アメリカで働く 技術士(機械部門)タカジロウのブログ(和僑エンジニアへの道)

アメリカ在住の技術士(機械部門)が海外のドローンやIoTの最新情報をお届けします。

【661】ミシガン大学 救急病院での受診体験

      2017/03/09

 

今日は、

『ミシガン大学 救急病院での受診体験』

というテーマで書きたいと思います。

昨晩は色々とバタバタでした。

というのも、娘の喘息が発症し、

急きょ、ミシガン大学の救急病院に

お世話になることになったからです。

重症ではなかったのですが大事を取って、

また今後のために救急に行くことに

しました。

今回の体験を備忘録かねて

ブログに記すことで、

同様のケースに遭遇される方の

助けになれば何よりです。

それは金曜夜の一本のLineから始まった

この日は、夜に職場の飲み会があり、

それは丁度、乾杯の挨拶が始まった時

のことでした。一本のLineが届きました。

それは妻からで、娘の様子がおかしく

どうやら喘息の発作がでているとのこと。

症状から見て、朝まで待つより救急病院に

行ったほうが良さそうとの連絡でした。

急きょUber(タクシー)に飛び乗る

職場の飲み会は中座というか、

始まったと同時に帰ることにし、

誰かに送ってもらうのも申し訳ないので

Uberを呼ぶことにしました。

ものの5分ぐらいでUberが来たので、

そのまま家へ。

やっぱりUberは便利だと実感。

車で30分の距離で25ドル。

皆さんもUberアプリのインストールを

絶対、おススメします。

20時過ぎに家に到着、

そのまま自家用車に乗り換え、

ミシガン大学の救急へ。

15分ほどで到着。

ミシガン大学の救急(Google Map)

運よくお酒に口を付けていなかったので

私が運転しました。

まずは窓口で救急にかかりたいこと告げる

病院につくと、併設されている駐車場に

車を止め、そのまま病院窓口へ。

(後で知ったですが、救急の場合、専用

窓口に行けば、車を横付けするれば

そのまま車を預かっておいてくれるようです。)

つたない英語で救急にかかりたいことを

伝え、日本語の通訳を頼みました。

やはり医師との会話は、医学用語が多いので

日本語通訳が絶対必要です。

速やかに準備してくれ、トランシーバーを

使って、通訳してくれ全く問題なく

医師とコミュニケーション取れました。

救急用と思われる個室の治療室で治療を

受けたのですが、子供用にネット経由で

たくさんアニメなども観れ、

さすがにミシガン大学ということもあり、

施設は立派でした。

とりあえず診察を受け、念のために

肺のレントゲンを撮りました。

診断結果は、肺炎と喘息

診察の結果、肺炎と喘息と言われました。

これを聞いた時、朝まで待たずに救急に

かかっておいて良かったと痛感。

ここから長期戦へ突入することとなりました。

診察しては様子を見るを繰り返すため、

たぶん、帰宅は夜中の3時ぐらいになるだとう

と告げられました。

娘も治療のかいあり、みるみる元気になり、

逆にベッドで騒いで寝ない有様。

私も大事に至らなかったことに安堵すると、

急にお腹がすいたので病院内のSubwayで

サンドイッチを買って食べました。

息子は明日、日本人学校でしたが、

息子も寝不足になってしまうので

学校は休ませることに。

ようやく夜中3時ぐらいに帰宅へ

夜中3時でしたが帰宅できることになると

安堵の気持ちでいっぱいでした。

帰宅する際に窓口で色々と医療保険の

情報を聞かれたので、伝える必要がありました。

保険証を持ち歩いていなかったのですが

運よく、写真を撮ったものがあったので

それで何とかしのげました。

保険証の両面は念のため写真を撮って

いつでも見れるようにしておくと便利だなと

思いました。

色々とお世話をしてくれた看護士さんから

薬の説明があり3つほど処方されることに。

最寄りの薬局で手に入るので翌日取に行く

ことを告げられました。

本当に良くしてくれた看護士さんで

インド系の若い女性でした。

最後はありがとうと、握手をして別れました。

自宅で寝たのは夜中の4時半ぐらい

無事、帰宅し子供たちを寝かせ、

自分たちもシャワーなど済ませ

寝たのが4時半ごろでした。

娘もホントに元気になり、

スヤスヤと寝ておりました。

もし、金曜の夜の判断を誤り、

朝まで様子を見て病院へとしていたら、

たぶん、娘の状態ももっと悪化していたと

思うのです。

なので最悪の状態になる前に救急に

いったことは良い判断だったと振り返ることが

できます。

またうちの場合は、再度、娘の喘息で救急に

かかることが予想されるので、早めにこういった

経験をしておくことは、今後への大きな自信へ

となりました。

海外で生活される方は、最悪を想定して

事前に救急病院の位置を確認しておいたり、

実際にその場所に行ったり、日本語通訳の

サービスがあるかどうかなども調べておくことが

重要かと思います。

本当に何かあった時に、バタバタして

取り返しのつかないことになっては

いけませんので。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

————————-—-
■今日のまとめ

・最悪の状況になる前に救急に行く判断も
時には大事。

————————-—-

モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【近況報告】

本日は上記のブログを持って近況報告と
させていただきます。

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・救急病院での受診(ほど第一領域な気もしますが)

 - 子供, 海外, 海外赴任の心得 , , , ,