2012年 10月 の投稿一覧

【118】自分の将来ビジョン②

今日は、初めて読書会なるものに行ってきました。
とある本で読書会の存在を知り、課題本に対して
理解を深められるとのことで、
興味があったため参加しました。
今回の課題本は、【ザ・プレゼンテーション】という
本でした。
仕事上、自分の考えをまとめプレゼンする機会が多い
ので、少しでもプレゼンをうまくなりたいという思いから
参加しました。
読書会に参加した結果、課題本への理解深堀り以上に、
様々な収穫があり、非常に充実した時間でした。
詳細は、本文にて。
---------------------------------------------—
冒頭、読書会に参加したことを書きましたが、
まず参加して思ったことは、参加者個々 の
人生に対するモチベーションが高いということ。
そういった方々と対話をすることで
また1つ自分のやりたいことが明確になった気が
しました。
ということで、
今日は、シリーズ化しています「自分の将来ビジョン②」
というテーマで書きたいと思います。
これはあくまで自分がこうなりたいと思うビジョンを
フィクションで書いています。
~・~・~・~・~・ここから自分のビジョン ~・~・~・~・
私の会社では、持続的発展のためにも収益力改善が会社方針として
打ち出されています。そういったなか、各職場では、どうやったら
自職場が収益力改善に貢献できるのか?を真剣に考え始めました。
もちろん私の職場も同様です。
そこで、自職場の職場長である私は、
収益力改善の1つの手段として「顧客拡大による売上拡大」を
考えたのです。
具体的にどの顧客を拡大するのか?を考えた結果、
これからはアジアの時代ということもあり、アジア企業を
顧客に設定。その顧客に対し段階的に自分達のサービスを
展開していくのです。
それは一大プロジェクトです。成功させるための検討項目は
沢山ありました。
・顧客拡大による収益性検証
・プロジェクトの日程作成
・プロジェクトメ私のンバの選定
・プロジェクトメンバの育成
・既存サービスの質維持
など
こういった様々な検討項目をクリアにしつつ、
プロジェクト自体を社内上位へプレゼンし、見事承認されました。
プロジェクト発足後は、プロジェクトメンバへの
動機付け、モチベーション向上も問題ありませんでした。
結果、プロジェクト発足から3年を経て軌道に乗り、
売上も○○億円増加と成功をおさめました。
今、プロジェクトで自分のやってきたことを降り返ってみると、
関係者にプロジェクトをプレゼンし、
自分のやりたいことを明確に相手に伝え、
回りをその気にさせていく。
自分がプレゼンすることでメンバに何かしらの変化を与え、
強烈な動機付けをしてあげることでメンバがこのプロジェクト
を本当に成功させたいと、夢を持てるようにしてあげれました。
皆からは私のプレゼンにより安住してはだめだと新しいことへの
チャレンジ精神に目覚めさせてもらえたと感謝の言葉ももらいました。
結果として、自分の率いるチームは生き生きと働ける職場となり、
海外メディアでも紹介される成功例となりました。
~・~・~・~・~・ここまで自分のビジョン ~・~・~・~・~
Android携帯からの投稿

【117】自分の将来ビジョン①

今日は、念願だった近所のお好み焼き屋にいきました。

おいしかったです。

---------------------------------------------—
今日は、「自分の将来ビジョン①」
というテーマで書きたいと思います。

