2014年 12月 の投稿一覧

【444】2014年振り返り

今日は大晦日です。

最終日にあがいておこうと、
早起きして自転車でツーリング
に来ました。

正直、暖かい布団で寝続けようと
妥協案も浮かんだのですが、
終わりよければ全て良し!
ということで何とか布団から抜け出し
ました。

結果、非常にすがすがしく、
今、こうして早朝のスタバで
ブログを書いています。

お客、一番乗りのようです!

今年も様々な人との出会いがあり、
色んな方々に支えられた一年でした。

早速ですが、
毎年恒例の今年一年を振り返っておこうと思います。

詳細は本文にて。

よろしければ以下リンクをポチッと

押してやって下さいませm(__)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

最終日に何とか

ブログランキング

1位

に返り咲くことができました。

ありがとうございますm(__)m
------------------------------

今日は、

『2014年振り返り』

というテーマで書きたいと思います。

今年を振り返ると真っ先に思い浮かぶ
キーワードがあります。

それは、

「投資」

というものです。

ある人との出会いにより、
今まで自己投資しかしてこなかった
私が人生のマネープランについて

真剣に

考えるようになり、

その結果、それを実現させるための

手段として、

投資を考えるようになったわけです。

その始まりは、

年初にネットで投資関係の

セミナーを探して、訳も分からず参加。

そこから様々な投資案件を知ることで

今まで知らなかった世界を

見ることができ、

知らない世界の人々の行動を知り、

その中には

世界をまたに掛けながら、

投資案件を作り、

日本人としてのプレゼンスを

上げようとしている姿を見て、

正直、「あり」だな!と、

思ったわけです。
何か偉そうでスミマセンm(__)m

正直、投資に回せる程の原資を

十分に持ち合わせていない身分としては、

まだまだ投資のスタートにも立てて

いないかもしれませんが、

身の丈にあった投資を実現させて

行きながら、将来、

世界をまたに掛けながら、

投資案件を作り上げいき、

独立してやっていくことに

憧れている自分がいます。

ブログタイトルは、
和橋エンジニアを目指すと
なっていますが、

投資家として世界で活躍している
方々を見て、

色々と共通点があり、

投資家という職業に、

自分の心の「リトマス試験紙」

にあて、自分の心が反応しました。

自分が投資家を目指す、目指さない
は別として、
世界をまたに掛けるというところに
非常に共感できました。

もし投資の世界を見に行かなかったら
こういった気持ちは得られなかったと
思います。

改めて違う世界の色んな方々に
会うことの大切さを痛感しました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

そして来年も宜しくお願い致しますm(__)m

【443】マインドセット

今日まで実家に息子と帰省
いました。
これから自宅に戻ります。
年末年始は自宅で
過ごそうと思います。

よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓


------------------------------
今日は、
『マインドセット』
というテーマで書きたいと思います。
自己啓発をしていると、
よく出てくる言葉に
マインドセット
というものがあります。
このマインドセットとは、
どういう意味か?
ネットなどを調べると、
「マインドセット」とは、
経験や教育、その時代の空気、
生まれ持った性質などから
形成されるものの見方や考え方
を指すと出てきます。
もう少し分かりやすく言い換えると
「腹をくくる」
とも言えると思います。
例えば、
自分のキャリアプランを
悩んでいる時に、
様々なメンターから
考え方や成功方法を聞いたり、
成功しているひと達の経験を
聞き、自分に当てはめてみる。
そうやって、自分はどうやって
この先、キャリアを積んでいくか、
どの領域で戦っていくか?
最終的には自分で判断すると思います。
もう一度、言います。
自分で判断するのです。
これは、先にも書いた
自分で「腹をくくる」ことに
他ならないと思うんです。
ただ、エイヤーで
判断してはいけないので、
色々な成功者の意見、考え方、経験を
自分なりに咀嚼し、判断するのです。
今年も終わろうとしていますが、
来年に向けた決意として、
成功者の意見、考え方、経験を
聞くだけのノウハウコレクターに
成り下がることなく、
しっかりと行動に移していこうと
思います。
最後までお読み頂きありがとうございます。

