2013年 8月 の投稿一覧

【159】勝ちを譲るということ

今日、ポッドキャストを聞いてきて、人間関係において

共感したことがありました。内容は本文にて。

------------------------------
今日は、『勝ちを譲ることの大切さ 』
というテーマで 書きたいと思います。

今日、聞いたポッドキャストでは、
ビジネスでもプライベートでも、「自分が正しいというところから降りれたほうが勝ち」

ということを言っていました。

それは相手に勝ちを気持ちよく譲ってあげるということ。

(そんなに簡単に譲ってあげられたらどんなに楽だろうか?

 なんせ、自分は相当な負けず嫌い・・・)

では、なぜ人は自分が正しいというところから簡単に降りられないのか?

勝ちを譲ってあげられないのか?

理由は色々とあると思いますが、

例えば、

・自分が正しいに決まっている

・負けるのが悔しい

・俺の方が大変なんだ

・なぜお前の言いなりならないといけないんだ

・あいつに負けを認めるぐらいなら戦い続ける

と、挙げればきりがありません。

ただ、冷静に考えると、これは

自分が正しいと思い、いつまでもイライラとし続けるか、

相手に勝ちを譲ってあげて気持ち的に平静になるか、

そういう選択なのです。

これは人間関係における永遠に続く課題。

相手を勝たせてあげられる人ほど、幸せになれる。

仕事の場合、

仕事で勝ち続けるということは、相手は負け続けるということ、

なのでいかに自分が上手に負けてあげられるか、これが大事。

これはビジネスだけでなく、プライベートでも同様。

しかし、

自分が正しいから負けてあげようという発想ではなく、

もしかしたら相手が正しいかもしれないというところから始めてみることが大事。

というわけで、

今日のポッドキャストの内容は負けず嫌いの私にすごく響いた内容でした。

【158】6分間文章術 読書会へ参加

今日から夏休みに突入。初日は、6分間文章術の

読書会に参加していました。

良いスタートを切れたと思っています。

学んだ内容は本文にて。

------------------------------
今日は、『6分間文章術 読書会へ参加 』
というテーマで 書きたいと思います。
6分間文章術とは、具体的にはエンパシーメソッドと命名されているようです。

そのメソッドのメリットは以下です。

①伝えたいことの抜け漏れを防止できる

②不安をかきたてるだけの文章から脱却できる

③文章への苦手意識がなくなる

そもそも文章作成時に

自分の考えは何か?構成はどうするか?などを

一辺に考えがちです。

それをこの手法では

1枚のチャートを使って埋める(5分)、貼る、つなぐ(1分)をやることで

文章の全体像を視える化しながら文章作りができます。

そして最終的には読み手に自分が期待する行動を取ってもらうことが

できる。そんな魔法の文章術でした。

私は10日後に社長に自職場の業務説明と将来ビジョンを説明します。

この内容をエンパシーメソッドを使い言いたいことを再確認したいと思います。

【追伸】

読書とは:

本はページ数を稼ぐために同じことを重複して書かれていることも多い。

そういった中から自分の本当に知りたい内容を探し、それを理解し、

最終的には行動に繋がることが重要。