昨日は、自分のビジョンを探すコツというテーマで書きました。

私のメンタルタイプ(王様タイプ)の場合、

人からの信頼や尊敬を自分のエネルギーにする。

なので自分がリーダーシップを発揮し、難題に取り組んでいる

場面を思い浮かべるとビジョンを探しだせる確率が高くなる

ようです。

今日は、上記の場面を思い浮かべながら自分のビジョンについて

ストーリー形式で書きたいと思います。

~・~・~・~・~・ここから自分のビジョン ~・~・~・~・

自分のいる職場は新しい職場であり、業界としても歴史が

浅い職種でもあります。

そんな中、職場の中では将来的に自分たちがどういった方向に

力を入れ、何を目指していくべきなのか、イメージできないといった

声があちこちから聞こえてきます。

ある日、このままじゃいけないと職場リーダーの

私が意を決し、皆で職場の将来ビジョンを作り上げようじゃないかと

声を掛けました。職場リーダーが将来ビジョンを作り上げてもいいですが、

ビジョンを皆に腹落ちしてもらうためには、皆でビジョンを考えた方が良いと

思ったのです。

ということで、職場メンバーが集まり将来ビジョンについて

話し合うことになりました。

将来ビジョンを考えることは、とっつきにくいテーマであり、難題です。

何から話していいやらメンバーも困っています。

そこで、

こういう話し合いの場で重要なのがファシリテーターです。

そのファシリテーター役を私がやるのです。

決して職場リーダーとして自分の考える職場ビジョンを押し付けるのではなく、

第3者として皆が自らビジョンに対する意見を出しやすい場作りから、

皆の意見の発散、収束、合意形成を難なくこなしていきます。

私は皆の意見をうまく発散させるために、様々な切り口で意見を収集し、

難題を解ける形として視える化していきます。

結局1カ月と時間はかかりましたが、最後は、皆が感動する職場の将来ビジョンが

できあがりました。

そのビジョンステートメントを読むだけで力が湧き、活き活きと仕事ができます。

おかげで私の職場では皆がモチベーション高く仕事をしています。

皆からは私がファシリテーターをやったおかげで将来ビジョンを完成することが

できたと感謝されています。

○○さんがファシリテーターをすれば、どんな解けない問題も解けると

評判になっています。

私はそんな評判を受け、誇りに思っています。

自分がリーダーシップを発揮し、解けない難題も解ける形に視える化し、

解決プロセスも完璧にリードする。最終的には難題も解決してしまう。

そして皆はモチベーション高く仕事をでき、私は皆から感謝される。

そんなリーダーとしての立ち振る舞いに、これが自分の本当にやりたいことだなと

思うのです。
~・~・~・~・~・ここまで自分のビジョン ~・~・~・~・~

上記はあくまで私の妄想ですが私のビジョンの一つです。

そういえば、以前のブログでもそんなようなことを書いていました。

【106】自分の目指す姿がイメージできた!?
こんな感じで、今後も自分のビジョンを記していきたいと思っています。

【116】やりたいこと、自分自身のビジョンを探すコツ

今日は、とある提案について思考の浅はかさを指摘され、

もっと深く考えロジカルな説明を求められました。

そうしないと快くGOサインだせないと指摘されました。

確かにごもっともなご指摘だったので返す言葉がありません

でした。

いくら部下に任せている案件だったとしても、自分もチェック

している案件だけに、チェックしながら担当者と同じぐらい

理解し、自分のアウトプットと思って深く思考する必要性を

感じました。反省しています。

---------------------------------------------—
今日は、「やりたいこと、自分自身のビジョンを探すコツ」
というテーマで書きたいと思います。

先日、とある本で自分のメンタルタイプを診断しました。

その結果、「王様タイプ」と診断されました。

王様タイプの詳細説明は以下ブログ参照。

私は王様タイプ?

今日は、その王様タイプが

「やりたいこと、自分自身のビジョンを探すコツ」について

その本に書かれていました。以下に紹介します。

~・~・~・ここからやりたいこと、自分自身のビジョンを探すコツ ~・~・~・

王様タイプは、人からの信頼や尊敬を自分のエネルギーにするところがあります。

そこで、自分がリーダーシップを発揮し、難しい難題やとてつもなく、大きな

プロジェクトに取り組んでいる場面を思い浮かべてみると、Wantを探し出せる

確率が高くなります。
~・~・~・~・~・ここまで王様タイプ ~・~・~・~・~
上記、当たっている気がします。

明日は、上記に沿って私のWantについて具体的に自分の将来ありたい姿を

書いてみたいと思います。

【115】私は王様タイプ?

