かにそれらをやる瞬間は面倒であったり

するかもしれませんが、いざ実行してしまうと

なんてことなかったりもすると思います。

一緒に今年を振り返りませんか?

先日もご案内したのですが、

12/28に都内でセミナーを開催します。

私が今までの自己体験の中で

自己変革するための方法として確信している

方法があります。

その方法について全てお話しさせて頂きます。

それを聞きながら、

それぞれが今年一年を振り返り、

来年の目標達成に向けて確かな一歩を

踏み出せるきっかけをご提供できればと

思っています。

年の瀬の忙しい時だからこそ、

強制的に学びの時間を確保し、

来年の飛躍に繋げて頂ければと思います。

お申し込みは以下から。

http://www.kokuchpro.com/event/howtobeasamurai/

————————-—-
■今日のまとめ

・今年言い残していることや、
やり残していることがあれば、
勇気を振り絞って実行する

・そうすれば必ずすっきりするはず

————————-—-

今日のまとめにご賛同頂けるかたは、

ポチッと押してやって下さいませm(__)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・英語の勉強

【620】自主開催セミナーをやります!

モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓


——————————

今日は、

『自主開催セミナーをやります!』

というテーマで書きたいと思います。

突然ですが、

この師走の忙しい時期ではありますが、

12/28(月)に東京都飯田橋で

セミナーを開催します!

セミナーでは、

私なりの自己変革方法について

惜しみ無く開示させて頂きます!

師走の忙しい時期だからこそ、

一年を振り返り、来年の飛躍へ

繋げて頂ければ幸いです。

以下、セミナーの詳細になります。

お申し込みはこちらから。

http://www.kokuchpro.com/event/howtobeasamurai/

~・~ここからセミナー詳細~・~

【意志の続かないあなたに!】
~事を成すための、エンジニア流武者修行のススメ!~

こちらにおられる皆様は、

目的意識を持って日々、

前向きに人生を送っておられる方

だと思います。

そんな皆様でも、こんな悩みがあったりしませんか?

■これを成し遂げる、と意気込んで目標を定めるも、いつの間にか日常の引力に飲み込まれて、目標達成につながる行動がなかなかできず、目標ははるか遠くへ霞んでしまう。

■同じく、これを学ぶ、と、決意をして、本や教材を買い込んで、
独学を始めるも、なかなか続かず、意気込んで買ったはずの本は廃品回収へ・・・。

■ブログやSNSで私は○○を達成する、と宣言をして、意気込んで始めたものの、数週間で挫折する。

■最初のうちは何とか継続して、成長実感もあったのだが、そのうち、
成長実感を感じられなくなって、いつの間にか続かなくなってしまう。

このようなことが続くと、セルフイメージも下がりますし、
仕事や私生活など他のことにも悪い影響が出てしまうこともあります。

たとえば、

■仕事で新しい業務のオファーがあったとしても、
「自分には出来るわけがない」、と断ってしまったり、

■やってみたいことがあっても、どうせモノにならないからやらない、
と新しいことを始めるのが億劫になってしまう

など

つまり、

「学習性無力感」を身につけてしまうわけです。

そんな状況になってしまうと、

色々変わりたいと思って行動していたはずが、変化変容をするどころか、
ひたすら代わり映えのしない同じ日々を
淡々と繰り返すだけの人生になってしまいかねません。

あたかも、

小象と杭の話のように、

小さい頃にどれだけ頑張っても、
繋がれていた杭を引き抜けなかったからといって、
大人になっても、小さな杭に繋がれたままの巨象になってしまっているかもしれません。

もし、過去のちょっとした失敗がその後の人生に陰を落としてしていて、
実は巨象のように大変なパワーがある、
あなたの能力が発揮できなくなってしまっていたら、
とても勿体無いと思いませんか?

そこで、私は事を成す上で「武者修行」を提案したいと思います。

私は、いくつもの事を成し遂げてきました。

たとえば、

■「技術の世界の弁護士」と言われる難関資格、技術士の資格を2年で取得

■技術士取得の経験を買われ、書籍を出版する

■ずっとエンジニア畑で、全く知識がなかった投資について、
わずか数年で、とある投資団体の地区世話人を担うまでに。

■自分よりも英語力に優れたライバルを差し置いて、
海外新規事業展開の責任者として、アメリカ赴任(来年赴任予定)。

などなど。

もちろん、

ここには書けないような恥ずかしい失敗も色々としてきました。

それでも、これは、と思ったことは、
ほぼ必ず、目標を達成し、成果を出しています。

そういった際に、何をしてきたのかというと、

「武者修行」

を行ってきたのです。

様々な道場に身を投じて、
武者修行を繰り返すことで私は、様々な分野で上記のような成果を上げてきました。

今回は、
私がどのようにして武者修行を通じて目標を達成してきたのかをお話して、
あなたが無理なく継続できて、事が成し遂げられるようになる方法を伝授したいと思います。