【442】自分で稼いでいく道

昨日で仕事納めでした。
この休み中に一年の振り返り、
来年の目標設定
などしておこうと思います。
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓


------------------------------
今日は、『自分で稼いでいく道』
というテーマで書きたいと思います。
ちきりんの
「未来の働き方を考えよう」を
再読了しました。
改めて感想をまとめておきたいと
思います。
一番、気になった考え方は、
「40代で働き方を選び直す」と
いうもの。
従来は、20代で就職後、65歳まで
40年以上働き、定年後は寿命まで
余生を楽しむというものでしたが、
そうではなく、
40代で二回目の就職をする。
いわゆる「職業人生は、二回ある」
と考える!というもの。
一回目の就職(20代~40代)で
社会のこと、自分の強み、自分が
稼いでいくべき戦場などが
見えてきます。
その経験をもとに今度は
二回目の就職(40代~)をする。
私自身、もうすぐ40代を迎えようと
している中で、会社に依存するのでは
なく、「自分で稼いでいく」ということ
に興味があり、そうなるために日々、
行動し続けています。
なので、このちきりんさんの考え方は
非常に共感できるというか、是非
自分も二回目の就職を経験したいと
思っています。
その他面白いと感じたのが、
いろいろなプチ引退のやり方が
記されていました。
大きくは以下の5パターンあります。
パターン1
半年だけ働く「シーズン引退」
パターン2
週に2、3日だけ働く「ハーフ引退」
パターン3
好きな仕事だけを引き受ける「わがまま引退」
パターン4
(共働きの場合)ひとり1年ずつ引退する「交代引退」
空いた時間で色んなことを経験できるな
と、想像しただけでもワクワクしませんか?
これからも「自分で稼げる力」を
身につけるために日々、精進して
いこうと思っています。
最後までお読み頂きありがとうございます。

【441】専門家から聞くデータマイニングの真髄

先日、とある大学に行ってきました。
データマイニングについて、
ある先生にアドバイス頂くためです。
詳細は本文にて。
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓


------------------------------
今日は、『専門家から聞くデータマイニングの真髄』
というテーマで書きたいと思います。
冒頭書きましたが、
データマイニングについて
アドバイス頂くために、ある大学に
行ってきました。
結果、本当に有益なアドバイスを
頂け、遠いところ、出張費使って
足を運んだ甲斐がありました。
今、業務でトライしている
データマイニングの進め方について
確認できたと共に、専門家の口から
「データマイニングとは、
マイニングするデータの前処理を
いかに出来るかにかかっている。
それがデータマイナーとしての
技術の見せどころ」という言葉が
聞けたところが大きかったです。
この言葉を聞けなかったら、
前処理を甘く見て、疎かにしていた
でしょう。
またこんなことも仰っていました。
「ツールにデータを放り込んで
ある意味、自動的にマイニングする
という第一段階は
かなりの人ができる。しかし、
その後に人の意志をもってツールを
使いこなしマイニングするという
第二段階までできている人は
中々いない。」
数値を裏付けに
何かを企画提案し、物事を動かして
いくのはビジネスパーソンにとって
必要スキルだと思います。
特にIT技術の進歩によって様々な
ログデータも取得可能で、
そういったデータをマイニングすれば、
今まで感覚だったところも数値として
裏付けでき、その結果、今までにない
付加価値ある提案も出来ると
思います。
まだこの道を歩き始めたばかり
ですが、少し真剣に向き合っていこう
と思っています。
最後までお読み頂きありがとうございます。

