アメリカで働く 技術士(機械部門)タカジロウのブログ(和僑エンジニアへの道)

アメリカ在住の技術士(機械部門)が海外のドローンやIoTの最新情報をお届けします。

【229】技術の伝承

   

今日は、来年の組織変更ついてメンバーに

内々示ということで概要説明をしました。

------------------------------
今日は、
『技術の伝承』
というテーマで書きたいと思います。

先日、ある講演内容の中に技術の伝承がされていない一つの

原因として「CADで図面をコピーして設計をした気になっている

その結果、技術の伝承がされていない」があったことをブログに書きました。

【227】道具されど道具

その続編です。

これは色々な本にも書かれていますが、

新しいアイデアは「過去のアイデアの組み合わせ」だったりします。

言い方を変えれば、螺旋的発展の法則(※)というものもあるでしょう。

※物事が発展するとき、あたかも螺旋階段をぐるぐると回りながら昇っていくように

物事は進歩・発展する。

螺旋階段を上から見たとき、別の場所に向かって移動しているのではなく、

ぐるっと回って元の場所に戻ってきてはいるが、一段高い場所に進化しているということ。

技術も同じで、先日、技術士のかたが講演で言っていたのは、

今の開発は99%が過去の技術を使った開発である。

開発の中での自分の技術は僅か1%ぐらいである。

したがって、過去の技術をいかに伝承するかが重要である。

昔は、「先輩の背中を見て技術を盗むとか、伝承する」と言われたが、

それは伝承ではない。

しっかりと書き物に残して教育するなど、そういった目に見える伝承をするべきだ!

日本のベテラン技術士が高い報酬をもらって他国の技術者を指導する

のでなく、自国の技術者をしっかりと教育するべき!

そういった技術の伝承に関する熱い思いを聞き、色々と考えさせられました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

■ブログ筆者が技術士二次試験対策をお手伝いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃     【 技術士合格に向けた勉強法のコツ教えます!! 】
┃-------------------------—----------------------

┃■対象部門:機械部門

┃■申し込み/問い合わせはこちら から

┃■場所:愛知県名古屋市近辺

┃■費用:別途ご相談

┃■日時:随時開催

┃■内容:以下の内容の中から1~2時間ほど。

┃  ・勉強のやり方、時間の使い方、教訓

┃  ・業務経歴書の書き方

┃  ・論文の書き方

┃  ・口頭試験の勉強法

┃  ・模擬口頭試験にも付き合いますよ!!

┃-------------------------—--------------------- 

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 - 技術士