セミナーでお話したい内容は下記の通りです。

■こんなに違う、独学と武者修行(道場入門のススメ)
■私の武者修行体験談(馴れ初めから現在に至るまで)
■ひとかどの者になるための、武者修行方程式
■武者修行を何度も重ねた先に見えてくるもの
■武者修行のための名門道場の見つけ方
■道場が無い場合の道場の作り方

さらに、今回は特別に、
私が武者修行の成果を加速させるために行っている、

秘中の秘の

「とある方法」

についてもお伝えさせていただきます。

年の瀬のお忙しいときですが、
あえてここで学びに投資することで、
新年からの飛躍につなげませんか?

未来に向けて投資したい、あなたのご参加をお待ちしております。

http://www.kokuchpro.com/event/howtobeasamurai/

————————-—-
■今日のまとめ

・年の瀬の忙しい時期にあえて学びに投資する

・他人が休んでいる時に学ぶ

————————-—-

今日のまとめにご賛同頂けるかたは、

ポチッと押してやって下さいませm(__)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・英語の勉強

・家族旅行

【619】2回目のトーストマスターズスピーチ!

モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓


——————————

今日は、

『2回目のトーストマスターズスピーチ!』

というテーマで書きたいと思います。

先日、2回目となるトーストマスターズでの

スピーチをしてきました。

初回スピーチに関しては以前ブログにも

きしました。

https://engineer-wakyo.com/?p=659

自分なりの自己変革方法

今回は「自分なりの自己変革方法」について

約5分間でスピーチしました。

スピーチが終わった後の感想は

やはり「疲れたー」でした。

普段使っている日本語ですと、

伝えたい事を表現を少し変えながら

伝わるように工夫できるのですが、

英語ともなると非常に難しい!

もちろん私自身の英語スキルの問題は

あるのですが、言いたい事を強調したり、

言いたい表現がうまく見つからないことが

多かったです。

やはり経験を積みながら上達していくしか

ないですね。

うれしい感想をいただきました!

それでもスピーチについてはうれしい

感想をいただきました。

トーストマスターズはスピーチに対して

評価する評価者(Evaluator)という

役割のかたがいまして、その方から

色々とうれしい感想をいただけました。

例えば、

・声がはっきりしている

・堂々としていた

・タイトルのセンスがある

・言いたい事が明確である

今度は日本語でセミナー開催します!

トーストマスターズでは英語+5分と短い

スピーチでしたが、

今度は日本語で12/28に自主開催セミナーを

開催します。

内容についても

自分なりの自己変革方法

武者修行のススメとなっています。

セミナー詳細は以下です。

http://www.kokuchpro.com/event/howtobeasamurai/

今までの人生を振り返ってみて、

自己変革するための方法を体系的に

まとめてみました。

自己変革するためのノウハウを

惜しみなく開示させて頂きます。

師走の忙しい時期だとは思いますが、

足を運んで頂き、来年のステップアップに

少しでも寄与できれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

————————-—-
■今日のまとめ

・英語でのスピーチは思った以上に
言いたい事が言えない

・やはり会話量を増やし経験を
積むしかない

————————-—-

今日のまとめにご賛同頂けるかたは、

ポチッと押してやって下さいませm(__)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・英語の勉強

【618】海外でのコミュニケーションの注意点

モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓


——————————

今日は、

『海外でのコミュニケーションの注意点』

というテーマで書きたいと思います。

今日も以下の本を読んで気になった箇所を

ご紹介したいと思います。

今回でこの本の中味のご紹介は最終回と

したいと思います。

今日はこの本の中でも多くが

海外でのコミュニケーションについて

紙面を割かれていましたので、

そこについてのみ気になった箇所の

ご紹介となります。

グローバルマネジメントの信用は語学力で決まる

言葉の理解度が人の信用を判断する重要なポイントになっている。

米国では、相手がどこまで話の内容を

理解しているのかを徹底的に確認する。

聞き取りができない人は論外で、

聞き取りが完璧にできていることが伝わると

相手に信用される。

⇒ここまで書かれてると必死で英語を勉強
しなければと思いますね(^_^;)

現地従業員との信頼を築く対話術

まず現地従業員の考え方を聞く。

個人の考えとしてまず聞く。

なかには新任の上司に期待を込めて話しを

してくれる人もいる。その期待を裏切らないように

まず、すべてを聞き取ることが大事である。

そして、検討させてもらうと返事をして、

一度納める。ただし、海外では案件や相談を

聞いたまま返事をしないと、能力がないと評価

されることになるため、必ず返事をするようにする。

海外での信用ある対話とは、

ファイルのように「開いたら閉じる」ことだ。

その習慣を付ける必要がある。

⇒すごく分かり易い表現!
これはしっかりと肝に銘じる必要がある!

