アメリカで働く 技術士(機械部門)タカジロウのブログ(和僑エンジニアへの道)

アメリカ在住の技術士(機械部門)が海外のドローンやIoTの最新情報をお届けします。

【652】99%の会社はいらない(書評)

   

 

今日は、

『99%の会社はいらない(書評)』

というテーマで書きたいと思います。

先日から行動を起こすために、

様々な工夫をすることが必要で、

私の場合、

①タスクや期限を他人に宣言する

②億劫だと思っても初めの一歩を
踏み出してみる

③海外赴任の任期という期限を
活用する

④全ての経験(学び)は前倒しで
を意識する

など、自分なりの工夫や、

マインドセットについて

書いてきました。

今日も続けます。

たまたま読んでいた本にも似たようなことが

今、堀江貴文氏の

「99%の会社はいらない]

を読んでいます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

99%の会社はいらない [ 堀江貴文 ]
価格:842円(税込、送料無料) (2016/8/26時点)

 

そこに書かれていた内容で、

走り続けていれば少しずつ

足が速くなるように、

何かをやることによって

何らかの成果が現れるものだ。

面白そうだと思っていても

面倒で動けないことでも、

無理して動いてみることで

成果が出たりすると、

「うまくいってしまった」という

成功体験になり、次々と新しいこと

を始めるようになってくる。

動いたほうが得だな、という

学習効果が現れるようになる。

がというものがありました。

自分の思っていたことを

うまく言語化されていたので、

思わず引用してしまいました。

せっかくなので、この書籍の

気になったところを記したいと

思います。

好きなことを仕事にできる

数年前から好きなことをやろう

という書籍が目立ち始めましたが、

本書も最終的にはそれに帰着し、

好きなことを仕事にしようと

書かれていました。

これだけだと分かりづらいと

思いますので、

そこに行きつくまでの過程を少し

ご説明しますと、

①今後は自分の時間を生きることが
幸せの指標になる

②どういうことかというと、
「会社」という仕組みの中では
「他人の時間」に縛られることが
多く、やりたくもない仕事をさせられ、
ただ給料を貰うため、生活するため
だけに仕事をこなす。

③そうではなく、自分の好きなことに
夢中になり、それを仕事にすることで
他人の時間に縛られることなく、
自分の時間を費やす、楽しい忙しさ
を手に入れる

④今後はITの進化やAIなどにより、
幸運にも人間が今までの仕事から
解放される方向に進む。
したがって、より自分の好きなことを
仕事にできるチャンスが到来する

そのようなプロセスだったと理解して

います。

自分の好きなことって何?

では、自分の好きなことって何か?

自分は何を仕事にできるのか?

という声なき声が聞こえてきそう

ですが、確かにごもっともです。

それについても本書としては、

どんどん行動あるのみと

書かれていました。

少しでも興味がわいたものに

時間を投下しまくる。

結果、それを仕事にするのかも

しれませんし、違うなと思っても

また動いていることで、他の興味

対象に出会うことができる。

やはり行動したもの勝ちという

そんな内容が書かれていました。

私の周りにも、会社をリタイヤし、

自分の好きなことでお金を稼いで

いる人が多くいます。

彼ら、彼女らも確かに輝いている

ように思います。

「自分の時間を生きる」すごく

良い言葉だと思いました。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

————————-—-
■今日のまとめ

・自分の好きなことを仕事になり
夢中になることで、それは楽しい
忙しさであり、自分の時間を生きて
いることに他ならない。

・今後は、この自分の時間をいかに
生きられるかが幸せの指標となる

————————-—-

モチベーション向上のためにも
よろしければ以下リンクをポチッと
押してやって下さいませm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【近況報告】

日本ではお盆休みが終わったところですが、
ここアメリカでは特にお盆はなく、
個人が各々、この時期にバケーションを
とります。

私自身も来週はアメリカで初のバケーションです。
これまた初ですが明日から家族でキャンプに
行く予定です。

来年はロスまで飛行機、そこからキャンピングカー
をレンタルし、国立公園巡りをしたいと家族で
作戦を立てています。

【技術士タカジロウ 本日の第二領域活動】

・英語の勉強

・インベスターZ読書

・家族キャンプの準備

 - オススメ書籍, 処世訓, 海外