【440】バビロンの大富豪に学ぶ

仕事納めの週に入りました。

最後まで気を抜かずに事に当たろうと

思います。

よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓


------------------------------
今日は、『バビロンの大富豪に学ぶ』
というテーマで書きたいと思います。

「バビロンの大富豪」という

本を読了しました。

http://www.amazon.co.jp/dp/4901423126

その中である富豪が自分の資産を息子に継承

するために、相応しい人間に成長させるため

約10年間の旅に出すというものがありました。

その旅に出発するときに息子に渡した

「5つの黄金法則」というものがありました。

富豪が若い時に「5つの黄金法則」を学び、

忠実に守ってきたからこそ、裕福になれたという

法則でした。

その法則が以下です。

【第一の黄金法則】

将来の資産と家族の財産を築くため、

最低でも収入の十分の一を貯め、それを

賢明な投資に回す。

【第二の黄金法則】

貯まった黄金がさらなる利益を生むような

働き口を見つけてやれば、自分からどんどん

増えようとする。

【第三の黄金法則】

黄金の扱いに長けた人々の忠告のもとに

黄金を投資するような慎重な主人であれば、

黄金はその保護のもとから逃げようとしない

だろう。

【第四の黄金法則】

自分のよく知らない商売や目的、あるいは

黄金を守ることに長けた人々が認めない

ような商売や目的に使われる黄金は、

その人間から逃げてゆくことだろう。

【第五の黄金法則】

あり得ないような莫大な利益を生ませようと

したり、詐欺師の魅惑的な誘いに従ったり、

あるいは自らの未熟で非現実的な欲望に

頼ったりするような人間からは、黄金は

逃げていくことだろう。

資産と言われるものは持ち合わせていませんが、

上記の法則はすごく共感できます。

しっかりと肝に銘じておこうと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。

【439】ストック型からフロー型へ

今朝は久し振りに
自転車でツーリング。
ツーリング中に立ち寄ったスタバで
ブログを書いています。
私は既に年末を意識していますが、
世の中はクリスマスが
控えていましたね(^-^;
どうも所帯を持つとクリスマスと
疎遠になってしまいます。
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓


------------------------------
今日は、『ストック型からフロー型へ』
というテーマで書きたいと思います。
ふと、以前読んだちきりんさんの
「未来の働き方を考えよう」
という本を読み返していました。
その本の中で先日、メンターである
鮒谷さんも仰っていた、
ストックよりフローが大事という
箇所があり興味深く読ませて
頂きました。
以下、その箇所をご紹介させて頂きます。
~・~・ ~ここからご紹介 ~・~・
これからはみんな、ストック型から
フロー型にシフトしていく必要がある
と考えています。
これまでの社会では、できるだけ
多くのストック、すなわち資産を
持つことが有利な立場だとされて
いました。
資産とは貯金のことでもあり、
家族や同級生などの人的ネットワーク
や、大学の卒業証書や資格などの肩書き
も含め、過去において手にいれ
「ストックしてあるモノ」という
意味です。
けれど今後、人生100年の時代に
なれば、ストックが多いことより
その時々になんらかの価値を生み出し
続ける「フローの力」の方が重要に
なります。例えば、貯金はあるけど
自分で稼ぐ力のない人と、貯金はない
けれど、自分で稼ぐ能力のある人の
対比がわかりやすいでしょう。
~・~・ ~ここまでご紹介 ~・~・
鮒谷さんも例えば、人的ネットワーク
を例に良い人がいればどんどん人に
紹介した方が良いと仰っていました。
自分で良いネットワークを囲って
しまうのではなく、どんどん他者に
紹介(フロー)していく。
そうした方が良いことが自分にも
返ってくる。
過去に成功してきた人達は皆そうして
いる。
本田健さんもお金を例にして
お金をため込み過ぎるより、
お金を使う時に楽しいと思って
使うことで倍になって自分に
返ってくる。お金持ちの人達は
皆そうやってお金を使っている。
と仰っていました。
上記のように自分のもっている
資産を惜しみなく出していく
(フローしていく)という
人生成功法則がありそうです。
肝に命じて生きていこうと
思います。
最後までお読み頂き
ありがとうございます。

【438】雪の通勤からの連想

今朝は凄い雪が積もっていて
通勤も大変でした。
その通勤途中で感じたことを
記したいと思います。
詳細は本文にて。
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓


