アメリカで働く 技術士(機械部門)タカジロウのブログ(和僑エンジニアへの道)

アメリカ在住の技術士(機械部門)が海外のドローンやIoTの最新情報をお届けします。

【712】CATIA機能 Functional Generative Designご紹介

   

 

今日は、

『CATIA機能 Functional Generative Designご紹介』

というテーマで書きたいと思います。

今日も先日参加しました、

CATIAイベントであるCOE2017

で見てきたことをご紹介します。

早速ですが、

CATIAの「Functional Generative Design」

という機能をご存知でしょうか?

COE2017でもこの機能の紹介がありました。

この機能を使い、車のある部品を

約60%軽量化に成功したとのこと。

まずは、COE2017でも紹介されていた

動画をご覧頂きたいのですが、

かなりダイナミックな機能です。

動画の内容は同じで、ショートバージョン

と、ロングバージョンがあります。

 

【ショートバージョン1分18秒】

【ロングバージョン5分50秒】

いかがでしたでしょうか?

実際、軽量化後の形状を作るのに

どれだけ時間が掛かっているかは

分かりませんが、一度トライしてみたく

なる機能かと思います。

3DEXPERIENCEプラットフォーム上に

構築されたこの機能は、

モデリング、シミュレーション、および

最適化が統合されたツールのようです。

まずはコンセプト形状から、

CAEを使いながら駄肉を取った

形状を数パターン作り出し、

モデリング技術を駆使しながら、

最終形状に仕上げていく、

そんなツールだと動画から察することが

できます。

このように、

比較的簡単に最適化形状を設計できる

ことで、今までは別々のソフトでの

作業を強いられ、一通りの作業を

一人でこなすのを躊躇してしまって

いたのが、だいぶ敷居が低くなるのでは

ないでしょうか?

 

また今まで最適化形状を設計することに

長時間掛けていたのも短縮化できたり、

そもそも時間の関係で最適化まで

絞り込めず諦めていたこともなくなる

かもしれません。

 

いずれにせよ、動画だけでは詳細までは

分かりかねますので、一度自社製品などで

トライしてみたいものです。

ブラケットぐらいだと自動設計まで

いけるのかもしれません。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【近況報告】

今日はアメリカ日本人補習校で

行われた息子の授業参観に参加。

 

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・英語の勉強

・新プロジェクト継続中

 - 3Dプリンター, デジタルエンジニアリング, 技術士, 海外 , , , , , , , ,