アメリカで働く 技術士(機械部門)タカジロウのブログ(和僑エンジニアへの道)

アメリカ在住の技術士(機械部門)が海外のドローンやIoTの最新情報をお届けします。

【789】医療分野で活躍するドローンたち Matternet社/Zipline社

   

 

今日は、

『医療分野で活躍するドローンたち Matternet社/Zipline社』

というテーマで書きたいと思います。

前回の投稿の中で、

【788】アフリカ マラウイで人命を救うためにドローンを使う

Matternet社のドローンが

HIVの治療用材や薬を配達していることを

ご紹介しました。

 

今回ご紹介するのは

同社がMatternet Stationという

ドローンプラットフォームの展開を

スイスの医療機関向けに開始する

ニュースです。

以下は実際にMatternet Stationを使っての

配送を紹介する動画です。

Matternet Stationには

独自のクラウドプラットフォームがあり、

パッケージを送受信するための直感的な

ユーザーインターフェイスを提供しています。

3月に、Matternetはスイスの人口密集地域を

対象にフル稼働の認可を受けました。

 

今や、スイスの医療システムで

ドローン宅配便サービスを始め、

病院と研究所間の血液などを

オンデマンド輸送を自動化する準備が

整ったとのこと。

 

Matternet Stationは配送プロセス全体を

制御するように設計されおり、

これによりMatternetのドローンであるM2を

プラットフォーム上の正確な場所に

着陸させることが可能。

 

ドローンが着陸すると、新しいバッテリーが

装備され、

新しい荷物を配送したい場合は、

荷物をスキャンし、荷物を回収する場合は、

アプリを介してスマートフォン上のQRコードを

 

 

このようにドローン配送サービスを使った

医療提供については、

前回の投稿だけでなく、

ルワンダとタンザニアでは、

米国のスタートアップであるジプライン(Zipline)が、

現地に血液サンプルを毎日運ぶことで命を救っているとのこと。

以下はルワンダで活躍するZiplineのドローンです。

ここ最近、ドローンの医療への活用事例を

目にすることが多くなってきました。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

————————-—-
モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【近況報告】

ここアメリカに来て1年が経ちましたが、

最近分かったことは、

アメリカの米が安いと言うこと。

日本と比べると半額ぐらいかと。

 

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・英語の勉強

・新プロジェクト継続中

 

 - ドローン, 技術士, 海外 , , , , ,