コミュニケーションとは「完璧に伝える」こと

会話に自信が持てないうちは、

メールと会話のダブルで

コミュニケーションを図るように

すると確実に伝えられる。

⇒さらには伝えたい事をお互い
書きながらコミュニケーションを図ると
良いと赴任経験者が言っていた。

赴任時の自己紹介のコツ

自己紹介をする際にもシナリオは重要で、

「なぜ私なのか?」

このコンセプトで自己紹介の内容を考える。

最初に具体的に伝えられると

好印象を得られ、組織のメンバーの

信頼を得られる。

自己紹介の内容は、

職務履歴やこれまでの実績、

キャラクターや趣味、

自己アピールなどで、

これらをうまくシナリオに乗せて

説明する。

勤務地での楽しみや目標を見つける

ストレス対応法を考えておく。

勤務先で趣味を持ったり、文化芸術を

楽しむようにすると、仕事だけの生活は

一変する。自分らしい時間が楽しめるようになる。

生まれ変わった気持ちになる。

日本食の入手困難な場合も、

たまにはラーメンやカレーを

食べられる環境を整えておくと、

文化の違う国での生活も乗り切れる。

「トーストマスターズクラブ」のような

自主的な英語研究会に参加し、

英語でのパブリックスピーチの

訓練準備があると、海外ではかなり違う。

⇒トーストマスターズといった具体的な
名称が出てきてビックリ。
まさに私自身も通っている最中。

————————-—-
■今日のまとめ

・海外でのコミュニケーションの重要性を
実感。今のうちに準備できるものは
しておくことが肝心。

————————-—-

今日のまとめにご賛同頂けるかたは、

ポチッと押してやって下さいませm(__)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・とあるかたのブラジルからの帰国報告会参加

【617】海外では国内の三倍働く

モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓


——————————

今日は、

『海外では国内の三倍働く』

というテーマで書きたいと思います。

昨日に引き続き、

「海外勤務を命じられたら読む本」

について気になった箇所を

ご紹介したいと思います。

海外では国内の三倍働く

この本には海外赴任者は、

国内より一つ上の立場になるので、

マネジメントという役割が増える。

なので必然的に仕事量が増加する。

と書かれていましたが、

私自身はマネジメントだからではなく

全ての事を吸収するぐらいの気持ちで

自ら仕事に前のめりなり、

海外でしか出来ないことに集中し、

三倍働くぐらいの気持ちで

やる必要があるなと改めて痛感しました。

英語は発音が大事

グローバルマネジメントが話す際に

必要なのが、「発音である」。

発音がよければ話す、

聞き取る力も高くなる。

何より欧米では発音がいいと、

相手の聞こうとする態度が

ガラリと変わる。

語学が出来ないと確実にハンディとなり、業務に支障をきたす

グローバルマネジメントに必要な能力は、

第一に語学力である。

伝えることを目的とした、

読む、聞く、話すを網羅した

「語学」の学習が必要になる。

語学の中でも「語彙力」が必要になる。

大学レベルの語彙数に増やすためには

TOEFLが一番効率的である。

語彙力が増すと、読むのがだんだん

早くなり、最後は日本語と同じ速さで

読めるようになる。

日本語と同様に英語の本が読めたら

色々な情報をいち早く入手可能に

なりますね!

こんな世界に到達したいものです。

TOEFLを一度見てみようかと

思っています。

今日も昨日に引き続き、

「海外勤務を命じられたら読む本」

について気になった箇所の

ご紹介でした。

最後までお読み頂きありがとうございます!

————————-—-
■今日のまとめ

・海外では国内の三倍働く

・英語は発音が大事

・語学が出来ないと確実にハンディとなり、業務に支障をきたす

————————-—-

今日のまとめにご賛同頂けるかたは、

ポチッと押してやって下さいませm(__)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・とうとう念願のKindle Paperwhiteを購入しました。これからの読書ライフが変わるかな?

【616】海外勤務で成功するタイプとは?

モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓


——————————

今日は、

『海外勤務で成功するタイプとは?』

というテーマで書きたいと思います。

「海外勤務を命じられたら読む本」

を読了しました。

海外に行く前に知っておくと

スムーズに仕事ができそうな

ポイントが多くあり、

色々とためになる箇所があったので

複数回に分けてご紹介していきたい

と思います。

まずはこちらから!

海外でうまくいくタイプがある

筆者曰く、

海外でこの人はうまくいくと感じる人には

あるパターンがあるそうです。

それは、

まず人が好きであること。

好奇心旺盛なタイプは、

相手がどんな人なのか、

どんな生活をしているのか、

どんな食事をしているのか、

等々、一期一会の精神で話しかけ

興味関心が尽きない。

また、話し好きな人

現地での生活は必ずうまくいく。

最初は外国語ができなくても

その国の人や文化に興味を持ち、

なぜだろう、どうしてだろうと思う。

その思いが自然に言葉となって

発せられる。

まとめると、

海外勤務に適している人材とは、

人が好きで、好奇心が強く、

話し好きなタイプ。

更には話が論理的であると、

評価は高くなる。

最も必要な能力は語学力と論理的思考

グローバルマネジメントとして

可能性のある人材は、

まず語彙力があり、見る、聞く、話す

という「語学力」が高く、

論理的な思考で物事を考え判断する力

を持つ人と言える。

さらに、専門分野があると飛躍できる。

と、まずは最初に印象に残った箇所を

ご紹介しました。

長年グローバルで活躍、苦労も

されてきた筆者ならではの

海外勤務で成功するためのポイントが

ズバリ言い切られており、

語学力などはやはり必要だよな!と

改めて痛感しました。

この語学力についても、

著書の中でも具体的に書かれていたので

追ってご紹介していければと

思っております。

最後までお読み頂きありがとうございますm(__)m

————————-—-
■今日のまとめ

・海外勤務に適している人材とは、

人が好きで、好奇心が強く、

話し好きなタイプ。

・グローバルマネジメントとして

可能性のある人材は、

語学力」が高く、

論理的な思考で物事を考え判断する力

を持つ人と言える

————————-—-

今日のまとめにご賛同頂けるかたは、

ポチッと押してやって下さいませm(__)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・オンライン英会話

【615】自分メディアはこう作る!(書評)

モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓


——————————

今日は、

『自分メディアはこう作る!(書評)』

というテーマで書きたいと思います。

先日からブログをアメブロからワードプレスに

引越し、これからサイトを育てていこうと思って

いるのですが、そんな中でだいぶ前に

自分メディアはこう作る!(ちきりん著)

を読了しまして、このタイミングで読んで

良かったなと思ったので、折角ですので

その中から気になった部分を記したいと

思います。

メッセージを伝える

ブログの起点は、「これについて書く」とか

「この本を紹介する」ではなく、

「このことを伝えたい!」という

メッセージが起点です。

伝えたいメッセージが決まれば、

それを伝えるための論理構成を考え、

使えそうな事例やデータをネットで

探します。そのプロセスを分解すると

1.伝えたいメッセージが決まる(浮かぶ)

2.そのメッセージを伝えるための
論理構成を決める(考える)

3.文章に必要な材料(情報)を集める

4.文章を書く

頭を使うのは2だけで、1はひらめき、
3は作業、4は技術だそうです。

メディア価値を高めるために

価値あるメディアに育てるために、

「そもそも私は何が達成したいんだっけ?」

というゴール、すなわち目指すべき姿を

明確にすることが大事。

そして、価値あるメディアとは、

特定の共通点を持って絞り込まれた読者

が集まっている場所、と考えていたそうです。

今一度考えてみる

上記がこの本を読んで気になった箇所です。

今一度、自分は何を伝えたいのか?を

振り返ってみると、

最初は自分の日々の内省のためにブログを

書いていたのが正直なところです。

そして今後は?

来年、海外赴任あかつきには

技術士として海外の最新技術情報や

海外から見える日本の技術レベルについて

書いていければなと思っています。

最後までお読みいただきありがとうございます。

————————-—-
■今日のまとめ

・自分のメディアを価値あるものにするには、
まず「自分は何をしたいのか?」といった
そもそものゴールを設定することが大事。

————————-—-

今日のまとめにご賛同頂けるかたは、

ポチッと押してやって下さいませm(__)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・オンライン英会話

【614】人生を楽しむためにも自分の人生をコントロールする一手を打つ

モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓


——————————

今日は、

『人生を楽しむためにも
自分の人生をコントロールする一手を打つ』

というテーマで書きたいと思います。

自分の人生をコントロールするために

必要な手段の一つにお金というものが

あります。

一般的に人生の三大支出

「教育資金」「住宅資金」「老後資金」

と言います。

これらに将来どれだけ必要になり、

計画を持って準備できているのか?

