アメリカで働く 技術士(機械部門)タカジロウのブログ(和僑エンジニアへの道)

アメリカ在住の技術士(機械部門)が海外のドローンやIoTの最新情報をお届けします。

【781】ドローンで寿司配達スタート!?

   

 

今日は、

『ドローンで寿司配達スタート!?』

というテーマで書きたいと思います。

今日ご紹介するのは寿司を配達する

ドローンです。

とうとう寿司が登場しましたね笑

 

今までピザのドローンでの配達は

聞いたことがありましたが、

寿司とは!

 

この配達が実現しているのは

アイスランドのレイキャビクという市。

https://goo.gl/maps/UEjQEcmxCbU2

ここは地形的に、

小川や水路で市が分断されていて、

車を使った配達が得てして最速の

配達ではないようです。

 

まずはレイキャビクでのドローンを

使った寿司宅配の動画がありますので

ご覧下さい。

どうでしたでしょうか?

レイキャビクの地形の関係で

今まで車で25分以上かかって

配達していたのが、

ドローンだとわずか4分になったようです。

 

このサービスを提供するのは、

イスラエルのドローン配達会社である

Flytrexです。

彼らはこの動画でもありましたが、

世界初のドローン配達システムだと

主張しています。

 

Flytrexは、商業ドローンの飛行を行うために、

アイスランドの民間航空局の許可を最近

与えられましたとのこと。

 

彼らは顧客の欲求を満足させるために、

AHAという会社と提携しました。

 

AHAは、食品をオンラインで販売するための

リソースがないレストランや食料品店への

配送を提供するしている会社。

 

AHAのMaron Kristofersson最高経営責任者(CEO)は、

「配達インフラは、今日われわれが知っている買い物を

完全に変えるだろう」と同社のビデオで語った。

 

FlytrexとAHAは、ドローン配達するために

hexacopter(改造DJI Matrice 600)を

使用しています。

 

ドローン技術の発達により、

どんどん配達対象物が広がっていくような

気がしています。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

————————-—-
モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【近況報告】

今週は妻のご両親がアメリカに住む

我々のところに遊びに来てくれました。

色々と満足頂けたようで何よりでした。

また今日は、妻の車の点検、

新しい取り組みのために初めてアメリカの

電子送金を使い、お金の送金をしました。

電子送金の手数料に30ドルも取られ、

手数料の高さにビックリしました。

 

ただ新しい取り組みをスタートできるので

満足です。

ふと銀行を出たときに、今までを振り返ってみると、

季節が涼しくなり始める頃に

何か新しいことを始めているな!と

ひんやりと肌に感じる外の空気が

思い出させてくれました。

 

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・英語の勉強

・新プロジェクト継続中

・新しい取り組みに向け初のアメリカ電子送金トライ

 

 - ドローン, 技術士, 海外 , ,