アメリカで働く 技術士(機械部門)タカジロウのブログ(和僑エンジニアへの道)

アメリカ在住の技術士(機械部門)が海外のドローンやIoTの最新情報をお届けします。

【784】ドローンタクシーVolocopter最新情報

   

 

今日は、

『ドローンタクシーVolocopter最新情報』

というテーマで書きたいと思います。

2016 年 3 月 30 日、ドイツの e-volo 社が

設計したこのVolocopter VC200は、

認可済みマルチコプターとして史上初の

有人飛行に成功しました。

 

Volocopter VC200の登場は、

空飛ぶタクシーが街の上空を飛び回る

将来を垣間見るような出来事でした。

以下は、Volocopter VC200の動画になります。

2017年7月に、Volocopterのために、

ドイツの自動車メーカーである

ダイムラーや、ベルリン出身の技術投資家

Lukasz Gadowskiと2500万ユーロ以上の

資金調達契約を締結したとのニュースが

入ってきました。

以下、Volocopterのホームページにも

掲載されています。

https://press.volocopter.com/index.php/flying-air-taxis-from-germany-conquer-the-world

今後、2017年の第4四半期に、

Volocopterはドバイの州交通機関

「道路交通機関(RTA)」とともに

自律的なドローンタクシーの

初期デモンストレーションを行うとのこと。

 

そして2030年までに、

ドバイはドローン技術によって

旅客輸送の25%を実行することを目指しているとのこと。

 

以下は、ドバイでのドローンタクシーを

紹介した動画です。

以前もドバイでドローンタクシーを

試験しているという記事を書いたことが

ありますが、

【703】2017年夏、ドバイでドローンタクシー飛行開始

このドローンにドイツのドローンが

使われているというのは知りませんでした。

 

ドイツは日本同様、自動車産業が盛んな国。

ここ最近は、インダストリー4.0の構想を

掲げるなど、国として大きく舵を切ろうとする

動きには目を見張るものがあります。

 

日本も是非、こういった国々に負けず、

ドローン産業にも遅れをとらず

果敢に挑戦して欲しいと思います。

 

最後までお読みいただき有難うございます。

 

————————-—-
モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【近況報告】

今日はTOEICを受けてきました。

結果はいかに?

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・TOEIC受験

・新プロジェクト継続中

 

 - ドローン, 技術士, 海外 , , ,