という不安、疑問を持っている人は

多いのではなにでしょうか?

私もその一人です。

ただ人生という有限のかけがえのない時間

を有意義に過ごすためには、漠然とした

不安、疑問で終わらせるのではなく、

可能な限り、それら三大支出について

どれだけかかるのか明確にし、

計画を持って準備したいものです。

私自身も御多分に漏れず、

最近、この三大支出を考えざるを得ない

状況に置かれています。

つい最近、自宅も購入したので、

更に三大支出が重荷になりつつあります。

しかし、最近、このままじゃまずいと思い

住宅資金については住宅ローンを組むときに

色々と考えたので、それ以外の教育資金と

老後資金について着手し、とりあえずは

最低限のことは手を打てたかなと思っています。

どういう手段で、どれぐらいの期間で

これらの資金を準備するのか?

卵を同じ籠に盛ることなく、リスク分散させた

方が良いよな?

など私の持っている知識や、専門の方にも

相談しながら色々と検討した結果、

とりあえず手を打ったという感じです。

いざ手を打ってみると分かったのですが、

漠然と不安や疑問に思っていた頃に比べて

気持ちが楽になったというか、

成行で何とかなると思っていた頃に比べると、

自分の意志で実行に移したので、

少しは自分でコントロールできたと言えるのでは?

と思っています。

過去にも

【304】自分の将来を自分でコントロールする

というエントリーでも、

自分の将来を自分でコントロールする大切さ

について書籍を紹介しながら記していました。

まだまだ完全に備えができたとは言えませんが、

これからも成行で惰性に任せるのではなく、

自分で資金計画を考えていこうと思っています。

最後までお読みいただきありがとうございます。

————————-—-
■今日のまとめ

・一般的に人生の三大支出は
教育資金、住宅資金、老後資金と
言われている

・人生を楽しむためにもこれらの
資金を成行や何とかなると
思って漠然とした不安、疑問を
持ったままにせず、
自ら考え資金計画を考えたいもの

————————-—-

今日のまとめにご賛同頂けるかたは、

ポチッと押してやって下さいませm(__)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・子供たちとの遊び

・オンライン英会話

・ブログサイト改善

【613】課題解決には発想力を持って立ち向かう

モチベーション向上のためにも

よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓


——————————

今日は、

『課題解決には発想力を持って立ち向かう』

というテーマで書きたいと思います。

昨日は第二領域のような緊急性は低いが、

重要性が高いものをスピード感持って

やるためには、まずはその課題に対する

解決策を一つでいいので、出すことで

議論が活発になり、その一つの解決策から

派生して別の案が出やすくなる。

なぜなら人は比較対象が明確になると、

別の案が浮かびやすくなる。

なぜなら発想力が活性化されるから。

そのようなことを書きました。

今日も続けます。

たまたまあるメルマガを読んでいますと、

この発想力について取り上げていました。

そこには発想力は二つ目からという

内容が書かれていまして、

共感する内容でしたのでご紹介したい

と思います。

要は一つ目の解決策は簡単に出るもので

発想力が高いというのは二つ目、三つ目

といった次の案を考えられること。

一つ目の案は普通のアイデアで、

普通はそう考えるよね、ということ。

言い換えればひっかけクイズ

ようなもの。

そこて満足するのではなく、

そこから様々な案を出すことが

発想力の見せどころというもの。

上記のことはその通りだと思います。

前回のブログで言いたかったことは、

様々な課題に埋もれてしまい、

それが第二領域といった大事な課題で

あるほど、積み残すぐらいであれば、

とっとと一つでもいいので解決策を

関係者に開示し、そこから第二、第三の

案を考えていけばいいのでは?

それが大事な課題(第二領域)を

スピード感を持ってやるために

必要では?ということです。

人間は一つ案が出ると、脳が活性化され

発想力豊かになると思うので、

まさにそこからが発想力の見せどころ

だと思うのです。

日々の課題に埋もれてしまわないように

しっかりと発想力を鍛えて、

良い解決策が出せるように日々、

精進したいと思っております。

最後までお読み頂きありがとうございます。

————————-—-
■今日のまとめ

・一つ目の解決策は誰もが考え付く

普通の解決策。

・大事なのは二つ目以降の案を

絞り出すこと。そこには発想力が

問われる。

・複数案を考えられるように

しっかりと発想力を鍛えたいもの

————————-—-

今日のまとめにご賛同頂けるかたは、

ポチッと押してやって下さいませm(__)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・トーストマスターズ入会手続き

・ブログサイト小改善