アメリカで働く 技術士(機械部門)タカジロウのブログ(和僑エンジニアへの道)

アメリカ在住の技術士(機械部門)が海外のドローンやIoTの最新情報をお届けします。

【370】負荷を超えた先にあるもの!

   

今日は、定期健康診断の結果が

送付されました。

相変わらず肝機能の経過観察が

外れませんでした。残念!

------------------------------
今日は、
『負荷を超えた先にあるもの!』
というテーマで書きたいと思います。

昨日は、

技術士二次試験受験生にとって

ゴールデンウィークは正念場で、

この時期にどれだけ論文を作成できる

かに合否がかかっていると言っても

過言ではない。ネットの言葉を繋げて

何とか論文書ききることでも最初は

良いのでとにかく論文作成するペース

を作りましょうということを書きました。

今日も続けます。

何かを身に付けようと思ったり、

人生を変えようと思ったりするときは、

一時的にでも相当な負荷がかかると

成功者たちは口をそろえて言います。

その負荷を乗り切った先に、成功が

待っていると。

少し大げさかもしれませんが、昨日の

ネットの言葉を繋げるでも良いので、

とにかく論文を作成しましょうというのも、

この現象に似ていたと、私の受験勉強を

振り返ってみて思うのです。

最初は誰もが論文を書けなかったのです。

しかし、それで諦めず書かないのではなく、

ネットの言葉でも自分の手を動かすことで

論文を書いてみる。

最初は苦労すると思います。これでいいのか?

ネットの言葉で意味があるのだろうか?とか、

色々と考えてしまうと思います。

しかし、それでも論文を書くのです。

そのある意味、負荷を乗り切った時に、

自信が持て、次の論文に取り掛かれる波に

乗れるのです。そうやって論文を2,3個書けて

しまえば完全に波に乗れると思います。

受験生には諦めずにがんばってほしいと

思います。

努力は人を決して裏切らない!

その通りだと思います。



 - 技術士