アメリカで働く 技術士(機械部門)タカジロウのブログ(和僑エンジニアへの道)

アメリカ在住の技術士(機械部門)が海外のドローンやIoTの最新情報をお届けします。

【733】まさに魚そっくりのドローン登場

   

 

今日は、

『まさに魚そっくりのドローン登場』

というテーマで書きたいと思います。

roboseaという企業をご存知でしょうか?

この会社は、水中の自動化装置を

中心とした高精度な開発を専門

とする技術企業です。

 

先日、水中ドローンをご紹介しましたが、

【699】釣りファン必見のドローン

今回は、roboseaが開発した、

更に小型の水中ドローンBIKIを

ご紹介したいと思います。

 

BIKIは、サイズや重量を最小限に抑え、

水中で自動的に障害物を避け、

様々な水中環境に適応可能な

赤外線測位センサーも装備されています。

 

BIKIは、どこでもどこでも操作が可能で、

robosea独自のアルゴリズムを使用して

9軸センサーにより、

水中でのバランスを保つことができます。

 

搭載されている4Kカメラで撮影した

画像や動画は、

個人のモバイルデバイスや

ソーシャルメディアへのライブ送信

によって簡単に共有できます。

 

万が一、BIKIとの接続が失われた場合、

ビルトインGPSモジュールが

BIKIを自動的にベースに戻したり、

リアルタイムの場所を

モバイルデバイスに送信したりします。

 

さらにBIKIは、約200フィートの

深さでも、1回の充電で

最大150分間動作します。

 

BIKIは、高速動作または

暗闇で動作している場合でも、

水中からの最高の視界を提供する

30fpsで16メガピクセルの

写真撮影をサポートしています。

 

また、ABSの耐衝撃性と

耐候性もあり、

温度、腐食性の海洋環境、

または長期間の太陽光の下

であっても問題ないようです。

 

以下は、BIKIが実際に泳いでいる動画です。

まさに魚ですね。

ルアーのように、

間違って大型の魚に食べられやしないかと

心配になりましたが。。。

最後に基本仕様をまとめると以下の

ような感じです。

•コンパクトサイズ:約1.1kg、長さ26.6cm、
幅10.6cm、高さ14.8cm
耐久性のあるオープンシェル

•9軸センサー

•roboseaアルゴリズム

•水中サスペンション

•フィッシュテール駆動設計

•196フィートの最大深さ 55db超無音

•124°広角レンズ

•32 GBの内部メモリ

•2 * 307ルーメンライト

•ワイヤレス制御と伝送

•ルートのカスタマイズ

•4K超高精細(UHD)解像度:
3840ピクセル×2160ライン

•8.3メガピクセル、アスペクト比16:9

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

————————-—-
モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【近況報告】

今日は最近、幹事として力を入れていた

サッカーのイベントでした。

総勢600名ほどが参加したのですが、

皆、楽しんでくれていたようで

幹事冥利につきます。

 

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・英語の勉強

・新規プロジェクトの継続

 - ドローン, 技術士, 海外 , , , , , ,