今日は、3連休明けの仕事でした。
色々とモチベーションを上げるのに
苦労しましたが、昼休みに読書をしたら
気持ちが前向きになりました。
気分転換も大事ですね。
---------------------------------------------—
今日は、「私は王様タイプ?」
というテーマで書きたいと思います。
今日、とある本で自分のメンタルタイプを
診断してみました。これは、いくつかの質問に
答えることで4つのメンタルタイプ(王様タイプ、
ストイックタイプ、ストレスフリータイプ、受け身タイプ)
のうち自分のメンタルタイプを診断してもらえるものです。
結果、私は王様タイプと診断されました。
以下、王様タイプの特徴だそうです。
~・~・~・~・~・ここから王様タイプ ~・~・~・~・~
このタイプは自己肯定感が強く、他人に対してアグレッシブに
振る舞う傾向があります。生まれついてのリーダー体質で、自分に
対して自信があり、それを素直に言葉や行動にできる人です。
また、情熱的で推進力や実行力があり、たとえ周りとぶつかって非難
されても、ひるまない強さがあります。主体的に自らの指針を貫き通
すことで多くの人の賛同を得て、支持されれば、大きな業績を上げる
ことができるでしょう。
一方、自分に自信がある分、自己中心的で、他人に対して「上から目線」
になりがちです。自分を認めたり評価したりしない相手には反発し、敵
をつくりやすい傾向を持っています。つい自己を過大評価し、周囲から
認められないことにストレスを感じます。挫折や失敗を認めず、現実逃避
もしくは他社を排除する結果、「裸の王様」になってしまうこともあります。
王様タイプは、判断基準があくまで自分なので、往々にして現実の評価など
は気にしません。しかし、事実を事実として認識できさえすれば、もともと
自信がありエネルギッシュなため、地に足のついた強さを発揮できます。
そうすれば本物のリーダーへと成長することができます。
~・~・~・~・~・ここまで王様タイプ ~・~・~・~・~
正直当たっているなと思いました。
上記にもある通り、裸の王様にならないように気を付けたいと思います。
特に自分の決めた案に賛同できないメンバがいると、じゃ自分で決めて
みろと、見放したくなったり、やる気がなくなったりすることがあります。
大事なのは、賛同できない事実を受け入れながら、ではどうしていけば
いいかを諦めずに考えることが必要だと思うのです。
明日は、王様タイプが「やりたいこと、自分自身のビジョン」を探す時
のコツについて書きたいと思います。
Android携帯からの投稿

【114】毎日、自分の気持ちと向き合う

今日は、長男の幼稚園の運動会でした。
はじめての運動会でしたが、嫁さんの両親も
見に来ていただけ暑かったですが楽しかったです。
---------------------------------------------—
今日は、「毎日、自分の気持ちと向き合う」
というテーマで書きたいと思います。
以前、以下のテーマでブログを書きました。
「言語化できるまで自分と向き合う」
今日は、この以前書いたブログの内容に
少し追加したいと思います。
自分のやりたいことを明確にするためには
自分の日々の心の変化に敏感になり、その日の
どんなことに心が響いたのか?というのを明文化
していく必要があると思うのです。
その事を考えているだけでワクワクすること、
時間を忘れて没頭できること。
それを見つけるためには自分の心と真剣に向き合う
必要があると思います。
そのためにもブログを活用し、日々の心の変化を
記していきたいと思っています。
Android携帯からの投稿

【113】動機をhave toからwantへシフトする

今日、ネットで買ったサイクリング用ウェアが届きました。

さっそく着てみましたが、いちおそれらしい恰好になってきました。

恰好から入っていると言われそうですが、本番に向けテンション、

モチベーションが上がってくるので良しとさせてください。

---------------------------------------------—
今日は、「動機をhave toからwantへシフトする」
というテーマで書きたいと思います。
ある本を読んでいてすごく共感した部分がありましたので

ご紹介したいと思います。

人間の行動動機には「私はこう在りたい」という内的動機「want」

と、外から強いられて「しなければならない」という外的動機「have to」

があるとのこと。

その二つの行動動機の中で良い結果に結びつくは、「want」なんだそうです。

理由は、

人間の脳は、潜在意識が約90%以上占めており(こんなに占めているん

ですね!!)、通常のマインドの使い方では、これをフルに活用すること

は難しく、普段私たちが意識できている顕在意識は、約3~10%以下

にも満たないそうです。

ところが、この普段は眠っている潜在意識にアクセスし、その能力を

引き出すのが、強い願望である「want」なんだそうです。

確かに人間の願望による行動動機はすごいと思います。

自分自身も今まで、自分のやりたいと思ったことには、自分でも不思議な

ぐらいエネルギーが湧いてくるという経験をしてきたので、

このことは、すごく良く理解できます。

この本の中でも触れていましたが、

もしビジネスにおいて、立場や組織の考え方により「have to」的な仕事

も多い中で、「have to」の事柄を自分なりに良い方に解釈し、

「want」にできれば、結果はおのずと着いてくると思うのです。

したがって、普段の仕事の中でいかに「want」を見出せるかが重要です。

人生も同様に、どれだけ自分の「want」を明確にできるかで、

今後の人生も大きく変わると思います。

今週末にでも自分の人生における「want」をストーリー仕立てで書いて

みようと思っています。