アメリカで働く 技術士(機械部門)タカジロウのブログ(和僑エンジニアへの道)

アメリカ在住の技術士(機械部門)が海外のドローンやIoTの最新情報をお届けします。

【743】IoT技術を活用したドバイのスマートシティ構想

   

 

今日は、

『IoT技術を活用したドバイのスマートシティ構想』

というテーマで書きたいと思います。

ドバイでは、スマートシティ戦略として

スマートシティ促進プログラムを

立ち上げました。

産学官合わせ6つの団体が

戦略的パートナーを組み、

総額1億8千ドルの予算で

都市をスマートにし、渋滞、

廃棄物、エネルギーによる

重大な問題を克服するための

革新的なソリューションを

開発しているスタートアップ企業

を支援します。

また、スマートな住宅や建物内の

ソリューション、スマートな輸送と物流、

スマートな生活、スマートな都市計画と

メンテナンスを実施していくこと

を目指します。

 

IoT(Internet of Things)の

ノウハウ、センサー技術、

ビッグデータ、

バーチャルリアリティ分野を

活用して破壊的なソリューションを

開発するため、地元や

地域のスタートアップ企業を支援します。

 

3年間で合計40社のスタートアップを

支援し、同プログラムに受け入れられた

企業には、オフィススペース、

コンサルタント、

パートナー企業や米国へのアクセスなど

認められるとの事。

同プログラムのTodd O’Brien氏は

次のように述べています。

ドバイ政府と他のパートナーとの

共同事業であるこの地域で、

初めてのスマートシティプログラムを

発表することに興奮しています。

本プロジェクトは、

最先端の技術と革新を取り入れて、

2021年までにドバイを

最も幸せな都市にするという

目標の達成を目指します。

同団体は世界的な優秀な人材を確保し、

2010年以来世界中で14の異なる

プログラムに340以上のスタートアップ

企業を立ち上げました。

私たちは真に未来を

より良くするために真剣に

取り組んでいるスタートアップと

協力しています。

 

各国ともIoT技術を活用し

スマートシティ構想を加速させて

います。

日本も負けじと挑戦していくべき

だと思っています。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

————————-—-
モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【近況報告】

モニュメントバレーから

アンテロープ、レイクパウエルへ

移動して来ました。

 

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・新プロジェクト継続中

 - IoT, 技術士, 海外 , ,