------------------------------
今日は、『雪の通勤からの連想』
というテーマで書きたいと思います。
冒頭書きましたが、
今朝は凄い雪でした。
昨晩、非常に冷え込んでいて、
雪も降り始めていたので、
翌朝の通勤に影響するかも?と
危惧しておりました。
案の定、今朝は積雪20cm、更に降り
続けていました。
幸いなことに、今朝は静岡に
出張のため、いつもより1時間早く
起き、6時位の電車に乗りました。
いつもこの時間は
ガラガラなんですが、雪の影響を
考えて早目の出社をしている人達が
多かったです。
雪が降っても、いつも通りに起きたり、
最初から休むつもりでいたりと、
そういった人も多いとは思いますが、
早目の出社をしている人達は、
勤勉で責任感があり、何よりそういう人が
多いということに日本人としての勤勉さ
を感じました。
また電車については、
この大雪にも関わらず、通常通り運行
しており、鉄道各社の頑張りや、
プロ意識も感じました。
自宅から最寄りの駅までの道は、
早朝ということもあり、まだ車や人が
通ったあとなく、靴も濡れるかもと
思っていましたが、そんな心配の必要も
なく、既に道ができておりました。
お陰で濡れずにすみました。
道ができていることに有り難みを感じ
つつ、最初に道を作ってくれた人は、
後を通る人達にだいぶ貢献しているな
と感じました。
少し飛びますが、新しい何かをやろうと
するとき、その道の先駆者たちは
道が無い所に道を作ってくれるので
産みの苦しみというか、大変だと
思います。しかし、できた道を通る
人達は非常に助かり、恩恵に授かれる。
何気ない通勤ですが、
いつもと違う雪も手伝って、
日本人の勤勉さ、先駆者たちの
有り難み、そんなことを連想しながら
の通勤となりました。
最後までお読み頂きありがとうございます。

【437】なぜ、セミナーや勉強会に通うのか?

私事ですが、
昨日は色々と妻と話をしました。
詳細は本文にて。
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓


------------------------------
今日は、『 なぜ、セミナーや勉強会に通うのか?』
というテーマで書きたいと思います。
冒頭書きましたが、昨日は色々と妻と話をしました。
何を話したかというと、最近の私が、
セミナーや勉強会に行き過ぎ、家族をないがしろにしているという点です(汗)。
確かに少し回りが見えなくなってしまいやりすぎだったと反省中です。
弁解するわけではないですが、
なぜ、セミナーや勉強会に通うのか?
の自分の気持ちを整理しておこうと思います。
少し長くなるのですが、お付き合い下さい。
結婚前は、正直その時が楽しければ
それでいい的な人生を送っていました。
しかし結婚を期に、それを
改め、家族を守るために一家の主
たる自分に研きをかけよう。
自身のキャリアプランを真剣に
考えるようになりました。
元々、自動車関係のエンジニアだった
私は、今の仕事に関係する資格はないかと探すようになりました。
その時、技術士という資格に出会い
取得を目指すようになったわけです。
技術士は技術者として、国民経済の
発展に資することというのがミッションとしてあるため、今、日本が直面している課題、問題を知る必要があります。その課題や問題を技術者として解決していくわけです。
そのため、
資格取得に向けた勉強では、
各省庁が出す白書や報告書も
読むようになり、日本の置かれて
いる現状を目の当たりにし愕然と
したのを覚えています。
超高齢化社会、もの作り大国としてのプレゼンス低下、格差社会、新興国の台頭、多額の借金、資源乏しい・・・。
挙げれば切りがありません。
資格取得後もセミナーや勉強会、書籍を通して、日本の現状が入りやすくなり、将来に対する不安は加速していきました。これらの情報の信憑性の問題もありますが、知らなかった方が幸せだったのかも知れないと嘆いたこともありました。
そうした様々な葛藤がありながらも
このまま会社に依存していたのでは家族を守ることができない。会社に頼らなくても一人で稼げる力を身に付けたいと強く思うようになりました。
そう思えたのも家族を持てたからですし、家族を持ったことで一つ上の目標を見るようになりました。
人間は現状に満足することはなく、一つ目標を達成すると、その上の目標を達成しようとし始めるとはよくいったものです。
ここから、急に家族の話になりますが、私が今のペースでセミナーや勉強会に行き続けることで家族との時間がおろそかになり、崩壊してしまうとするならば、それは本末転倒になってしまいます。
妻と話し、
ここ最近の自分の行動を振り返ってみて、そんなことを思うようになりました。
自己研鑽は続けていくにしても
家族をかえりみなくなったら終わりだなと。
少し回りが見えなくなっていたと反省です。
というわけで今日は内省を記しました。
最後までお読み頂きありがとうございます。

