アメリカで働く 技術士(機械部門)タカジロウのブログ(和僑エンジニアへの道)

アメリカ在住の技術士(機械部門)が海外のドローンやIoTの最新情報をお届けします。

【790】ドローン飛行時間世界記録 4時間34分 風力、農業分野への活用期待

   

 

今日は、

『ドローン飛行時間世界記録 4時間34分 風力、農業分野への活用期待』

というテーマで書きたいと思います。

9月初、中国のドローン企業であるFoxtechhobbyは

ドローンの飛行時間において3時間という世界記録を

樹立したと報道しましたが、

その記録を早くも破られることになりました。

 

カリフォルニアのスタートアップ「スカイフロント」は、

同社のガソリンと電気のハイブリッドドローンである

「スカイフロント・テイルウィンド」が4時間34分の

飛行記録を記録したと報じました。

以下はその記録を樹立した時の動画になります。

 

スカイフロンのCEO、Troy Mestlerは、

テイルウィンドは、近いうちに

5時間以上飛べるだろうと語っているとのこと。

 

農業、検査、緊急時対応などの分野や、

先日ご紹介した僻地への医療サービスにも、

【788】アフリカ マラウイで人命を救うためにドローンを使う

【789】医療分野で活躍するドローンたち Matternet社/Zipline社

長時間飛行可能なドローンは、

その威力を発揮するのではないだろうか。

 

ガソリンおよび電気のハイブリッド電源によって

長時間飛行が可能になるため、

1回の飛行で長時間の作業を行うことができ、

電池を交換する不要です。

 

同社のミッションとして、

高価で危険な大型有人ヘリコプターを

ドローンで代替するというものがあり、

 

今回のテイルウィンドの活躍により、

オペレータの視界をはるかに超えて、

安全に飛行できる完全自律ドローンシステムを

確立でき、ミッションに近づきつつあるようです。

 

マルチローターのドローンに比べて

固定翼ドローンは、

長時間飛行が可能であると知られていますが、

マルチロータの敏捷性とホバリング能力に欠けています。

そういった意味でもこのテイルウィンドの功績は

高い評価に値するでしょう。

 

風力タービンのドローン検査会社である

SkySpecsの CEO、Danny Ellisは次のように述べています。

 

スカイフロントはドローン採用を阻む大きな課題のいくつかを克服しました。

「スカイフロントのソリューションは、

風力タービンの検査に活用できる十分な能力を持っています。

なぜなら、検査ごとに電池を交換するのではなく、

1回の飛行で12個以上の風力タービンを検査できるからです。

また、他にも長距離飛行が必要な市場にも展開可能です。

私はこれらの問題を解決したドローンを見たことがありません。

 

また、大規模な農場のサービス提供会社である

Aker Technologiesは、

長時間飛行可能なドローンを活用し、

作物のモニタリングを大規模に行っています。

Aker CEOのOrlando Saez氏は次のように述べています。

「スカイフロントのテイルウィンドには非常に興味を持っています。

これにより農業での活用にも大いに期待できるでしょう」

 

スカイフロントは、今後も以下のサービス提供強化を

考えているようです。

・ドローンによる、より迅速な任務完了
・より多くの作業タイプのミッションを実行する能力
・ドローンがアクセス領域の拡大
・長時間ホバータイムの強化
・固定翼ドローンより簡単な操作性
・従来のマルチロータと同じ小型化と使いやすさ
・既存のセンサや各種ソフトウェアとの互換性向上

Skyfrontは現在、テイルウィンドの2つのバージョンを

開発しているとのこと。

1つはカメラにLiDARセンサーを搭載、

2つ目はカメラに2つの視覚赤外線カメラを搭載。

 

スカイフロントのタイムラプスビデオが、飛行時間を示しています。

 

ドローンは飛行時間が課題とされています。

電気自動車同様にバッテリー技術の向上や、

こういったハイブリッド技術により、

今後もより一層、飛行時間が伸びることが期待されます。

そして今までドローンでは諦めていた分野への

活用が期待されるでしょう。

————————-—-
モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【近況報告】

この記事を書いていて思ったのですが、

記事に登場した「SkySpecs」という会社ですが、

今住んでいるところから車で15分ぐらいの所に

あるようです。

今後、見学に行ってみようと思っています。

その時の内容もまたレポートしたいと思っています。

 

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・英語の勉強

・新プロジェクト継続中

 

 - ドローン, 技術士, 海外 , , , , ,