【436】行動してから足りないところを学ぶ

本日は面会2件。

そのうち1件はFPの方に

マネープランについて相談に

のってもらっていました。

人生のイベントにおいて、

それはいつやってきて、それには

いくら必要なのか?

そのために今からどうやって貯めて

いくのか?そんな感じの事を相談

していました。

この貯め方の仕組みを早く作って

軌道に乗せたいところです。

よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

------------------------------
今日は、『行動してから足りないところを学ぶ』
というテーマで書きたいと思います。

これは私自身の戒めのためにも書くのですが、

何かを始めようとするときに、まず書籍などを

散々読みあさり勉強します。

その後に行動に移す。というか、色々と見えて

きてしまい行動に移せていない。ということが

多い気がします。

しかしその道で成功している人たちに聞くと、

まず行動してしまい、その次に足りない所を

勉強していくパターンの方が圧倒的に多いのです。

まず始めてしまい、色々な失敗に遭遇し、

それを取り戻すために、それこそ必死になって

勉強して、失敗をリカバリーしていく。

そんな流れなんでしょう。

勉強しすぎて結局、そのチャンスをものにできないで

終わってしまう。勉強している間にチャンスが逃げて

いってしまう。そんなこともあるのだと思います。

成功者はそれを分かっているから、行動の重要性を

強調するのだと思います。

行動、行動、行動、行動。

以前、(株)サムライインキュベートの

榊原健太郎氏も行動の大切さを強調していたのを

思い出しました。

【321】できるできないでなく、やるかやらないかで世界は変わる

最後までお読みいただき

ありがとうございます。

【435】メンターとの再会

今日は約1年弱ぶりに私のメンター

(勝手にメンターとさせて頂いています汗)

である鮒谷さんに再会しました。

詳細は本文にて。
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

------------------------------
今日は、『メンターとの再会』
というテーマで 書きたいと思います。

冒頭書きましたが、今日は私のメンター

である鮒谷さんに再会できました。

鮒谷さんが大阪で放談会をやるという

ことで、それに参加させてもらったという

わけです。

今週末も色々と動いていて、

金曜の仕事終わりに面会2件、

土曜は子供のマラソン大会、面会1件、会食1件

本日は面会1件後、大阪に移動し放談会参加と、

疲れも残っている中、リポビタンDを2本

飲んでの放談会参加となりました(笑)。

気になる放談会の中味はというと、

 <胸を張って、
  「一人で食えるもん!」
  といえるようになるには、
  何をどのような順番で行えば

  いいのか>
 についての体系化された知見、

 研究成果を少人数向けに放談する

 というものでした。

将来、会社に頼らずとも個人で稼げる

ようになりたいと思い始めて、少しずつ

独立を意識するようになり、

ほんの2、3年前では独立の「ど」の字も

考えたことがなかったわけですが、

随分と考え方が変わったもんだなーと

自分自身でも驚いています。

今回の放談会を聞いてみて、

反省することもあり、改めて今の

自分がやるべきことは

「セミナー、勉強会」を自主開催すること

だなと思いました。

そうすることで積極的に社会と接点を

持ち、他者に貢献し、主体的に渦を巻く

行動をするべきだなと再認識しました。

問題はどんなコンテンツをセミナーや

勉強会としてお届けするか?(^_^;)

そう肝心なところがまだ決まっていない

というわけです。

まだまだ「一人で食えるもん」とは

言い難いですが、諦めずに挑戦していこう

と思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。